KOKOの里親探し

里親を希望される方は必ず『申し込み方法』をご確認下さい

里親申し込み方法

すべて表示

里親お申し込み方法

イメージ 1

■この里親募集サイトは、現役の動物看護師KOKOが保護した子達を掲載しています。
普通のボランティアさんが行っている里親探しとは、保護犬の種類がちょっと違います。
収容センターから、一般家庭から、ブリーダーから、など様々な場所から依頼されて保護します。
個人や繁殖業者からの保護を快く思わない方もいらっしゃるようですが、
KOKOにとって、棄てられようとしている子に出身場所は関係ありません。
消されようとする命は皆同じと考えています。

★保護犬が巣立つまでの流れ★

”賊,覗歓箸凌濃,覆桧緡店坩

▲肇螢潺鵐

KOKO家に移動し、「KOKOの群れ」(シュナ8頭、ドーベルマン、MIX犬など)の中で
生活し、心のリハビリや犬同士のルールを学び、性格や行動を把握

のた討気鷂募

イ申し込みを頂いた御家族とメールや電話で話し合い

Δ見合いで最終確認(飼育相談、アドバイス含む)

里親誓約書を交わし、検査データーや証明書をお渡し、写真撮影をして、
簡易迷子札を装着、医療費ご協力金清算して、正式譲渡

┯綟、里親さんの主治医にて狂犬病予防注射&新規登録を済ませて頂き、
正真正銘、里親さんの犬となります。


●動物病院からの保護犬ですから、診察、検査、治療、予防など、出来る限り施して譲渡しています。
里親さんには全ての保護犬が必ず行う物、混合ワクチン、フィラリア検査、検便、不妊・去勢手術の
費用一部のみ負担して頂きます。(男の子¥17,535、女の子¥22,785)
その他、病気や怪我による治療や手術に関しては一切費用は必要ありません。
その代わり、完治できない病気の予後管理や、再診、継続治療は指示通りに行ってください。
怪我・病気の度合いによって、個人病院では難しい物もありますが、
その場合は、大学病院の専門医によって手術してもらいますのでご安心下さい。
(費用は譲渡する側としてKOKOが責任を持って負担しています)

■保護犬にも1頭1頭個性があり、それによって適する家庭も変わります。
一般家庭から犬が捨てられる理由のトップは「こんな犬だとは思わなかった」です。
動物看護師として患者さん達を観察すると、動物に振り回されている飼い主さんが沢山います。
人間も犬も不幸にならない為には、無理のない飼育が必要だと考えています。
「飼いたい犬」と「飼える犬」は違いますので、保護犬情報をよく読んでください。

●訳有り子犬・若犬の場合は、ブリーダーやペットショップからが多いです。
ボランティアである前に動物看護師ですから、遺伝疾患防止にも力を入れています。
遺伝疾患とは、その要素を持った親犬を使って繁殖する事で病気が受け継がれてしまいます。
遺伝病を無くす為、ブリーダーが育てていた過程で遺伝疾患が見つかった場合、
軽度でも繁殖ラインから外してもらう活動をしています。
その結果、純血種の子犬や若犬を引き取り、家庭犬として幸せになってもらおうとしています。

■どんな理由でも途中で放棄する事は許されません。
放棄した側も、「今以上に幸せになってね」と思ってKOKOに託します。
責任者としてKOKOは、元飼い主の分も絶対に幸せにしてもらえる家庭を探さなくてはいけません。
そのため、空輸や宅急便など他人を介しての譲渡は一切行いません。
保護犬の移動負担や、譲渡後に万が一、何かがあった時にでも対応できるように
横浜近郊の里親さんを探しております。

●譲渡後は最低でも年に1度、お写真付きの近況報告をお願いします。

■動物看護師(動物病院)の保護犬ですから、正しい飼育が出来ない方には譲渡できません。
。映に1度、狂犬病の予防接種を行う事
(初回は登録も必要です。怠ると狂犬病予防法により刑事告訴されます)
■映に1度、混合ワクチンを接種させる事
(怠ると伝染病に感染した際は、自分の犬だけでなく近隣の犬ちゃんに対しても迷惑をかけます)
K菁春にフィラリア血液検査を受け、感染の有無を確認してから予防薬を投与する事。
(万が一感染していたら予防薬(正確には駆虫薬)によってショックを起こす場合があります)
げ鯵阿暴个江豺腓蓮必ずリードをつける事。
(ドックラン以外でノーリードにするのは動物愛護法違反で軽犯罪対象となります。
犬好きでも、犬飼育している人間も、決められた場所以外で放されている犬には迷惑しています。
「逃げないから」「咬まないから」ではなく、放れているだけで迷惑なので絶対にやめて下さい)
ゥ撻奪箸箸靴瞳泙┐晋い繫殖しない事。
ただし保護犬は里親さんの意見に関係なく去勢・不妊手術を済ませてからの譲渡となります。

★2006年の法改正により『動物取り扱い業』の届出を各都道府県に提出し
認可をもらわなければ犬や猫を繫殖したり、販売する事はできなくなりました。
同時に犬の訓練、躾け方教室、ペットホテル、トリミング、犬の幼稚園、レンタルペットなども
同様に都道府県の認可制になりました。(利用される方は責任者に確認しましょう)
認可をもらうには、本人が各専門職の知識(ライセンス獲得)または、
経験(半年以上の実務経験)が必要です。自称ではダメです。
その職の適した環境や設備が必要です。都道府県の職員が確認の為に訪問します。
無認可で繫殖・販売、その他の動物商売をすると刑事告訴され、動物達は没収されます。
東京都などは実際に没収しています。
つまり、知識も経験も無い者は命に関わる仕事をしてはいけないという事です。


以上、KOKOの活動に賛同下さった方は、是非里親さんとして保護犬ライフを送ってください。

▲残念ながら下記の方は譲渡できません▲
・お一人暮らしの方
・65歳以上の方で、後見人様がいらっしゃらない場合
・ペット飼育不可住居の方
・カップルなど、同棲中の方
・携帯電話しか無い方
・転勤、引越しの多い方
・横浜から遠方にお住まいの方
これ以外でも、希望される方の年齢と保護犬の年齢から飼育困難と思われる場合など
(80歳の方が、大型の子犬を希望されたケースもございました)
保護犬たちの生活に保障が出来ない場合は、大変申し訳ございませんが、ご希望に副えません。


***お申し込み方法***

・希望の子の名前
・ご氏名
・ご住所(最初に公表するのは心配。。。という場合、番地は無しでも良いですよ。)
・集合住宅、または賃貸の場合、飼育許可証明の有無
・ご連絡先(携帯不可)
・ご家族構成(年齢付き)
・昼間在宅されている方
・現在飼育中の犬・猫(種類、年齢、性別、不妊・去勢の有無、予防行為の有無、性格)
・過去の飼育経験(できるだけ詳細にお願いします)
・里親を希望された理由

里親さんとして検討させて頂くために以上の情報が必要です。必ず明記下さい。
明記されていない場合、里親さんとしての判断が出来ませんので返信致しません。
以上の項目をコピーしてご利用下さい。

↓↓↓お申し込み先↓↓↓
sosdogjp@yahoo.co.jp


.


みんなの更新記事