鮎釣り・ヒメマス釣りのブログ

妻を介護する為2014年11月山梨から沖縄へ移住しました。青い海は素敵ですが、台風は大嫌いです。(笑)
今シーズン、NAHAマラソンに続き、2回目のフルマラソン出場になります。
今回で、4回目のチャレンジになりますが、過去3回のフルマラソンでは、楽々切れそうだったのにも関わらず、途中からヒザ痛に悩まされ達成出来ませんでした。
ようやく学習した私は、4時間のペースアドバイザーに付いて行くと言う、冒険を犯さない、手堅い作戦で行こうと思いました。
その為なのか、何か何時もの走りたい気持ちは薄れ、精神面でちょっと元気がありません。
就寝が9時、起床は2時と相変わらず寝不足ですが、もう寝れません。
リカバリー食の準備やゼッケンを付けたり、両足にサロメチールを塗ったり、ブログを更新したりと、忙しい時間を過ごします。
早目の5時に、出発しました。

イメージ 1
まぜのっけ御飯朝食の大盛りを頂きます

んー、何か何時もと身体の調子が違い、元気がありません。
大盛りを注文したのも、身体が欲していたのでは無く、しっかりとエネルギーを補給しなければと思ったからです。
6時に、沖縄県総合運動公園に到着して、暫く散歩します。
7時過ぎに、私が所属している「さしき健走会」の方達を乗せたバスが到着して合流しました。
ウオーミングアップを始めますが、何か身体が軽く感じません。

イメージ 2
集合写真です

イメージ 3
皆で気合を入れます

イメージ 4
完走目指して頑張るぞー

スタート前に飲むスーパーブァームを持ち、腰にはエネルギージェルを3個付け、スターとラインに並びます。
9時のスタートの号砲と共に、サブ4達成に向けて私は走り出しました。
4時間のペースアドバイザーを前方に見ながら走りますが、何か身体が軽く感じません。
それでも、何時もよりペースが遅いので走っていて楽ちんです。
子供達からのハイタッチに、余裕で応えながら走ります。
5kmの通過タイムは27分26秒、サブ4達成のタイムより54秒早いです。
何か、身体が重い感じがします。
10kmの通過タイムは54分10秒、貯金は2分30秒です。
ここから、上り坂が始まります。
スタート前に、ちゃんとトイレに行っていたのにも関わらず小用がしたくなりました。
道路沿いのトイレを探し、小用を無事に済ませたので、タイムロスをしてしまいましたが、もう気にする事が無くなり、走る事に集中出来ます。(昨年も、トイレを利用したんですね)
上り坂も、いつもの自分のペースより遅いので、速度も落ちず快調に走ります。
水分補給と、予定通りのエネルギージェルを摂り、後半戦に備えます。
15kmの通過タイムは1時間23分18秒、トイレを利用した事でタイムが落ち、貯金は1分42秒と少なくなりました。
民家等の前を走るので、応援の数も多くなり、お手製のエイドステーションを出している所が沢山ありました。
後ろを走っている、ヒヨコのぬいぐるみを被った方へ、子供達から沢山応援を受けたり、またヒヨコさんも答えたりと、ちょっと後ろがうるさいです。(笑)
ずーと後ろを走っているので、私は「大丈夫ですか、最後までもちますか」と聞くと、最低4時間を切ってゴールするとの事でした。
私が走りながら聞く何て事、今まで一度もありませんでしたからね。
それだけ、今の私は余裕ある走りだったのだと思います。
20kmの通過タイムは1時間51分31秒、貯金は1分49秒です。
ハーフの通過タイムは1時間57分36秒、貯金は1分57秒です。
相変わらず、ひよこさんは元気に私の後ろを走っています。
昨年走った時のタイムより5分も遅いのに、全然楽に走れないのは何なんだろうか。
練習不足なのか、それとも走るぞという意気込みが足りないからなのか。
4時間のペースアドバイザーとの距離も、追い付く事は無く私の前をずーと走り続けています。
25kmの通過タイムは2時間19分40秒、2分早くなりました。
1kmごとのラップタイムは、サブ4を達成出来る5分40秒のペースを守って走っています。
さあ、ここからダラダラと続く上り坂が続きます。
前方の様子が良く見えるので、精神的に負けている方は歩いてしまいます。
ペースも、ドンドンと落ちて来ました。
何故か、急に小用がしたくなり仮設トイレに寄り済ませます。
今回、2回目の小用となりました、明らかなタイムロスですね。
ようやく上り切ると、今度は米軍嘉手納基地の中に入ります。
外人さん特有の声援に、こちらも思わずガッツポーズで答えます。
昨年は、この基地を走っている時に、4時間のペースアドバイザーに抜かれてしまったんですね。
相変わらず、4時間のペースアドバイザーに追いつきません。
徐々にですが、足が重たくなって来ました。
30kmの通過タイムは2時間49分31秒、サブ4達成タイムより29秒早いですが、一気に貯金を使い果たしてしまいました。
嘉手納基地を過ぎると、最後の心臓破りの坂が待っています。
足が重たくなって来た私に、試練が試される時です。
身体は前傾姿勢に保ち、自然と足が出る様にします。
視線は、あまり前方は見ずにして、黙々と走り続けます。
そしてようやく下り坂になります。
35kmの通過タイムは3時間17分44秒、貯金はたったの36秒です。
呼吸は苦しくないのですが、両足が重くなり言う事を聞いてくれません。
何とか、4時間のペースアドバイザーに追いつき、私のドラマが始まります。
今回、35kmまではペースアドバイザーに一緒に付いて走り、残り7kmで最後のラストスパートをかけると言う作戦。
両ひざの違和感も無いので、本当にスパートをかけました。
呼吸も、一気に苦しくなりますが、ドンドンと前を走るランナーを追い越すので、気持ちが良いです。
どこまで、両足が持つのか分かりませんが、ペースアップをします。
一人のランナーに抜かれましたが、他は全部追い抜いています。
40kmの通過タイムは3時間44分48秒、怒涛の追い上げにより、貯金が1分52秒と一気に多くなりました。
下り坂と言う事もありますが、1kmを約5分25秒ペースで走っています。
ラスト2kmは、平坦です。
必死になって走っているので、ハイタッチなど出来ません。
先程抜かれたランナーを追い抜き、競技場に戻って来ました。
凄い、35kmから誰にも抜かれず(一度抜かれましたが抜き返したので)、全て前を走るランナーを追い抜いたのですから。
そして、苦しい表情のまま両手を上げて、ゴールのアーチをくぐり抜けました。
ラストの1kmのラップは5分と、凄い追い上げですよ。
苦しかった、何故こんなに苦しい思いをして私は走るのだろうか。
最後まで、ヒザ痛が出なくて本当に良かったです。
完走メダルを掛けて貰い、無料のマッサージルームでストレッチとマッサージをして頂き、記念撮影を行いました。
記念撮影で並んでいる時に、走行中に私が声を掛けたヒヨコさんと出会いました。
埼玉県から来た方で、4時間内では走れなかったそうです。
そりゃそうでしょ、あれだけ応援者の方達に答えていたのですから。
でも、応援してくれた沿道の皆さんを和ませてくれたのは良かったと思います。

イメージ 5
左腕に何か文字が見えます

イメージ 6
アップにするとサブ4達成のタイムが書かれています

イメージ 7
ネットタイムは3時間55分44秒です

イメージ 8
ゴール後、無料のマッサージを受けました

イメージ 9
ネットタイム3時間55分44秒、719位でゴールしました

イメージ 10
今回の通過タイムです

イメージ 11
昨年の通過タイムです

昨年の通過タイムと比べると、20kmのタイムと言い、25kmのタイムと言い、大幅に遅いタイムなのが分かります。

イメージ 12
今年の完走メダルは四角の形、何か新鮮な形ですね

今回の作戦は大成功に終わりましたが、何か私の中ではスッキリしません。
今まで、行ける所まで頑張って走っていたチャレンジ精神が、今回はありませんでしたから。
守りに入った、作戦だったからですね。
だから、自分に納得出来ていないのだと思います。
結果、4時間を切ってゴールすると言う目標が達成出来た事は、とても素晴らしい事です。
自己ベストも、更新出来ましたから。
目標達成、おめでとう!
25日に、プロが撮った私が走っている時の写真を追加しするので、また見に来て下さいね。

フルマラソンに1万353名が出走して、8303名がゴール、完走率は80.2%でした。
1000位以内に入ったので、明日の琉球新聞に私の名前が載りますよ。

イメージ 13
小さすぎて文字が見えません

イメージ 14
大きくしました

この記事に

開く コメント(6)[NEW]

開く トラックバック(0)

百名海岸をビーチクリーンした後、私は次の日に出場する、第25回おきなわマラソンのゼッケンの受け取りに行って来ました。

イメージ 1
沖縄県総合運動公園体育館です

イメージ 2
ゼッケンの受け取りです

イメージ 3

イメージ 4
参加記念品のTシャツの受け取りです

イメージ 5
応急手当の講習会も随時行っていました

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9
沢山のスポーツ用品店が出店していました

イメージ 10
沖縄のオリオンビールのブースです

イメージ 11

イメージ 12
ゴール後の記念撮影場所ですね

イメージ 13
このゴールに笑顔で戻って来たいですね

イメージ 14
ちゅーぶクワッチーフェスタ会場入口です

イメージ 15
チラシの表面です

イメージ 16
チラシの裏面です

イメージ 17
私が並ぶBブロックです

イメージ 18
私のゼッケンです

イメージ 19
参加記念Tシャツです(可愛い色合いです)

イメージ 20
帰りは行きも帰りも大渋滞でした

さあ、明日は頑張って来ますよー。
NAHAマラソンで達成出来なかった、サブ4。
4時間を切って、ゴールして来ますからね。
今回の戦略は、4時間のペースメーカーに35kmまで我慢して一緒に付いて行き、どこも調子が悪くなければ、残り7kmを全力で走るです。
サブ4達成と同時に、自己記録を更新出来ますからね。
ただ、暑くなるとの予報が出ているので、こまめの水分補給と、エネルギージェルの補給をしっかりして走りますね。
今度こそ、達成させるぞー。
行って来まーす。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

今日は、なんじょう市民大学6期生の「浜辺てくてく」メンバーによる、百名海岸のビーチクリーンと、沖縄の海の環境教育の第一人者である鹿谷先生と一緒に、浜辺の自然散策を行いました。
前日までの予報では、午前中は小雨でしたが、何とスタッフの気合で雨を吹き飛ばし、曇り空に転じました。
事前に、参加者を募集していましたが、何とスタッフ込みで41名の参加となり、本当に計画をしたメンバーの一人として有難く思いました。

イメージ 1
こちらがチラシになります

今回は、おきなわアジェンダ21県民会議の助成金を受けての活動なので、参加費は無料です。
講師への謝礼も、こちらから支出しています。

イメージ 2
おきなわアジェンダ21県民会議より配られた資料です

イメージ 3
こちらは参加した子供達に大好評でした

イメージ 4
私も署名しました

イメージ 5
メンバーと今日の打ち合わせをします

イメージ 12
百名区長からの挨拶です

イメージ 11
おきなわアジェンダ21県民会議のスタッフの方からの挨拶です

イメージ 6
今日の流れの説明をして出発します

イメージ 7
百名海岸へ移動します

イメージ 8

イメージ 9
早速、鹿谷先生より浜辺のガイドが始まりました

イメージ 14

イメージ 10
大人の方も興味津々です

イメージ 15

イメージ 13
ウミヘビ(イラブ―)の死骸を発見

イメージ 16
浜辺の散策の後はビーチクリーンです

イメージ 17
冷蔵庫を発見

イメージ 18
ロープは砂に埋まっていました

イメージ 19
皆で引っ張り出します

イメージ 20
大人が6人がかりで移動させました

イメージ 21
こちらがロープと冷蔵庫です

イメージ 22
ゴミを拾いながら戻ります

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25
綺麗になった百名海岸です

イメージ 26
石穴の中も綺麗にしました

イメージ 27
こちらの中も綺麗にしました

イメージ 28
ガジュマルの木の根が神秘的です

イメージ 29
拾って来たゴミを集めます

イメージ 30
ゴミを仕分けして置いて、何のゴミが多いのかを検証しました

イメージ 31
断トツで人工物が多かったです

イメージ 32

イメージ 33
拾い集めたゴミの前でハイポーズ

イメージ 34
鹿谷先生とツーショット

今日、拾い集めたゴミの量ですが、ゴミ袋換算で70袋以上になります。
漂流物なども多くありましたが、ポイ捨てされた物も多くありました。
本日参加された方より、下記のお礼が届きました。

今日は南城市の百名海岸のビーチクリーン活動に参加してきました。
普段はボランティアの方に助けてもらっている、僕ら親子ですが今回はボランティアをする側として、世の中への少しばかりのお返し、そして発達障がいの子供にビーチクリーンをする事によって、地域に貢献する事によって世の中に役にたてると感じさせて自己肯定感を高めて行きたいと言う気持ちで参加しました。
今後も定期的に参加して、まいわーるどの活動の一環にして行きたいと考えています。
参加して感じたのは何故?こんな物を捨てるのか理解出来ないと言う事でした。
冷蔵庫や土に埋もれた自転車、大きな綱、電気のこぎり、明らかに海でのレジャーとは関係の無い物・・・
悪意を持って持ち込まれた物が多かった事が、とても胸を痛めました。
そしてクリーン活動が終わりゴミを自然の物と人工物と分けていくと人工物の比率の多い事多い事、最終的には画像の30倍以上にもなっていました。
本当に海の恩恵を多く受けている沖縄県民として、深く考えさせられる一日になりました。
これからも継続して参加して行きます。
この様な機会を与えてくださった方々に感謝します。

本当に、有難いお言葉ですね。
これからも、なんじょう市民大学6期生の「浜辺てくてく」では、継続的に南城市内の海岸の清掃活動を続けて行きます。
本日参加された皆さん、お疲れ様でした。
これからも、ご協力の程、よろしくお願いします。
ありがとうございました。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

郵便受けを見ると、入り切らない郵便物が入っていました。
取り出して見ると、3月12日に行われる「東村つつじマラソン大会事務局」からでした。

イメージ 1
大きな封書です

イメージ 2
ゼッケンが入っていました

イメージ 3
チップの返却封筒・つつじ祭り入場券・飲み物引換券です

イメージ 7

イメージ 4
当日の受付はありません

イメージ 5
記念Tシャツの表面です

イメージ 6
記念Tシャツの裏面です

これって、参加するランナーにとっては有難いですね。
前日受付をしなくて良いし、当日も受付の為に並ぶ必要もなく、着いて直ぐウオーミングアップに入れますから。
事務局にとっては、チップがきちんと返却されないか、ヒヤヒヤだと思いますが・・・。
コース的には、行きは上って折り返し、帰りは下ってゴールと言うシンプルですが、一緒に参加したランナーと必ずすれ違えるので、お互いに走りながら応援できる所が良いですね。
今回も、私が所属している「さしき健走会」からマイクロバスを出すので、一緒に乗って行く予定です。
また、ゴール後は「つつじ祭り」の会場を見学して、満喫して来ますね。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

なんじょう市民大学 2年次15回目の講座です。
2年間行われていた講座も、今日が最後になりました。
そう思っただけで、何かウルウルしてしまう私です。
開催場所は、何時もの庁舎では無く公民館なので、間違えない様に気を付けました。
今日の議題は、1年間の振り返りです。

イメージ 1
新里公民館です

イメージ 2

ご当地キャラクターの「なんじい」が案内します


イメージ 3

あれっ間違えたのかな、ここは体育館ですよ


イメージ 4

右を見ると受付があり安心しました(笑)


イメージ 5

やっぱりここは体育館ですよ

イメージ 6

この広ーい体育館の一角にテーブルが配置されていました

イメージ 7

スタッフの心遣いに感謝です

イメージ 8

用意されたパンフレット類です


イメージ 9

今日のテーブル配置です


イメージ 10

予定表です

イメージ 11

こちらに記入して行きます

参加人数の関係で、3テーブル用意されましたが、2グループに分かれて行いました。
手元の資料に、各自で書き込み、そして各自で発表しながら模造紙に貼り共有、そしてグループごとに発表して、皆で共有しました。

イメージ 12

こちらが発表した模造紙になります

イメージ 13

アンケートの記入をして提出しました

イメージ 15
終了式の案内です

イメージ 14

最後にスタッフからそれぞれ挨拶がありました

イメージ 16
センター長からの挨拶です

とうとう、長かった様で短かった、なんじょう市民大学の講座は全て終了しました。
来月は、いよいよ終了式になります。
今日、自分が記入したKPTシートを参考に、今後の将来設計を考えて行きたいと思います。
歴史が嫌いだった私が、南城市にある沢山の歴史文化に触れ、何か好きになってしまった様な気がします。
それって、私にとっては凄い変化ですよ。
本当に、歴史文化に対してはチンプンカンプンで、全く興味がありませんでしたからね。
私は、商売や仕事をする事は考えていません。
ボランティア活動の推進ですね。
高校生の頃から続けている事なので、市民大学に入ったから始めようと思った事では無く、本当に好きなんですね。
私を必要とする人が居れば、何処へでもお手伝いに行きますから、気軽に声を掛けて下さいね。(沖縄本島内限定ですが・・・)
自然を守り後世に残していく事、そして障がいのある妻を守っていく事、これから徐々に私がやらなくてはいけない事が増えそうですが、これからも頑張って行きますからねー。
皆さん、よろしくお願いします。

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事