JACK-NICK LURES

食物連鎖の1シーンを自分の作ったルアーで演出するのだ!
イメージ 1

イメージ 2

タイへ釣りに行った方から画像頂きました。
僕のルアーで 人に釣ってもらうと、妙にウレシイ。

バラマンディ、かっこいいねぇ〜

この記事に

開く コメント(0)

釣り人達の飲み会の席で、川でシーバスやる方にスプラッシャーを作って欲しいと頼まれた。
スプラッシュ(水飛沫)は出すんだけど、ポップ音はいらないらしい。
僕の記憶の中には、「スプラッシャーといえば、昔ザ・スプラッシャーというK-TENのリップルポッパーみたいな形のヤツがあったなぁ・・・」という程度で、どんな感じのルアーなのかさっぱり??だった。

とりあえず既成の物をあまり参考にせず作ってみる。
飛距離欲しいから、重心は後ろで、でもあまり浮き姿勢が立ってるのも違う気がするので、若干尻下がり程度のバランス。
でもそれでリップルポッパーみたいに前上がりにスパッと頭を切った形状にすると、ただのペンシルベイトになってしまう気がする。
何か一工夫・・・・・

その結果、初号機
イメージ 1
頭で受けた水圧を腹に逃がさぬよう小さなリップを付けてみた。
イメージ 2
頭の切り口をまっ平らではなく、少しラウンドさせてある。
で、テストの結果、
スプラッシュにイマイチ迫力がない。まっ平らに切ったほうが良かったかな?
あと、意外とこの小さなリップが仕事をしてしまう。
ただ巻きすると、水面下に潜りキレイにロールしながら泳いでしまうのだ。
これはこれで使えるなぁ・・・て出来だった。

初号機をふまえての2号機。
スプラッシュを派出にするため、頭のカット面を広く&フラットに。
リップを若干立てていた角度を完全に寝かせた。
ウエイトをすこし軽く。
イメージ 3

イメージ 4
なんか・・・不細工・・・

2号機のテスト。
イメージ 5
テストには、依頼主さんからオリジナル(?)のブルーアイランド タナカ製ザ・スプラッシャー(2段目)と、DUO(だったかな?)のスプラッシャー(3段目)をお借りして挑んだ。

オリジナルを手にとってビックリしたのは、ウエイトが前方固定あること!イメージとは全然ちがった!
これは完全に飛距離を犠牲にしてスプラッシュに特化してる。
使う人によっては「なんじゃこれ?」なルアーだな。
今回の依頼主さん、ヘビーなショートロッドでビシビシ動かしてシーバス釣るのを信条としてる釣り人さんなので、彼にはコイツの良さが分かるんでしょうねぇ。
僕の感想は「難しっ!」

DUOのやつは、重心移動付き。
でも前に移動しても、若干尻下がりの浮き姿勢。
形は似てるけど、別物。
良く首振る。万人受けしそう。(でも廃盤してるらしい)

最後に2号機。
スプラッシュに迫力が出たが、ポッパーみたいな音がする。
DUOのみたいな扱いやすさは無い。
依頼主さんなら使いこなせるかな?

ん〜音が気になる。
カット面をちょっとだけラウンドして、リップもちょっと短くしてみるかな。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1
もっと小さいポッパーが欲しいと依頼を受け、作った試作品。
95mm 30g

175mmのルアーと比べると、半分ぐらいに感じるね。
イメージ 2
このルアー、長めのストロークで動かしてやると、気泡をはらみつつダイブ&ブルブルとウォブリングし、かなりいい感じ。

この試作品は、来週コロンビアへ怪魚釣りに行く方に「コイツも一緒に連れてって」とお願いしました。
何か釣れたらいいなぁ。

一点だけ修整したい箇所があるので、そこを修整して、それで動きが損なわなければ依頼主さんに。
長らくお待たせいたしております。

この記事に

開く コメント(0)

2WAYなルアー

イメージ 1

85mm 30g フローティング

タイ王国の釣堀へ行く人へのプレゼント。
タイの釣堀は、アマゾンの魚まで釣れるらしい。
釣堀のサカナのご飯はティラピアなんだとか。

先端のアイに結ぶと、水面パタパタ。
頭の上に結ぶと、すこし潜ってブルブルします。

この記事に

開く コメント(2)

ペンシルポッパー

ダイビングペンシルのボディーに、小径化したカップをドッキング。
イメージ 1

イメージ 2

175mm 80g


この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事