田中栞日記

開きやすく壊れにくい豆本を作りましょう。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

『雲捕獲記録 Dancing on the Cloud』2007年4月、赤井都(言壺)制作発行
70×52mm、上製(2種)糸かがり、本文36頁・和紙に活版印刷
*小説雑貨販売「言壺」
http://miyako.cool.ne.jp/kototsubo/index.html
(↑このサイトからも購入可能)

◆特装本(限定26部・アルファベット入)
三椏和紙表紙・丸背上製・モヘアジャケット+和紙貼函+特製防虫布風呂敷包み 頒価5800円(税込、送料別途)

◆上製本(限定100部・あいうえお入)
三椏和紙表紙・角背上製 頒価3200円(税込、送料別途)

企画制作(本文執筆、ブックデザイン、製本・製函) 赤井都
印刷、奥付レイアウト、題字デザイン 海岸印刷
特装本ジャケット(ニット)制作 濱田映子(ににむぎ)
………………………………………………………………………………………
 4月7日の「第2回まめまつり」で購入したものの、特装本の「S」番が会場になかったので、後日送ってもらった。
 やっと自分のものになった一冊を、じっくり眺める。 

「あしあと」がスタンプされたふわふわの風呂敷包みをあけると、そらいろの被せ函が登場、蓋をあければ、真っ白なモヘアのジャケットをまとった本が現れる。
 モヘアのジャケットを一体どうやって、外れないよう表紙に取り付けるのかと思っていたら、極細の糸数本で表紙の前小口角にしっかりしがみつくよう、きちんと設計されていた。この繊細さは、かなりすごい。
 本文印刷は、海岸印刷というプライベート・プレスの方のようだ。裏うつりせず、両面印刷が可能な本文用の和紙を探し、活字を買い、編み物の作り手にジャケットを依頼し……という制作工程の記録は、サイト「言壺」の『雲捕獲記録』のページにあらましが掲載されている。
 実際の制作の様子については、「言壺」の中からも行けるが、赤井さんのブログに詳しい。
*赤井都さんのブログ「Input/Output」
http://miyako.cool.ne.jp/blog/blosxom.cgi

 本文印刷のインキの色が、ストーリーが進むにつれて変化していくことは前に触れたが、本文紙の前小口もふわふわ、花布も真っ白なふわふわ、かがり糸はそらいろ、と細部にまで趣向の凝らされた造りである。

 しかしこの本には、造りの美しさ精巧さだけにとどまらず、読者がこの本に触れる行為自体にまで、大きな意味が含まれている。
 というのも、この特装本は、読み終わって再び函に入れる時、蓋を閉めるにつれてモヘアで作られた雲が、函の隙間からほんの少しはみ出しながら中へと納まっていく、その様子が、あたかも雲を捕獲している行為のように感じられるからだ。
 本を納める側の函の構造が、通常の単純な箱形ではなく、厚み部分が四方へと倒れる、和本の四方帙型のようになっていることには、ふわふわの中身をやさしく包みやすいという利点があるわけだが、それだけではない。
 収納する時、この四方のハネの部分が合わさる際に微細な隙間が生じ、そこにモヘアの長い繊維が微妙に挟まって残るのだ。青い函紙の空に、ほんの少しはみ出して絡む白いモヘアの雲。ここに蓋を被せて、逃げ出し気味の雲まで含めて、やや強引につかまえてしまう。読者は、まさに書名のとおりの行為を行うことになる。
 
 赤井さんの前作『籠込鳥』は、鳥かごの中から本を助け出す、という行為がストーリーに深い関わりを持っていた。
 今回は、取り出すほうにではなく、閉じ込めるほうに意味があるわけだが、赤井作品の場合、このように読者が「本を読む」「本に触れる」という行為そのものが、内容の享受に連動する大きな意味を有しているところが、優れた特色の一つである。
 

〜〜〜〜〜〜〜〜・・ご・・案・・内・・〜〜〜〜〜〜〜〜〜
*通信講座「消しゴム版画で蔵書票」朝日カルチャーセンター
http://blogs.yahoo.co.jp/azusa12111/23273246.html

「消しゴム版画1日教室」新宿・朝日カルチャーセンター
2007年 6月17日(日)13時〜15時
http://www.acc-web.co.jp/sinjyuku/0704koza/E0101.html

*『本の手帳』『紙魚の手帳』大好評発売中/本好き必読!
http://blogs.yahoo.co.jp/azusa12111/27666929.html
http://blogs.yahoo.co.jp/azusa12111/27566874.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事