ミステリ読書録

また来た。予約ラッシュ・・・。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

道尾秀介さんの「花と流れ星」。

福島県白峠村の事件を解決した真備たちは、ホラー作家の道尾のはからいで海辺の宿を取って
一泊旅行にやってきた。夜、買い出しの為に一人で外出した凛が、買い物を終えてバス停の
ベンチで一休みしていると、後ろから声をかけられた。振り返ると、民家の窓越しに一人の
少年が凛の方を伺っていた。二人で話を続けているうちに、少年は彼の友人に起きた悲惨な事件
の話をし始めた。友人の両親は友人がいる家の中でめった刺しにされ殺されたというのだ。しかし、
現場は犯人の逃走が不可能な状況だった。少年は、凛に『犯人がどうやって逃げたか当ててみて』
というのだが――(「流れ星のつくり方」)。心に傷を抱えた人々が織りなす、5つの物語を収録。
真備シリーズ第三弾。


真備シリーズの新刊が近々出るらしいということは漠然と聞いていたものの、それが実際いつの
ことなのかは全く知らずにいたので、昨日二週間ごとに行く隣町図書館の『本日発売された
図書』のコーナーに本書が置いてあった時は我が目を疑いました。出ていたこと自体もそうだし、
それが普通に開架状態で置いてあることにもビックリしました。だいたい、地元の図書館では
人気作家の新刊は入荷前予約をしている人が必ずいて、普通に開架扱いで置いてあるなんて
ことはまずあり得ないことなので。そこには本書だけでなく、その日発売された人気作家の
新刊がずらりと並べてあり、ここは新刊書店か!とツッコミを入れつつ、一人大興奮。だって、
伊坂さんや有川さんの新刊もあったんだもの。伊坂さんは地元図書館で発売日に予約してた
のだけど、いちはやく借りれてラッキー。多分、ちょうど司書の人が並べたばっかりだったの
でしょうねぇ。あまりのラッキーさに眩暈がしました。こんなことってあるんですねぇ・・・。
多分少しでも行くのが遅かったら全部借りれてなかった筈。その証拠に、手にしなかった
他の新刊本(真保さんの新刊なんかはちょっと面白そうなタイトルで気になったのだけど)は
館内を一巡しているうちに誰かに持ち去られていましたから。

と云う訳で、信じられない偶然が重なり、図書館本なのに驚異的な早さで読むことができました。
信じられない偶然といえば、前作の『骸の爪』を読んだばかりというこのタイミングの良さにも
びっくり。うーん、何か霊的な運命さえ感じるぞ(シリーズの内容が内容だし)。きっと、
やっぱり私はこのシリーズとは相性がいいに違いない。うん。

前置きが長いって^^;さて、肝心の内容ですが、本書は真備シリーズ初の短編集となって
おります。一作目に収録されている『流れ星のつくり方』だけはアンソロジーで既読でしたが、
再読してもやっぱり巧いなぁと思わされました。ただ、それ以外の作品は道尾ミステリにしては
短編だからか、仕掛けの派手さもなく、ミステリとしての驚きは控えめかな、という感じ。でも、
心に傷を持つ登場人物たちの感情の機微が巧みに描かれ、切なかったりやるせなかったり、
余韻の残る読後感を与えるものが多かったです。真備や凛という主要登場人物が抱える重く
切ない想いも描かれ、無機質な印象だった登場人物たちがより人間らしく、身近に感じられる
ようになった気がします。
道尾さん、一作ごとに作品に深みが増しているように思います。最近はトリッキーなミステリ
部分よりも、人間心理の部分を重視した作品にシフトしてきているのかな、という感じがしますね。



以下、各作品の感想。

『流れ星のつくり方』
既読。出だしってこんなだったっけ?と、読んでからそんなに経ってないのにもう設定を
忘れかけていました・・・^^;『背の眼』の事件の直後のお話。すぐそばで両親が殺されて
いるのにも気づかず、ラジオを聴いていたことを後悔する少年の心がやるせない。どうする
こともできなかったことはわかっているのだろうけど。それでも・・・。彼が将来『なりたい』
といった職業、どちらも今の状況では無理なことも、また。

『モルグ街の奇術』
冒頭に「ポーの『モルグ街の殺人』の真相に触れている記述がある」との注意書きがあるけれど、
実際読んだことのない人はこの作品をどうするんでしょうか。私は知ってたから良かったけど、
読んでなくても開き直って読んじゃう人がほとんどじゃないのかなぁ。わざわざこの作品を
読む為に『モルグ街』に当たる人もいるかもしれないですけど。しかし、この真相はかなり
エグいです。想像したくないし、実際そんなことあり得るのかなぁとちょっと疑問・・・。
でも、真備が男を避けるために柿の種でバリケードを作るところがかなりツボでした。こういう
道尾さんのセンスが大好きなんですよ。柿の種だよ、だって。全然バリケードになってない
じゃん(笑)。ささやかすぎる真備の抵抗が笑えました。

『オディ&デコ』
これも道尾と真備の会話が笑えました。鼻声でしゃべる真備がなんだか可愛らしくて滑稽で、
面白かった。白い猫の幽霊の真相には『ああ、なるほど』と思いました。これは『ラットマン』
に通ずるものがあるかな。ラストの道尾の明るさに凛同様、救われた気持ちになりました。
タイトルの本当の意味は・・・それぞれ漢字一文字で置き換えられますね。これも真備
シリーズらしい言葉の置き換えだと思います。ちなみに、またカラスが出てきました(笑)。

『箱の中の隼』
怪しげな宗教団体に捕まっちゃっう道尾さんの身が心配になりました。真備もひとが悪いなぁ。
建物も人も食べ物も、すべてが真っ白な世界・・・考えるだけで嫌だ。ボールペンのシーンは
読んでるこちらも息が止まりました。でも、こういうシーン、ドラマとかでそういえば見たこと
あるなぁ、と思いました。仏像もなかをアレのお返しに持ってくる道尾のセンス、好きだな(笑)。
でも、彼の想いは報われそうにないのがなんとも・・・。時系列的に言うと、『骸の爪』の
事件の翌年の三月の出来事。

『花と氷』
ただただ、やるせない。こういう事件は、世の中にいくらでも例があると思うけれど、やっぱり
やりきれない想いしか残りません。子供の親の気持ちもわかるけれど、自分を責める薪岡老人の
気持ちが痛い程突き刺さって、辛かった。彼の策略を止める人がいて本当に良かったと思う。
私も、真備が言った通り、彼の企みが成功した時、関わった子供たちの心には一生しこりとなって
残ってしまったと思うから。でも、この後どうやって生きて行くんだろう。そのことを思うと、
やっぱり辛い。凛と真備の氷の想いも、いつか溶ける日が来るといいな、とおもう。



時系列がばらばらなので、いまひとつ整理しきれてません。明記されているものもあるのですが。
まぁ、ばらばらでも別に差しさわりがある訳ではないのですけれども。道尾と真備の会話とか
かなりツボにはまって笑えました。ちょこちょこと道尾さんの感性やセンスが光っていて、
楽しく読めました。面白くて、あっという間に読んじゃった。
やっぱり、このシリーズ好きだなぁ、私^^

この記事に

閉じる コメント(31)

顔アイコン

>>ゆきあやさん、早かったですね〜!50m5秒で買いに行かれたのですものね(笑)。記事何度も読み返しちゃったよ。嬉しくて。あっという間に読めるのに、余韻の残るいい作品でしたよね。TBありがとうございます♪

2009/8/31(月) 午前 0:28 べる 返信する

顔アイコン

>>彰信さん、はい、奇しくも続けて真備シリーズとなりました。『背の眼』はちょっと冗長なところもあるけど、私は結構面白く読んだ作品です。その時はここまで化けるとは思いませんでしたけどね〜^^;大丈夫、彰信さんにもきっと図書館の神が降りて来てくれる時がきますから!(笑)

2009/8/31(月) 午前 0:30 べる 返信する

顔アイコン

>>ひとみさん、モルグ街に反応されるとは、さすがひとみさん。ポーの方お読みでしたか。あの真相は結構エグいですよね。へぇ、ビアズリーが挿絵描いてるんですか。うちにあるのってどうだったろう・・・(覚えてない^^;)。
いや、パニックになっての行動ではなかったのですが^^;ちょっとした心理的な抵抗が柿の種のバリケードになって現れたって感じです(意味不明^^;)。

2009/8/31(月) 午前 0:33 べる 返信する

>>ねこりんさん、ものすごい偶然が重なった感じです。しばらくその場で石化してました。ほんとに借りれるのか手続き済ますまで半信半疑でしたよ(笑)。おっ、買われたのですね!早く読んで欲しいなぁ〜。面白かったですよ〜^^

2009/8/31(月) 午前 0:37 べる 返信する

顔アイコン

>>TEAさん、でしょうでしょう。きっとTEAさんも同じ場面に出くわしたら興奮すると思いますよ〜。その日に入荷しない書店だってありますからね〜。新刊で買ってる人より早く読めたなんて図書館派にはまずあり得ないですもの。ほんとに、隣町図書館さまさまです。道尾さんは最近ブレイクしまくってますからね〜。このシリーズは比較的予約が少ないのではないかなぁ?道尾さんの中では一番古典の本格を意識している作品って感じがして好きなんです。

2009/8/31(月) 午前 0:41 べる 返信する

顔アイコン

私も買ってあるので早く読みたいです。。。前2作は読んでいませんけどね^^

2009/9/3(木) 午後 11:25 よも 返信する

顔アイコン

>>よもさん、前二作も読まないと、真のファンとはいえなくってよ^^

2009/9/4(金) 午前 0:18 べる 返信する

アバター

ミステリとしての仕掛けも良かったし、クスリとさせられる小ネタも楽しめましたね^^
私も柿の種バリケードと仏像もなかに爆笑でした。しかも仏像もなかの意図を考えるとさらに道尾君のセンスにツッコミを入れたくなりますよね(笑)
次の真備シリーズ…まだまだ先でしょうね。次は「球体の蛇」でしょうか。他にもカササギ・シリーズや「小説すばる」掲載の連作短編も気になりますね〜。

2009/9/13(日) 午前 11:05 ねこりん 返信する

顔アイコン

>>ねこりんさん、お、早かったですね^^小ネタはかなりツボに来ました。仏像もなかのセンスいいですよね〜。なんか、ちょっと可愛いなぁって個人的には乙女ごころをくすぐられました(変?笑)。
むむ?カササギシリーズって何ですか?新シリーズ!?とにかく、新刊が待ち遠しい作家ですよね^^TBありがとうございました^^

2009/9/14(月) 午前 0:18 べる 返信する

道尾さん、随分と作品の印象が変わってきましたよねー。これまでの真備シリーズからは考えられないほど落ち着いて読めました(あっちは後ろが気になるから^^;)。えっと「モルグ街」未読の私ですが、普通に読んじゃいましたよ^^;これだけを飛ばすのは嫌だったし、このために「モルグ街」を借りるほど優秀じゃないし(笑)。

2009/9/30(水) 午後 10:27 紅子 返信する

>>紅子さん、今回はシリーズ初の短編集でしたしね。確かにホラー要素はなくなりましたね。それはちょっと寂しい気もしたのですが、でも、一作一作の完成度が高くてどれも楽しめました。
そっか。モルグ街の原典読まずに読んでしまったのね。きっとそういう人多いんだろうなぁ・・・。TBありがとうございました^^

2009/9/30(水) 午後 11:53 べる 返信する

顔アイコン

>>内緒さま、私も○○○○、職場でやってもらってるから自分でやったことなくて、日付までは知らなかったんですよね。ふむふむ。かなり深読みされてますね〜。そちらでお返事します〜。

2009/9/30(水) 午後 11:55 べる 返信する

またまたシリーズとは知らずに読んでしまったしだいです(泣)
でも好きだなぁ〜この真備シリーズ♪
すんごく細かい所にまで神経行き届かせてないとわからないよね、絶対こんなの!!!
でも、細かい所がツボになる、っていうのわかる気がします。
また気を取り直して「骸の爪」読む事にします。「モルグ街」も別のがあるのですか???

2009/11/25(水) 午後 2:44 mrt 返信する

顔アイコン

>>mrtさん、そっか、真備シリーズって知らないで読まれたんですね。まぁ、短編集だし、『背の眼』を読んでれば問題ないでしょう^^でも、個人的には『骸の爪』はすごく面白かったのでお薦めしたいです。えっと、『モルグ街〜』は、エドガー・アラン・ポーの短編小説です。世界初の探偵小説だったと思うんですが。結構衝撃的な犯人ですよ(って、この本でネタバレしてるんだったーー^^;)。TBありがとうございました^^

2009/11/26(木) 午前 1:03 べる 返信する

あれれ???
コメがしてない( ̄ー ̄lll)
前に書いたつもりが・・・
呆けたのかな(笑)
今更ですが、トラバさせてくださいね☆

2009/11/26(木) 午前 7:28 ひとりごと 返信する

顔アイコン

>>ひとりごとさん、あらら。わざわざすみません。そういうこともありますよね。TBありがとうございます^^

2009/11/27(金) 午前 0:46 べる 返信する

アバター

シリーズだってしらなくて、新刊だってだけで借りて…読んでしまいました(;^_^A
で、真備さんのファンになってしまい、今「背の眼」を読んでいるところです。そっか、このあと「流れ星」になるわけですね。
TBさせてくださいね♪

2009/11/28(土) 午後 10:17 チュウ 返信する

>>チュウさん、お久しぶりです^^あらら、チュウさんもシリーズものって知らずに読まれたのですね。確かに前二作とは雰囲気が全く違うからこれから読まれる方って多そうです。TBありがとうございました。

2009/11/29(日) 午前 10:50 べる 返信する

べるさんのポーネタバレしてるってのを読んで、まさかのポー読んじゃった派です(笑)でも読んでおいてよかったー、見事にネタバレしていたので^^。道尾さんが注意を記したのも賢明なご判断ですね。
僕も本書は〔人間〕を描いていた印象が強かったです。かといってミステリ部分が疎かかというとそうでもなく、きっちりと楽しませてくれました。ただやっぱシリーズ前二作を未読だったので、関係性を示唆する記述ができずもやもやが顕著でしたが(苦笑)なのでなぜかウチの図書館に一つだけ入荷されなかった道尾作品の『骸の爪』はリクエストしておきましたー^^。

2009/11/29(日) 午後 5:00 チルネコ 返信する

顔アイコン

>>チルネコさん、それは素晴らしいことですよ。多分、道尾さんもそういう読み方を一番してもらいたかったんじゃないかな。あの有名作のネタばれって、但し書きがあるとはいえ、結構勇気が要ったんじゃないのかな〜。
確かに前二作を読んでいればより楽しめたところもありましたね。基本的には単独でも問題ないとは思うのですが。お、『骸〜』リクエストされましたか。しかし、入ってない道尾作品があるってこと自体が不思議ですねぇ。他の道尾ファンの為にも良いことをしましたね(爆)。TBありがとうございました^^

2009/11/30(月) 午前 1:07 べる 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(9)


.


みんなの更新記事