ここから本文です
AWAがん対策募金よりお知らせです。

書庫全体表示

平成28年12月16日(金)に富岡東高等学校羽ノ浦校 2階講義室にて、がん検診率向上のための出前講座を行いました。
 
【講話の内容】
皆さんは将来医療現場に出られるが、今あなた達ができることは何だろう?
今日はそれを考えてほしい。
・前立腺がんについて ホルモン治療が主体。
 がんの内でも進行が遅いので治療に時間をかけられる。
・現在の治療内容について ホルモン治療と抗がん剤。
 薬の副作用の逆流性食道炎と胃潰瘍の治療。
 椎間板ヘルニアの治療。4週間毎の口腔外科での治療。
・がんって何? がんのでき方について説明。
・がんは怖い? 影響で、がんになると病院で寝たきりのイメージが強い。
・がんの症状 初期はほとんど無症状。
 症状が出る頃にはがんはかなり大きくなっている。
・骨シンチ画像 背骨の方が黒く写っている。
 このことから背骨の方に転移していることがわかる。
・がんは身近な病気 日本人の2人に1人がんにかかり、
 3人に1人ががんでなくなる時代。
・徳島県の死亡者数 H23年度の死亡者数9,435人の内、
 死亡原因の1位が悪性新生物(がん)2,454人
・がんの死亡者数 1位 気管、肺  2位 胃  3位 肝臓
・がんに対する対策 1.たばこ、食事、性教育 2.治りやすい内に見つける 
 3.がんになったら適切な治療を受ける 4.治らない時も苦痛を減らす、緩和ケア
・たばこの影響 たばこを吸った肺は真っ黒。1本でも吸ったら肺は黒く汚れる。
 たばこは絶対に吸わない。副流煙を避ける。
・徳島県のがん検診受診率 全国ワースト5位。
 受けない理由:自分は健康だから。忙しくて検診に行く時間がない。
 がんと言われるのが怖い。自分だけはがんにかからないとゆう思い込み。
・がん予防 がんを防ぐための12ヶ条を説明。体重は重くても軽すぎてもダメ。

まとめ
①がん対策には検診が大切 ②おうちの方にがん検診を勧めよう ③がんを知ろう
 
がんを知ろう。がんと向き合おう。
がんと向き合ったら、がんというものがわかってきた。
そうなると以前のような大きな恐怖心がなくなって、今の自分がある。
おうちの人にがん検診を勧めて下さい。
ちょっとでも身体に異変を感じたら病院へ行ってもらって下さい。

【趣旨】
がんに関する知識やがん検診の重要性について理解を深めてもらい、大切な人に宛てたがん検診受診を呼びかけるメッセージカードを作成し、早期発見につなげる。 

【対象】
1年生 40名  

【内容】
1.講話『がんと向き合う』 AWAがん対策募金 
川陽二氏
2.大切な人への心のこもったメッセージカード作成

イメージ 1

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事