あとり&るりちゃんのおへや+仁くん

小鳥&SMAP吾郎ちゃん&ショコラ&中国史(楚漢、三国志、曹操軍(曹仁・夏侯惇・淵・張遼・楽進)、趙雲)が大好きです^^。

全体表示

[ リスト ]

必勝曹仁の『八門金鎖の陣』!破ったのは軍師徐庶&趙雲子竜!オカメインコちゃんどう?

スタンダードな『方陣』、超攻撃型エリート集団御用達『錘行の陣(すいこうのじん)』、弓多用型で

V字編成の『雁行の陣(がんこうのじん)』など、数ある陣形の中で、最強といわれるのは、変化自在の

『八陣図(八卦の陣)』です。


イメージ 1



 八陣図とは、小隊で編成される方陣を八つ配置したものであり、その中心には、主将がいます。また、

一旦、布陣してしまえば、行軍中、攻撃中などその時々の状況に応じて、陣の変形が可能で、盾などの

武具や、自然に配置された石、岩などの障害物で、敵の攻撃を阻止しながら、あわせて敵に対し攻撃を加

えていくことも出来ます。また、別名八卦の陣ともいわれ、その名のとおり、休・生・傷・杜・景・死・

驚・開の八門からなり、生・景・開門は吉、傷・休・驚門で痛手を負い、杜・死門では滅びると言われて

いました。

 
 しかしながら、正史にその詳細の記述はみられず、小説三国志演義でも、この陣が使われたのは、わず

か3回のみです。


使用した武将は、曹操軍の曹仁(207年新野城外 樊城 対劉備軍 八門金鎖)と劉備軍の諸葛亮孔明

(222年 夷陵の戦い後半 対陸遜 石陣八陣 /229年 対司馬懿 八卦陣)の2名のみです。




※正史はもちろん、演義においても『赤壁の戦い』の前哨戦(曹操指示の奇襲)はなく、従って、八卦の

陣は『赤壁の戦い』では、披露されていません。ジョン・ウー監督『レッドクリフ』のオリジナルです。


 最強の布陣とはいえ、他に見なかったのは、おそらく、『八陣図(八卦の陣)』が、他の陣形とは違

い、準備に時間がかかり、凡庸な武将、軍師には手に余ったためでしょう。しかも、その形成が複雑で

あったので、少しのミスで、陣は崩れてしまいます。


 ですので、三国演義でも、この陣で自軍を戦勝に導いたのは諸葛亮のみだとされています。


 夷陵の戦いでは、諸葛亮の石陣八陣にはまった陸遜は、やっとの思いで命からがら陣を抜け出し、蜀軍

を追撃することが出来ませんでした。また、渭水で披露された諸葛八卦の陣は、司馬仲達によって、生・

景・開門を攻められるも、もちこたえ、見事、蜀軍を勝利に導いたのです。


イメージ 2



 それでは、曹仁の『八門金鎖の陣』は、どうなったのでしょうか?。


 曹仁(そうじん 168年−223年)字は子孝。沛国譙県の人で、曹騰(曹操の祖父)の兄の曹褒の

孫、曹純の兄。曹操の従弟(但し、曹操の父が宦官曹騰により夏侯氏から迎えられた養子のため、血はつ

ながっていません)にあたります。若いころ、乱暴者であったため廃嫡されたのですが、曹操にならって

更生?した異色の武将です。


 策多しといわれ、智将であった曹仁。だからこそ、三国志演義で、孔明以外の『八陣図(八卦の陣)』

の使い手として彼が選ばれたのでしょう。

曹仁の『八門金鎖の陣』をやぶったのは、207年当時劉備軍の軍師であった徐福(=徐庶 晩年改名、

諸葛孔明の前任者、後に魏に仕えることとなる)と趙雲とされました。


イメージ 3



徐福は高台に上り、陣形を確認、劉備にその陣が『八門金鎖』であることを伝えました。


 劉備の命をうけた趙雲は、生門(吉方)から敵陣に進入、一気に景門(吉方)に駆け抜け、さらに、景

門から、生門に駆け戻りました。それにより、陣形を立て直そうとした際、微妙に生じた方陣のずれが、

一気に広がり、『八門金鎖』は完全に崩れてしまいました。劉備はその機を見逃しませんでした。波状攻

撃をかけ、曹仁を敗走させました。また、同時に曹仁居城の樊城を、関羽が落とし、劉備軍は鮮やかな

勝利をおさめたのです。


 
イメージ 4



陣を生かすも殺すも主将次第ってかんじかな? るりちゃん


イメージ 5


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

にほんブログ村のランキングに参加しています。文字部分をポチッとしていただければるりちゃんにランキングポイントが付きます。





イメージ 6


ご協力ありがとうございました。⌒(ё)⌒ ぺこり。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

この記事に

閉じる コメント(10)

顔アイコン

陣はちょっとわからないです。なんせ孔明はすごかったんですね。
そういうことだ!
レッドクリフの八卦の陣がフィクションだったとは、意外です。

2009/6/9(火) 午前 9:42 [ cho*i*ais*ogun ]

勉強になりました。ありがとうございます★

2009/6/9(火) 午後 1:11 [ ]

atoriさん、詳しい・・尊敬しまーす!
試験がんばってね(*^▽^*)
るりちゃん、いつも可愛いね♫♬♫♬
村全ぽち!

2009/6/9(火) 午後 8:02 ☆MAYUMI☆

アバター

chohidaishogunさん
こんばんは。陣に興味を持ち始めたのは、ここ2,3年。
結構楽しいです。
レッドクリフの九官八卦の陣すごかったですよね。
あの陣にもちゃんとモデルがあるんですよ。
八陣の天覆陣です。

2009/6/9(火) 午後 10:39 あとり

アバター

くるみさん
はじめまして。
またよかったら遊びに来てくださいね。かなりオタクっぽいブログですけど・・・・

2009/6/9(火) 午後 10:40 あとり

アバター

☆MAYUMI☆さん。こんばんは。
三国志検定。。。じつはまだなんにもしていません。。。
そろそろ、公式参考書でも買おうかなあって思っています。
ありがとうございます。頑張ります♪

2009/6/9(火) 午後 10:43 あとり

顔アイコン

陣立ての知識もすばらしいですね*
八卦の陣はゲームでも諸葛亮の計略として有名です*
司馬懿は八卦陣を破る術を知っていながら
孔明に裏の裏をかかれて敗北してるんですよねw
中国の諸葛八卦村は村自体が建物、住居が八卦の陣の形に
建てられていて八箇所の入り口があって
入った人は方向がわからなくなってしまって
出れなくなってしまうみたいですねw
現在は観光地になっていますが案内人がいるそうで*
「諸葛亮孔明はまこと、天下の奇才であった」 by司馬懿

2009/6/9(火) 午後 11:16 蒼天@曹操軍

アバター

いつもありがとうございます。魏武さん
ゲームはプレステ以来していないので。。。そろそろしてみたいです。取り合えず、クイズの方は今日買いました♪
絵心がないので書けないのですが、曹仁の八門金鎖は孔明の八卦の陣に比べると単純です。真ん中があいているので、趙雲は東南の方向から侵入。。。で次は西北から折り返しました。
孔明ってやっぱり、すごいですよね。八卦村も(よくおちびが八墓村と間違えます。。。)実際に見てみたいですね。
次回はいよいよ博望坡、夏侯惇登場予定です。

2009/6/9(火) 午後 11:38 あとり

顔アイコン

こんばんはw
あとりさんもゲームなどしたりしていたんですね。
クイズ三国志購入されたんですね(^^)
自分はぜんぜんすすんでないのですが10級はかんたんでした。
9級はまだやってないです。
八門金鎖と八卦陣とではそう違うんですね。
夏侯惇楽しみです)^^)

2009/6/10(水) 午後 11:25 蒼天@曹操軍

アバター

こんばんは。魏武さん
おちび(夏侯豚)の検閲をクリアし、ようやく夏侯惇さんUPしました。
張飛のことになるともっとうるさいと思うので、内緒でのUPしようと思います。

2009/6/12(金) 午前 2:45 あとり

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0)

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事