ひまわりのブログ とわずがたり

そして、2月・・・。 あと、2か月・・・。

全体表示

[ リスト ]

お友だちの繭さんが、少し前に日光田母沢御用邸のお写真と記事を投稿されました。
繭さん。  私も今回、見学してきましたよ!
大正天皇のために建てられた御用邸。 
天皇の御寝室と皇后の御寝室は別なのね  。
御日拝所・・。 正面が東京・・・? うっ。 方向感覚がまるでない・・・。
日光田母沢御用邸・・・。 お友だちの繭さんの記事をご訪問ください。)
 
日光は小学生の頃家族で、高校1年の修学旅行で、結婚前の臨時教員時代に
バス旅行の引率で。 当時の彼氏とデートで、姑やママ友だちをを隣りに乗せて・・・。
数回ほど日帰りで訪れたことはありました。
でも、実家・嫁ぎ先からは片品・金精峠まわりでも片道3・4時間。
北関東自動車道を伊勢崎でおり、大間々・足尾まわりでも片道3・4時間・・・。
見学場所は、東照宮・華厳の滝。 中禅寺湖を車窓に見るくらいでした。
 
今回は鬼怒川グリーンパレス・・伊藤園グループホテル・・朝晩バイキング。
食べ放題・飲み放題(朝はお酒はありません)で7800円に宿を取り、
田母沢御用邸・東照宮・・霧降高原・大笹牧場方面も走ってきました。
 
日光といったら、湯波が有名です!
事前にネットで湯波を堪能できるお店を探しました。
夕食は、食べ放題。 でも、あんまり期待はできません。
かといって、お昼を食べ過ぎると夕食ができなくなります・・・。
そこでお値段から2つのお店にしぼりました。
「和み茶屋」さん・湯波懐石2500円。 「星の宿 料亭宵むらさき」さん・湯波御膳2850円。
「和み茶屋」さんの湯波懐石2500円は、ネットにお料理のお写真が掲載されています。
「星の宿 料亭宵むらさき」さんの湯波御膳はお写真がありません。
と いうことで、私が初投稿! もちろん、お店の了解・快諾を得まして。
 
                                                       
                                                    イメージ 4     
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
星の宿・・・。 
日光金屋ホテルの真下にある旅館です。          その、お庭。
 
 
イメージ 5
右上は引き上げ湯波。
固形燃料の火が消えるまで、5・6枚とれました。
火が消えた後、小さな黄色い器のにがりを投入・
れんげでかき混ぜると、おぼろ豆腐ができます。
 
左上は湯波刺しと豆乳豆腐。
 
左下はえらという山菜ですって。
食感はわらびに似ているかな?
はじめて食べました。
 
イメージ 6
舞茸・かぼちゃ・スナップえんどう・巻湯波の天婦羅。
抹茶塩でいただきます。
 
でも、私・・・。
胆嚢を35のときとって以来、油ものが苦手。
 
巻湯波の天婦羅のみいただきました。
 
 
 
 
イメージ 7
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
巻湯波の煮物。 辛党の私には、ちょっと甘い・・・。  湯波のお吸い物・ご飯・お漬物。
 
イメージ 3
桃乗せいちごムースにほうじ茶で終了!
 
おぼろ豆腐も、半分は残しちゃった!
ご飯も手をつけないうちに、半分に減らしていただきました。
 
満腹・満腹・・・。
 
京都のゆばは「湯葉」で、日光のゆばは「湯波」
学習しました!
 

この記事に

開く コメント(18) ログインしてすべて表示

開く トラックバック(1) ログインしてすべて表示


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事