田中栞日記

9月11日(日)「第6回・豆本のつどい」開催します!

「第6回 豆本のつどい」開催します

 毎年恒例、日本豆本協会主催の交流茶話会「豆本のつどい」の

開催が決まりました。

 会場は横浜市開港記念会館、時計塔は「ジャックの塔」と

呼ばれて親しまれている、赤レンガのステキな建物です(重要文化財)


 毎回、全員ワークショップをしていますが、今年は

「フィッシュボーン・フォールディング・ブック」(講師は相沢LEE美和子さん)


 1枚の紙から切り出したパーツを、折って、糊付けして、切って……

そしてできあがる豆本です。

イメージ 2
正面から見たところです。

イメージ 3
小口部分に絵が現れるのが特徴です。

イメージ 4
上から見たところ。魚の骨みたいに見えますね。

 不思議な立体感のあるこの豆本を、参加者全員で作ります。講師5名が

フォローしますので、必ずできます。


 他にも、楽しいビンゴ大会(豆本好きが喜ぶ賞品たっぷり。ビンゴした人から、

好きなものを選んでお持ち帰りいただけます)、作家との交流(豆本の販売あり)

天使匣さんがしつらえる麗しくて美味しいカフェコーナーなど、

楽しいこと満載のイベントです。


 下記のサイトからお申し込み下さい。

 ご参加のお申し込みを、お待ちしています! 

……………………………………………………

 主催日本豆本協会

 6回 豆本のつどい    


 豆本好きな人たちの交流茶話会です。

・豆本作家のご紹介 ・豆本自慢 ・豆本作品の販売

・豆本好きが喜ぶビンゴ大会……1回以上必ずアタリのビンゴ大会です。

・天使匣produceの麗しいカフェコーナー

・全員豆本ワークショップ「フィッシュボーン・フォールディング・ブック」

 ……魚の骨みたいな豆本ができます。(講師/相沢LEE美和子)

 

 開催日時 2016911日(日)11:0016:00

   ※10:30受付開始。時間内であれば、いつ来場してもいつ退場しても自由。

 

 会場 横浜市開港記念会館11号室

   横浜市中区本町1-6

   みなとみらい線(東急東横線乗入れ)「日本大通り」駅下車、1番出口はす向かい。

 

 参加費 日本豆本協会会員1000円(当日入会OK)、非会員1500円   

   ※会員でなくても参加できます。ご予約をお願いします。 

 

                                   

予約申込み方法

 ●携帯/スマホ/インターネットからのお申込み
  ……以下のサイトにアクセスし、

  必要事項を入力の上、送信して下さい。

  http://goo.gl/forms/grPVElBScBJSQvcG3  


     イメージ 1
      
 ●お電話でのお申込み(問合せもこちらへ)

  田中栞/電話045-431-1260

  ※作家名・お名前、サイトアドレス、懇親会参加の有無は、

  当日配布の参加者リストに記載します。


懇親会   もっと豆本について語り合いましょう!

 開催日時 2016911日(日)17:0019:00

 会場 ロイヤルホール横浜「桃桃林」(美味しい中華バイキング)

 参加費 3000

……………………………………………………

 

〜〜〜〜〜・・ご・・案・・内・・〜〜〜〜〜〜

ワークショップ1日豆本教室

  …豆本を6冊作ります                                                                       

2016910日(土)朝〜夕、豆本三昧!

放課後講座*消しゴムはんこワークショップ

 

ワークショップ1日製本教室


…本かがり上製本・和本など4冊作ります

2016814日(日)朝〜晩、製本三昧!

放課後講座*『泉孝次蔵書票作品集』の折本ワークショップ

 

*ワークショップ1日丸背豆本&函教室」(帳簿式)

  …憧れの丸背豆本とリボン付きの貼函を作ります

2016108日(土)朝〜晩、豆本三昧!

 

ワークショップ一日製本教室(御朱印帳)

  …御朱印帳(大サイズ&豆サイズ)、和本(亀甲綴じ)を作ります

2016109日(金)朝〜晩、製本三昧!

放課後講座*本作りに役立つ編集講座

 

ワークショップ一日和本教室

  …和本2種(麻の葉綴じ・綴葉装)と帙を作ります

20161010日(月、祝)朝〜晩、和本三昧!

 

……………………………………………

20154月〜(随時受付)「消しゴム版画」よみうりカルチャー横浜

*田中栞の「豆本・製本ワークショップ」予定表 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

その他の最新記事

すべて表示

 紙の酸性紙問題がクローズアップされたのは 1982 年、金谷博雄氏が 『本を残す』 (著者刊) という小さな冊子を発行して警鐘を鳴らしたのが、 きっかけだったと思います。  戦時中の本など、触るだけでぐずぐずに崩れてしまうような現象が起こるのは、 使われている用紙が「酸性紙」だからだ、ということでした。  そして、 ...すべて表示すべて表示

手づくり紙箱に消しゴム版画

2016/6/8(水) 午後 0:48

  よみうりカルチャー横浜 で、 「消しゴム版画を楽しむ」 という講座を していますが、毎回、捺す素材は様々なものを用意して持参します。   6 月は気合いを入れて、紙箱を手づくりしました。  安いのがあれば購入したのですが、貼ってある紙がコート紙で、それも チープなプリントがあるタイプしか見つからなかっ ...すべて表示すべて表示

 息子が大学 2 年生になり、学費の支払いをしなくてはならなかったので、 ここしばらく自粛していましたが、フランスのサイトでみつけたこの本には どうしても我慢ができず、誘惑に負けて買ってしまいました。  このA. E. マルティ挿画の『ロンサール恋愛詩集』全 3 巻 ( 1957 年、 金箔押 ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事