ここから本文です

有楽町 シンパチキング

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4
これぞ燗酒の神髄
東京メトロ有楽町線有楽町駅から歩くこと約2分、東京の高級ビジネス街丸の内の国際ビル地下飲食街に(シンパチキング)がある。
店主は神田の割烹居酒屋(新八)を息子にゆずったが、また店を始めた。
酒は埼玉の名酒「神亀」に力を入れ、定評銘酒がそろい、お燗もまた丁寧。
「酒は純米、燗ならなおよし」の平盃が頼もしい。
肴は天然物の魚介を中心に「活け貝刺」に力を入れる。
北寄貝刺身は燗酒にぴったりだ。
まず酒を決め、それに合う肴を選んでもらうのもおもしろい。
ここはまさに日本酒殿堂の大衆路線。
日本酒の最先端と燗酒のすばらしさを知るために、ここほどすぐれた店を知らない。
コストパフォーマンスは優良。
チーズ巻き揚げ460円
エイヒレ炙り480円
鮭とば500円
北寄780円
三岳「鹿児島」780円
伯楽星「純米吟醸」780円
「営業時間11:30〜23:30【土】16:00〜22:00/日・祝休」

この記事に

開くトラックバック(0)

烏丸 冨美家

イメージ 1

イメージ 2
うどん屋に絶品中華そばが待ち受ける
朝十時までぐっすり眠り、熱いシャワーを浴びると頭がスッキリした。
京都の店はなんとなく入りにくく、いつもどこにしたものかと迷っていた。
早速昼めしが楽しみだ。
阪急京都線烏丸駅から歩くこと約5分、四条通りから一本入った堺町通にあるうどん屋(冨美家)に入った。
玄関から削り節のいい匂いがする。
客は全員御婦人で少々恥ずかしいけれど席についた。
品書には酒はなくここは食事専門のようだ。
よく見ると中華そばもある。
「中華そば食べようかな」
中華そばは和風出汁ベースらしきあっさり味で、素材のうまみだけが引き出されたスープが二日酔いに効いた。
コストパフォーマンスは優良。
クリームぜんざい500円
中華そば590円
きつねうどん560円
冨美家なべ670円
にしんそば690円
クリームソーダ400円
「営業時間11:00〜16:30【金・土・日・祝】11:00〜17:00/無休」

この記事に

開くトラックバック(0)

神泉 ぽつらぽつら

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5
究極の洋風居酒屋の実力
魅力の町・裏渋谷に名店あり。
京王井の頭線神泉駅から歩くこと約3分、裏渋谷通りに(ぽつらぽつら)がある。
オープンキッチン、スポットライト照明、おそろいの黒シャツで働く若手たちは、酒、料理、サービスに明日の自分の居酒屋を夢見てまことに頼もしく、一声かけたくなる。
料理は例えば「お通し」もそれぞれに仕事がほどこされて繊細。
嬉しいのは「にゅうめん」。
居酒屋の〆に麺類があればなあという願がかなった。
ワイン向けの料理にも力を入れ、日本酒・ワインと洋風創作料理の至福のマリアージュを楽しめる。
カウンターには日本酒のうるさ型、テーブルには若い男女たちと、それぞれが場所を得て、店の人のきびきびした対応もいい。
予約がベター。
にゅうめん750円
しらすと大葉・おもちのチーズピザ750円
本日の旬野菜グリル1200円
ぽつらのワイン酒肴盛り1200円
琥珀エビス「タンブラー」650円
小左衛門「純米吟醸無濾過生」徳利950円
「営業時間18:00〜翌0:00/無休」

この記事に

開くトラックバック(0)

難波 道頓堀 今井 本店

イメージ 1

イメージ 2
昭和21年創業の老舗うどん屋の味
大阪市営地下鉄御堂筋線難波駅から歩くこと約7分、道頓堀通り沿いにある(道頓堀 今井 本店)に入った。
つるつるつる。
熱々のうどんに北海道産の昆布と九州産のさば節とうるめ節のダシつゆがよくからみとてもおいしい。
よなきうどんの丼には刻み青葱、花かつおなどが色を添え、おぼろ昆布とおかきが入っている。
「大阪来たらこれ食べなあきまへんわ」と老夫婦が入ってきた。
ランチタイムの店内はほどよく混み、よなきうどんの注文も多い。
「アー」おつゆの最後まですい上げて、ひと声発し、額の汗を拭いて店を出た。
コストパフォーマンスは優良。
かけうどん594円
きつねうどん756円
よなきうどん864円
けいらんうどん864円
かちん鶏うどん1404円
生ビール「中」648円
「営業時間11:00〜22:00/水休」

この記事に

開くトラックバック(0)

根津 根津たけもと

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4
割烹居酒屋はかくあるべし
東京メトロ千代田線根津駅から歩くこと約2分、言問通り沿いの雑居ビル地下に(根津たけもと)がある。
大塚の(こなから)でながく板場を務めた店主が独立して作った店は、間接照明を入れて地下の閉塞感をなくすなど、モダン和風の大人の雰囲気だ。
ここは魚介がイチ押し。
メヌケ、ヒラメ、メバチマグロなど本日の魚のほか「あさりと三つ葉の酒蒸し」「煮あわび」があれば、迷うことなく注文すべき。
大柄の店主は自分の店を持った所為か、余裕が感じられる。
愛情と年季の入った味には誰しも心うたれるにちがいない。
酒・焼酎がよくそろい、お奨めを聞いて味を比べ、自分の好みを知るのが得策だ。
本格料理と東京らしさと品の良さ。
数人ならばカウンター後ろのテーブル席でゆっくりやれば最高の夜となるだろう。
コストパフォーマンスは望めない。
長芋の唐揚げ800円
芽くわいの素揚げ850円
メヌケ1750円
煮あわび1850円
伯楽星 特純580円
早瀬浦 純米 山廃680円
「営業時間17:00〜23:00【土・日】16:00〜23:00/日休【月祝日営業月休】」

この記事に

開くトラックバック(0)

松阪 みひろ

イメージ 1

イメージ 2
松阪のカウンター寿司屋の心意気
JR紀勢本線松阪駅から歩くこと約2分、駅前の飲み屋小路に鮨・割烹(みひろ)がある。
カウンターだけの、簡単に出入りできる気楽な寿司屋だ。
ガラスケースにぴかぴかの魚が詰まるのが見える。
マグロ、コチ、アオリイカ、アカガイ、ハマグリ……。
握り寿司はじつに丁寧な仕事。
コチのヅケは寿司職人の意地か。
アナゴは、じゅうと炙り焦げ風味がすばらしい。
ガリだって、食べやすいようにとカット。
そういったちょっとしたことが、美食家の心をグッと引き寄せる。
新鮮なネタと程よい酢加減のシャリにも神経をつかい、うるさ型を満足させる。
十分な修業を積み、本格志向を通して開店。
松坂の夜をゆったり楽しめる本格寿司屋だ。
食べ物メニューに値段表示なし。
げそ
えび
赤貝
アオリイカ
赤ナマコ酢
生ビール500円
「営業時間17:00〜翌0:00/不定休」

この記事に

開くトラックバック(0)

神泉 松濤はろう

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4
東京に案外ない典型的な京都カウンター割烹
京王井の頭線神泉駅から歩くこと約5分、高級住宅地・渋谷区松濤にある(松濤はろう)は、酒と料理を等分に楽しむ割烹居酒屋の最高峰だ。
季節重視の割烹料理は「お造り盛り」「真鯛のカマ酒盗焼」「うに茄子」「穴子ごぼう巻」など。
すべて一人一皿盛りがうれしい。
酒の揃いは新しい意気込みのある蔵を応援してよく揃え、秋田の幻の名酒「美酒の設計」もある。
ネクタイに白調理着正装の若い店主が繰り出す料理は驚くべきレベルの味。
着物に白割烹着の秋田美人若女将のお燗はゆっくり時間をかけ、必ず徳利を掌で囲んで「立ち香」をみる。
高級感あふれる店内は近所にお住まいの余裕ある方々が盃を傾け、大人のデートもちらほら。
力のある店はいつの間にか知れわたり繁盛する。
コストパフォーマンスは優良。
値段表示は外税。
予約は必須。
たこ天700円
うに茄子800円
たこ天700円
ハムカツ900円
真鯛カマ酒盗焼1500円
生レモンサワー600円
ハイボール650円
「営業時間17:00〜翌0:00/不定休」

この記事に

開くトラックバック(0)

山陽姫路 夜来香

イメージ 1

イメージ 2
中華料理店の絶品ラーメン
〆はバーのマスターに教わった(夜来香)のラーメンにしよう。
山陽電気鉄道本線山陽姫路駅から歩くこと約7分、塩町通りに中華料理店(夜来香)がある。
真新しい清潔な店に若い女性スタッフが黙々と働く。
「いらっしゃいませ」
「醤油ラーメンね」
「はい」
2階のテーブル席で待つことしばし。
「お待たせしました」
届いた醤油ラーメンは、たっぷり脂が浮いているのに金色を帯びた澄んだスープ。
熱々をまず一口。
アー……。
チャーシュー、もやし、刻み葱のシンプルな具をかき分けた麺は中細。
あっさりしたスープの奥深いコクと、中細麺の相性はぴたりだ。
何杯もスープのレンゲを運び、麺の箸を運び、丼はカラになった。
コストパフォーマンスは優良。
焼餃子432円
ピータン453円
醤油ラーメン702円
塩ラーメン756円
ヤキソバ810円
キリン一番搾り生ビール「中ジョッキ」594円
「営業時間17:30〜翌2:00/日休」

この記事に

開くトラックバック(0)

根津 日本酒 多田

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5
酒への気合が満ちる小さな居酒屋
東京メトロ千代田線根津駅から歩くこと約3分、言問通りから一本入った路地に(日本酒 多田)がある。
杉玉が目印の小さな店は小カウンターとテーブル8席。
客は若い女性が多く、そうなればと若い男もと、センス良い人が集まっている。
酒はあまり有名でない「三千櫻」に力を入れ、その味はフレッシュでしなやか、娘14〜16歳の若い色気。
あっさりと揚がった自家製さつま揚げはしなやかに弾力がありじつにおいしく、生を蒸せばカマボコで通用するだろう。
大根にのせたカラスミは味が濃く強く、箸休めに格好だ。
若い料理人と美人燗番娘は兄妹のように見えるが夫婦で、うらやましい。
おいらは奥さん大好きです!
飲み物メニューに値段表示なし。
予約は必須。
あん肝ミント880円
海老芋炭焼き880円
牡蠣の煮浸し880円
白子の昆布蒸し1780円
天明
不老泉
「営業時間17:30〜23:30【土・日・祝】15:30〜22:00/月休【不定休あり】」

この記事に

開くトラックバック(0)

姫路 魚路

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4
行列が絶えない高架下の立ち喰い寿司専門店
姫路駅の新幹線高架下に立ち喰い寿司専門の(魚路)がある。
とにかく安い!
ザ・プレミアム・モルツが、なんと390円。
これは立ち飲みでもかなり稀少だ。
握り寿司の単品メニューは、一貫75円でサーモン背、上〆さば、玉子、100円でカレイえんがわ、ハマチ、ホタテ貝柱……。
セットメニューはテイクアウトもできる。
客たちの熱気が店外へ溢れ、混雑時は行列だ。
名古屋から出張で来たとうサラリーマンが握り寿司を肴にビールを飲んでいた。
新幹線の待ち時間に、ちょっと一杯なんて粋じゃあないか。
コストパフォーマンスは優良。
値段表示は外税。
あて三種盛り380円
お気軽セット860円
上にぎりセット1150円
特上にぎりセット1560円
ザ・プレミアム・モルツ390円
三岳490円
「営業時間11:30〜14:00・17:00〜23:30/不定休」

『立ち喰い店』

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事