ここから本文です
山親父の気まぐれトレッキング
気まぐれに備忘録として書いてます。

書庫トレッキング

すべて表示

2017年の出だしは、標高2017.1mの雲取山に行ってみた。

2017/1/21(土)
8:20奥多摩駅(西東京臨時バス \610)  9:00 〜 9:25鴨沢  9:48小袖駐車場 
− 9:45登山口 − 11:10堂所  12:10 〜 12:40七ツ石山小屋
 13:05〜13:15七つ石山 − 13:25ブナ坂  13:55ヘリポート
 14:00奥多摩小屋(テント泊 \500)

早朝に自宅を出発し約3時間で奥多摩駅に…
今回も臨時のバスで鴨沢へ到着。
イメージ 8
イメージ 1











奥多摩湖の西岸は凍っています。
イメージ 2

小袖の駐車場を過ぎ、林道左側道標の場所から入山。
イメージ 3
イメージ 4











歩き始めて直ぐに、雪と凍った土道が交互に入り混じった登山道が続く
とりあえずはアイゼン無しで歩ける程度。
イメージ 5
イメージ 6











イメージ 7



鴨沢から約2時間半かかり
七つ石山小屋に到着。

ここでカップラーメンで一服

小屋の炊事場で夏場は豊富に
流れていた水場は凍結している。



小屋から2〜3分歩いたところの水場は出ていたので、ここで給水。
(七つ石山とまき道の分岐の所)
イメージ 9
イメージ 10











多少急な登りではあるが歩きやすい斜面を登り、小屋から約25分で山頂に到着。
イメージ 11
イメージ 12











イメージ 13


七つ石山からブナ坂への下りは
先行する登山者がいたため、
念のためアイゼンを装着して
下った。







イメージ 14


奥多摩小屋手前から七つ石山方面
所々雪道と土道が入り混じるが、景色も良く歩きやすい道です。








鴨沢から約4時間半かけて奥多摩小屋へ到着
時間も早いので雲取山ピストンもチラリと考えたが、天気も良く日向は暖かいので
小屋でテント申し込みを行い、ホゲ〜とすることにします。 
受け取るときに「温めて飲んでください」と手渡されたビール

イメージ 15
イメージ 16











太陽が沈む従い、気温がグイグイ下がってくるのが分かる。
今日の最低気温は-9℃程らしい。
最近は衣類の素材も良くなり、薄手でも保温の良い装備が出来るので快適である。
イメージ 17
イメージ 18











外は満点の星空…                                         Zzzz…


2017/1/22(日)
6:00奥多摩小屋  6:30小雲取山  6:50 〜 7:00雲取山山頂
 7:10小雲取山  7:25〜8:15奥多摩小屋 − 8:35ブナ坂 − 9:35堂所
10:25小袖駐車場 10:50鴨沢  11:00〜11:50留浦 − 12:25奥多摩駅

イメージ 19


翌朝5時過ぎに起床。
雲取山で日の出を見るため6時に出発。







薄っすらと明るくなる景色
イメージ 20

キュッキュッと鳴る足元はまだ暗い。
イメージ 21













イメージ 22





快晴の早朝。
いつものあいつも綺麗です。






山頂横の避難小屋が見えてきました。
既に沢山の人が日の出を待ち構えています。
イメージ 23
イメージ 24












イメージ 25

山頂に到着。




避難小屋は
粗満員状態だったとの事…





イメージ 26







6時52分    そして日の出。





足元が悪くならないうちに下山するため。撤収〜
イメージ 27
イメージ 28











テントを撤収しまき道をフル活用して下山。
イメージ 29
イメージ 30











約2時間半でバス停に到着するも、次のバスまで1時間半以上も待つ…  orz
10:20分発の次は12:30。バス停に到着したのが10時50分。
ま〜諦めの付く時間ですが、2つ先のバス停まで歩けば11:50発のバス情報を入手

イメージ 31



約10分ほど歩いて2つ先のバス停に到着
バス停横のお食事処で昼食を取りつつ
バスを待つことに…






イメージ 32

結局アイゼンは七つ石山の下りと、堂所下部の日陰になる箇所の下りで装着のみ
でした。雪のないところ、岩の出ているところもあり、アイゼン付けるには逆に
歩きにくいかなと思う。(あくまでも個人的な思い込み)

奥多摩小屋は、建屋自体はまだ奥多摩町の管轄であるが、運営は雲取山荘で行って
いるそうで、奥多摩小屋の管理人は雲取山荘の方とのことです。
ネットにも出ていますが建て替えには億のお金が必要なため、老朽化に伴い小屋は
閉鎖する方向との事。
しかし、管理棟を置きテント場としては残るのではないか…とバス停横のお食事処
でご主人に聞きました。
奥多摩小屋テント場は景色も良く、広く明るい場所なのでテント場として残るのは
喜ばしいです。

へばせば… 

ヤマヤマ動画 ☞

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事