一枚の株券の向こうに

株式投資を通じて世の中や人生を見つめなおしていけたらなあ・・・と思います。

全体表示

[ リスト ]

早速ですが、僕が時々覗いているブログで、次のような記事が紹介されていました。


世界一の投資家、ウォーレン・バフェット氏が1977年5月にフォーチュン誌に寄せた記事で、インフレが株式投資に及ぼす影響について述べています。

ちょうど今の日本でも長く続いたデフレから抜け出してインフレが進行しつつあるので、ある意味タイムリーな内容だと思い、自身の勉強の意味も込めて翻訳に挑戦してみました。

けっこう長い記事なので、何回かに分けて記事にします。
あちこち訳がおかしいかも知れませんが、ご容赦下さい。

インフレがどれほど株式投資家から搾取するか

株式市場における主要な問題は、資本利益率がインフレと共に上昇していないことです。
それは12%に固定されているように思われます。

by ウォーレン・E・バフェット、1977年5月、フォーチュン誌

インフレ環境においては、株式が債券の様に悲惨な結果しか残せないことはもはや秘密でもなんでもありません。私達は過去10年間そのような環境に置かれてきており、そしてそれは株式にとって本当に困難な時期でした。しかしこの時代の株式市場の問題の理由はまだ十分には理解されていません。

インフレ期における債券保有者の問題についてはまったく摩訶不思議でも何でもありません。ドルの価値が月を経るごとに低下していくような時、そのようなドルによる利息収入と元本支払いのある証券は大いなる勝者にはなりません。それを計算するのに経済学博士号は必要ありません。

長い間、株式はそれとは別の何かだと思われてきました。何年もの間、世間一般では株式はインフレに対するヘッジとなると主張されてきました。その主張は、株式は債券がそうであるようにドルに対する支払い請求権ではなく、生産設備を持つ企業の所有権を表しているという事実に論拠を置いていました。これらのことから、政治家にお金を印刷させても株式はその実質的な価値を保つのだと投資家は信じていました。

では一体何故そのようにはならなかったのでしょうか?その主な理由は、株式の経済的な本質は、実際には債券と非常に似通っていることにあると私は考えています。

この考えが多くの投資家にとって突飛なものであることは知っています。債券の利益(クーポン)が固定されている一方で、株式投資の利益(企業の収益)は年毎にかなり変動することはたちまち見て取れます。それは十分に真実です。しかし戦後の期間に企業によって得られた利益の総計を計算してみた人は、驚くべきことを発見するでしょう。株主資本に対する利益率は、実際のところ、全く変わっていないのです。

クーポンには粘着性がある

戦後の最初の10年間(1955年までの10年間)、ダウ・ジョーンズ工業株は期末資本に対する平均年間利益率で12.8%を上げていました。次の10年間の値は10.1%でした。その次の10年間は10.9%でした。より大きな領域のデータとして、フォーチュン500(その歴史の始まりはほんの1950年代半ばに遡ります)も似たような結果を示しています。1965年までの10年間に11.2%、1975年までの10年間に11.8%です。何年かについての例外的な数字はより高い数値を示したり(500種の最高値は1974年の14.1%)、より低い数値を示したり(1958年と1970年の9.5%)していますが、何年も通してみれば、また全体としては簿価に対する利益率は12%付近の水準に回帰し続ける傾向があります。インフレの進む期間において、利益率がその水準を大きく超えるような兆候は全くありませんでした(また、物価が安定している時期についても同じことは言えます)。

ここで少しの間、それらの会社を上場証券としてではなく、生産力を持つ企業として考えてみましょう。また、オーナーはそれらの企業を簿価で買収したものと想定してみましょう。その場合、彼ら自身のリターンはやはり12%前後になったことでしょう。そしてリターンはそのように一貫しているため、それを「株式のクーポン」と考えることは理にかなっているでしょう。

もちろん現実の世界では、株式への投資家はただ買って保有し続けている訳ではありません。その代わりに、多くの人は企業収益に対して自身が上げる利益の比率を最大化するために、他の投資家を出し抜こうと試みます。このバタバタした試みは、全体としては明らかに無益で、投資家の取り分を減らす以外には株式クーポンには何の影響も与えません。何故なら、投資顧問手数料や売買委託手数料として、かなりの摩擦コストを生じるからです。活発なオプション市場に資金をつぎ込んでみても、アメリカ企業の生産性には何の影響も与えず、カジノは何千ものキャストを必要とし、摩擦コストはさらに上昇するだけです。

(続く)

この記事に

閉じる コメント(7)

こんばんは。ネイティブさんからブログを開かれたことを伺いました。
はじめまして、というかネイティブさんのところで顔なじみですね。
いつも冷静なコメント読ませてもらっています。

私は偉大な投資家の本はいくつか理由があって読みませんが、雑誌、講演録、ニュースなどは丹念に読んでいます。
話の内容、関心の的、質問への答え方などから、生身に近いイメージが出来ると思っています。

バフェットは投資家の中では話が長く知性的です。
時間をかけても、雑誌等を邦訳してくださいね。何かのテーマでお話できれば嬉しいです。

2008/8/30(土) 午後 11:35 [ analatte010 ] 返信する

顔アイコン

アナラッテさん、コメントありがとうございます。
僕もアナラッテさんのコメント、市場に詳しい方だな〜と思いながら読ませていただいてます。

書籍だと著者(投資家本人ではない)の意見や発言の意図的な抽出、翻訳の問題などあって人物像が歪められてしまう恐れはあるかな?と僕も感じることはあります。

なのでバフェット氏の発言はなるべく邦訳と併せて生文章を読むよう心がけています。

邦訳は今回の記事以外にもまた挑戦してみるつもりです。
僕もアナラッテさんと議論できる機会を楽しみにしています。

2008/8/30(土) 午後 11:56 [ baboocon ] 返信する

英語が読めないバフェットファンの僕は有り難い記事ですよ〜


今、出先でコメントが書きづらいので夜に来ますね!

2008/8/31(日) 午後 1:25 [ - ] 返信する

顔アイコン

ネイティブさん

バフェットの文章でも、日本語であまり紹介されていないものなら何かと需要も多いかなと思いまして(笑)

少しでもお役に立てれば幸いです。

2008/8/31(日) 午後 8:08 [ baboocon ] 返信する

長文ご苦労さまでした。

ダウの流れを見ながら、読んでみました。良い勉強になります。

http://bigcharts.marketwatch.com/advchart/frames/frames.asp?symb=djia&ma=1&maval=50&time=6&freq=1&type=4

気づいたのですが・・・2つ目の段落の2行目
「証券」(security)ですが、単純に「保障」でいいかもしれません。
文脈からいって、証券は変ですね。証券の意味でsecurityが使われる時は大体複数形です。
あえて意訳するなら「債権」でしょうか。

小さいこと言ってすみません。
順に読ませていただいてコメントしたいと思います。

2008/9/4(木) 午前 1:02 [ analatte010 ] 返信する

顔アイコン

アナラッテさん

ご指摘の箇所、文脈からいくとむしろ証券でも意味は通じる気がしますが、確かに「利払いと元本支払いの保証」とも訳せますね。

「security」を「証券」の意味で使う時は確かに通常複数形ですが、「ある種類の」などという時には単数形でも使うようです。

ここでは直前に「債券保有者(bondholder)」という語が出てきていますから、より広い意味の「債権」では意味がぼやけてしまう気がします。

2008/9/4(木) 午後 8:45 [ baboocon ] 返信する

どうもすみませんでした。

利息と元本支払いというと、国債などのことでいいですよね。
国債は債券、株式は証券とよぶと思い、なぜここで株式の話?と思いました。それで、securityは前述の"bondholder"の"bond"の言い換えかなと思った次第です。
国債も証券でよかったですね。初歩的な用語ミスでした。

a security は確かに難しいですね。私もaが気になりました。
aが抽象名詞についた時に「ある種の」の意味を持つことがありますね。「ある種の保障のようなもの」。。。
この場合、securityは普通名詞か抽象名詞かは、見分けがつきませんね。

2008/9/5(金) 午前 1:24 [ analatte010 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事