ミステリ読書録

また来た。予約ラッシュ・・・。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

東野圭吾さんの「プラチナデータ」。

国民のDNA情報を元に犯罪捜査を行うDNA法案が国会で可決され、犯罪検挙率が飛躍的に上がった
日本の社会。このDNA捜査を確立させた警察庁特殊解析研究所主任・神楽龍平は、この操作方法に
絶大な自信を持っていた。しかし、そんな中で連続殺人事件が起こり、神楽は警視庁捜査一課の浅間
から遺留品のDNA鑑定を依頼されるが、解析の結果が『NOT FOUND』と出てしまう。さらに、この
DNA捜査システムを開発した天才数学者の蓼科早樹とその兄・耕作が時を同じくして殺された。
現場に残された毛髪のDNA鑑定を行った神楽は、その結果に愕然とする。解析の結果、毛髪の
持ち主は神楽本人であることが断定されたからだ。蓼科兄妹は神楽の大切な友人であり、彼らを
殺す理由などある筈がない。しかし、神楽は人には言えないある秘密を抱えていた。そのせいで、
自分が本当に犯罪を犯していないと言い切ることが出来ないのだ。神楽は、真相を知る為、警察
から逃れるように身を隠し、蓼科兄妹と関わりのある土地へ旅立った――正しいのは科学なのか、
人間なのか――緊迫のセイエンスミステリー長編。


東野さんらしい理系ミステリー。ここ最近の東野さんは、DNA関係によっぽど興味がおあり
なんでしょうか。前作『カッコウの卵は誰のもの』に続き、今回も作品の核となるのは人間の
DNA。国民のDNAデータが犯罪捜査に取り入れられ、ほんの少しの遺留品からほぼ100%に
近い犯人像が割り出せるようになったという社会が舞台です。なんだか、近い将来、ほんとに
こういう社会がやってきそうな感じはしますね。簡単に言ってしまえば、現在のDNA鑑定が更に
一歩進んでもっとすごいものになるってことなんですけども。これが実現すれば確かに犯罪
捜査は飛躍的に進歩するでしょうね。でも、科学があまりにも進歩しすぎて、人間の手が
要らなくなってしまう世の中ってどうなんでしょうか。陶芸家である神楽の父親が自分の
作品と贋作を見抜けなかったエピソードには考えさせられてしまいました。どんなに完璧に
コピー出来たとしても、結局贋作は贋作。人間の手によって作られたものと同じであるなんて
あり得ないという前提を根底から覆す出来事に直面した神楽の父親の苦悩はどれほどだったの
でしょうか。人間の手による付加価値というものは、絶対機械なんかでは造り得ないものだと
思うし、そうあって欲しいと思う。だから、神楽の父の選択が悲しくてなりませんでした。
たった一度の間違いくらいで自分の創り出すものの価値を無にして欲しくなかった。それ程に
プライドが高かったからなのでしょうけれど・・・。だから、ラストで神楽が選んだ道に嬉しく
なりました。誰よりも科学を信じた男だった神楽が、本当に大事なものに気付くクライマックス
は、ベタだろうがやっぱり心に響きました。

ただ、前半はかなりスローペースというか、いつもの東野作品のようにぐいぐい引き込まれる
感じがなく、なかなかノレないところがありました。もともと、理系もの自体にそんなに
惹かれるものがないってところもあるとは思うのですが。キャラ造詣もちょっと中途半端で、
中盤まで誰を軸に読んでいいのかわからなかった。刑事の浅間がメインキャラかと思ったら、
DNA捜査の神楽の方にメインキャラがシフトして来ちゃうし。浅間と神楽は敵対してる感じで、
DNA捜査至上主義の嫌味な神楽は、どちらかというとあまりいい印象のキャラではなかったので、
彼視点になって少々戸惑いました。読んでいるうちにだんだん感情移入出来るようにはなって
行ったのですけれどね。特に、スズランと別れを余儀なくされ、チクシやサソリたちに匿われる
くだりは好きでした。それがラストシーンに繋がるところも。あと、敵対していた筈の浅間と
協力して真相を探って行く展開も良かったな。ベタだけどね。

でも、正直ミステリとしては・・・うーんって感じは否めない。連続殺人の犯人に関しても、
この登場のさせ方はどうなんだと思う。これじゃ、ほとんどの人が先の展開が読めちゃうと
思うんですが。犯人に関する伏線もあまりなく、唐突な印象も受けましたし。プラチナデータの
真相もちょっと肩透かしだったかなぁ。情報管理された社会だからこその真相とも言えますが。
あまりにも理不尽な管理社会のヒエラルキーに腹が立ちました。こんな不平等は絶対許しちゃ
いかんよね。

ミステリとしてはイマイチって感じだったのですが、スズランの正体に関してだけは意表を
つかれました。ある人物に対するある記述のせいで、全く考えがそちらに及んでませんでした。
ただ、そこをもっと劇的にする為にも、もう少しスズランとリュウのキャラ造詣はしっかり
書き込んで欲しかった気はする。終盤の展開は人情味があってなかなか良かったのですが、できれば
ひとつひとつあともう一歩深みが欲しかった感じはしました。

まぁ、普通に面白かったのですが。後半が急ぎ足なところがちょっと残念だったかな。書きたい
部分の焦点がいくつもにブレているので、全体的に少し煩雑な印象になってしまっているような。
ミステリにしても、人間心理にしても、もう少し踏み込んで欲しかったかな、と思いました。

この記事に

閉じる コメント(24)

顔アイコン

>>KORさん、そうですねぇ。浅間より神楽の方が動かしやすかったんですかね(苦笑)。結局浅間のキャラはいまいち掴みきれなかった気がするなぁ。前半がやっぱり読みにくいところはありましたね。中盤以降はいつも通り一気読みでしたけどね。私もラストは好きでした。TBありがとうございました^^

2010/8/3(火) 午前 0:07 べる 返信する

顔アイコン

>>あまりすさん、はい、ようやく(笑)。私も逃亡生活から俄然面白くなったと思いましたね〜。スズランの正体には胸が切なくなりました。悪くはなかったのですが、また即行で内容を忘れそうなお話ではありました^^;TBありがとうございました^^

2010/8/3(火) 午前 0:16 べる 返信する

顔アイコン

>>あややっくすさん、ここ最近の東野ミステリはみんなそんな(犯人の伏線が少なくて唐突)な感じがありますね。スズランの正体、気付ける人はすぐ気付いちゃうでしょうね。私は完全に意表をつかれちゃいました(単純)。

2010/8/3(火) 午前 0:18 べる 返信する

>>ふわわん桜さん、サソリのキャラは味があって良かったですよね〜^^『カッコウ〜』の柚木ってどんなキャラでしたっけ・・・すでにうろ覚え状態^^;神楽は最初と全然印象が変わりましたね。スズランと逃避行するうちに温和になっていくところが良かったです。TBありがとうございました^^

2010/8/3(火) 午前 0:32 べる 返信する

顔アイコン

たしかに、スローペースの前半と急展開の後半で印象がずいぶん違いましたね。あと10ページくらいしかないのに、これで結末までいくのかしらと、最後のほうでずいぶん心配しました。

2010/10/6(水) 午後 11:18 retro 返信する

顔アイコン

>>retroさん、前半ちょっとだるかったですよね^^;逃避行してから俄然面白くなりましたけど。でも、ちょっとミステリとしては薄味でしたねー。TBありがとうございました^^

2010/10/7(木) 午後 11:44 べる 返信する

顔アイコン

こんばんは^^
TBさせていただきました。
確かに前半は時間がかかりましたね。後半はあっという間だったのですが。
東野さんじゃないとこういう作風はかけないですよね。理系な方だから流石だなぁと思います。
面白かったんですけど、最後の展開がちょっと物足りなかったですね。
最後の最後の神楽の結末は嫌いじゃなかったです。

2010/11/28(日) 午前 0:13 [ nae*o_0*15 ] 返信する

>>苗坊さん、こんばんは〜^^わぁ、再度のご訪問嬉しいです^^
東野作品は基本的にノンストップで読んでしまうことが多いのですが、本書はちょっと前半読みにくい感じがありましたね。東野さんの理系ものは実はあんまり好きではないのですが、それでも最後まで読ませてしまうところはさすがだと思います。私も最後の神楽の結末、ゆるいと感じる人もいそうですが、個人的には良かったと思いました。浅間との関係が好きでした^^TBありがとうございました^^

2010/11/28(日) 午後 10:44 べる 返信する

顔アイコン

読み終えました〜。
すごいよくまとまった解説です。
そうそう!うなずいてます。
なんとなく最初に乗り切れない感じとか、結末の唐突さとか、好きなところなんかも、一緒で、自分の記事で書ききれないことがここで、いっきに気持ちよく文章で読めてすっきりしました。
トラバさせてください。

2011/4/17(日) 午後 4:01 fmn*t*21 返信する

顔アイコン

>>ももたろうさん、駄文をお褒めいただき恐縮です^^;共感して頂けて嬉しいです^^
やっぱり、最初乗り切れなかったですか。私、理系の作品ってだけでちょっと苦手意識があるので、余計にそう感じてしまったのかもしれないのですが^^;でも、良いところもありましたよね。結末なんかは東野さんにしては救いがあって良かったな、と思いました。TBありがとうございました^^

2011/4/18(月) 午後 11:59 べる 返信する

顔アイコン

そうなんです。最後、みんな死んでしまって結末は?がよくある気がして、ラストどきどきしましたが、結構よい結末でそれがよかったです。神楽さんが、すずらんに向かって笑って会話してるところなど、人間ぽくなるところも好きでした。

2011/4/19(火) 午前 7:29 fmn*t*21 返信する

>>ももたろうさん、ですよね。東野作品って、救いのない結末が多かったから、意外に読後感が良かったですよね。私も、神楽とスズランの逃避行のくだりは好きでした。神楽って、スズランと出会って、かなり人間味が増しましたよね^^

2011/4/20(水) 午前 0:01 べる 返信する

顔アイコン

はじめまして。去年発売早々読んだんですけど、犯人もスズランの正体もすぐにわかって、べるさんの言うように人物造詣がもっとしっかりとしていればよかったと思います。なんとなく、最後まで想像でこういうことなんだろうな、という感触が残って気持ち悪かったです。それにしても、神楽はあの村に行くしかなかったんでしょうか? 考えさせられます。

2011/6/21(火) 午後 3:17 [ greatsaxphonetrio ] 返信する

>>greatsaxphonetrioさん、初めまして!コメントありがとうございます^^
私は、犯人はわかったんですが、スズランの正体は完全に意表をつかれたんですよね〜^^;確かに、わかる人にはすぐわかると思うんですけどね(苦笑)。ちょっとキャラ造形もミステリー部分も薄味でしたね。確かに、神楽の最後の決断は?でしたねぇ。まぁ、人間味が増して好感は持てましたけどね。

2011/6/23(木) 午前 0:29 べる 返信する

顔アイコン

ベルさん こんにちは
東野作品で再度おじゃまします!
ミステリーとしても面白かったけれど、
近未来の描き方がなかなか面白いと思いました!

2011/10/1(土) 午後 1:55 [ yor**199 ] 返信する

>>yor**199さん、こんばんは。コメントありがとうございます^^
そうですね、いかにも近未来って感じのミステリーでしたね。DNAものお好きみたいですよね、東野さん。TBありがとうございました^^

2011/10/2(日) 午前 0:38 べる 返信する

アバター

神楽には私も最初いい印象なかったのですが、だんだんと人間味あるキャラになりましたね。スズランとのエピソード、データよりも人間に価値があることに気づくところ、良かったです^^
ミステリとしては、あれ?って感じでしたね^^;あんな風に出てきたら、犯人だってバレバレですよね(笑)
東野さんはSF風味だと、どうも今ひとつという印象を受けます^^;

2011/10/2(日) 午後 3:11 ねこりん 返信する

顔アイコン

>>ねこりんさん、最初はいかにも理系人間って感じで、ちょっと嫌味っぽかったですものね。スズランと出会ったことで、人情味のあるキャラになっていくところが良かったですね。
やっぱり、ミステリとしてはイマイチでしたよね^^;犯人はわかりやすすぎでしたね^^;私も、東野さんのSF系はあんまり好みじゃないのが多いです^^;TBありがとうございました^^

2011/10/3(月) 午後 11:58 べる 返信する

顔アイコン

ああそうそう、私も途中で主人公が入れ代った感じがして戸惑いました! 感想に書こうと思ってたのに忘れてた!
東野さん、色々忙しく書きまくってた時期なのかもしれませんねぇ。
こちらからもトラックバックさせて下さい♪

2014/3/30(日) 午前 0:11 智 返信する

顔アイコン

>>智さん、ですよね。一体、主人公どっちなんだよ!ってツッコミたくなりましたもん(苦笑)。
東野さんは、常にいろんなところで連載抱えてていっぱいいっぱいなんでしょうね・・・^^;TBありがとうございました^^

2014/4/3(木) 午前 0:19 べる 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(14)


.


みんなの更新記事