これは、遠藤尚雄さんのパソコン英会話です。

これをちょっと試してみたいと思います。

まずは、ここから







この記事に

超高速英会話習得法「遠藤メソッド式 英会話速習プログラム」は、実際にネイティブの口と舌の動きを見て、音質も聴きながら真似するだけで短期間に英語発音が身に付き、残音領域に英語音列を出し入れして永久メモリーに英語音列を入れ込む、画期的な教材です

本気で外国人に通じる英会話力を身に着けたいのなら・・・数学や物理、心理学、深層心理学、脳医学などの科学者がエジソンの発明からある発見をして生み出した超高速英会話習得法を試してみてください。

3名の科学者が考えだした、日本人の為の英語発音矯正プログラムと残音を利用した英会話マスタープログラムである「遠藤メソッド式 英会話速習プログラム」の超高速英会話習得法なら無駄な時間をかけずに、効率よく英語発音を身につける事に成功した、日本唯一のプログラムです

遠藤尚雄は30年以上にわたり仕事や生活で使える英語を教える方法を日々研究してきました。海外赴任者のための高等英会話教育に携わり大成功を収めてもきました。この英語学習法は「遠藤メソッド」と呼ばれて以前は一般個人の英語勉強法にも応用され厚生労働省教育訓練給付金対象講座としても好評です

遠藤尚雄は中学より英会話を本格的に学び数値制御装置で世界シェア6割を誇るファナックの海外進出の立役者でもあります。

独自の方法は「遠藤メソッド」と呼ばれ従来の英会話勉強法の10倍以上の効率を実現。TOEIC点数では1クラス20名平均183点アップ、多い人で320点のスコアアップをさせている。著書に「英語脳」「英語のスペルは覚えるな」「これでもダメなら英会話はあきらめなさい」など他にも多数出筆している。

遠藤メソッドは、教養あるアメリカ人に近い知識を持った英会話レベルに近づく方法です。それを通常の10倍の速さと10分の1の労力でマスターできる方法です。英会話教材のほとんどは、「1日数十分で英会話ができるようになる」というような謳い文句の英語教材ですが、そのレベルが問題であって、どれくらいの会話力のことを言っているのかを言及していません。実際の多くはサバイバルイングリッシュのレベルなのです。そのレベルでは海外で対等レベルなコミュニケーションはできないし、仕事での活躍は到底無理な話です

遠藤メソッドは「英語は文字から学ぶのではなく、英語発音から学ぶべきだ」と言うのがキモになります。まず文字ベースではなく、音声ベースで学ぶこと。日本人が英会話を上達させる秘訣はここにあります。このポイントを抑えて英会話を習得することで、普通よりも驚異的なスピードで英語をマスターする事ができるようになります。

「遠藤メソッド」は「ネイティブ発音」と「残音領域」の間を50回程度行き来していると、永久メモリーにその英語音列が入ってしまうという“人間の頭の能力”を使っています

遠藤メソッドで発音を学ぶ事で、永久メモリー領域に51種類の英語音素が組み込まれ今まで聞き取れなかった英語が自然と聞き取れるようになり、その結果小刻みに切った英語音列を残音領域に入れることができるようになるのです。これで自然とあなたの脳は英語脳へと生まれ変わることになります


>> 遠藤尚雄【パソコン英会話】のデメリットもチェック







この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事