ドイツ・カラフル化計画

キッチュで楽しくてちょっとアレ?な世界を作る。

全体表示

[ リスト ]

18日土曜日の地元Ostfriesen新聞にまたまた1ページ丸ごと!WWⅡ記事が!

しかも今回目を引いたのはこの当時のカラー写真!貴重ですね!!!
見出しは「第10中隊・最後の男」

(画像撤去しました)

昨日は時間がなかったので、今朝ゆっくり辞書を引きながら記事を堪能いたしました。軍事用語はわからん。

(画像撤去しました)

写真は1941年 6月24日、歩兵隊がリトアニア、ヴィルキヤの山道を行く姿。

今回は1941年の6月22日ソビエト侵攻開始から70年の節目の歴史特集でございます。 70年の節目というと、当時の兵士の生き残りの方がご存命である、たぶん最後の記念ではないかと言われ、それも今回注目されているのでしょう。

新聞ではOldenburgにお住まいの元兵士、ハンス ヘルヴィグ氏(89歳)のインタビューが。
第10中隊、第16歩兵連隊最後の生き残り。10月には90歳になられるというヘルヴィグ氏。

(画像撤去しました)

「父は第1次大戦でOldenburgに勤務してね。
自分の若い時は、軍隊に入って下士官になりたかったのさ。
当時はそういう時代だったんだよ。」


日本もドイツも、当時の若者の描く出世像が同じなのが・・・・興味深いですね。

彼は1939年のポーランド侵攻の際に居合わせた。当時をこう回想する。
「あの時の事、よく覚えているよ。
無慈悲な人対人の戦闘でね。重火器と、手榴弾とスコップとで、赤軍は果敢に戦ったよ。
私達は侵入者だったんだ。」

クリミア半島での戦いではこの第10中隊は中心的に活躍した様子。
セヴァストポリ市を制圧したが、その時ヘルヴィグ氏は凍傷で野戦病院に入院中。
1942年7月まで続いたこの戦闘に
「あそこに参加していたら、きっと生還はできなかっただろう。」

彼の部屋に小さなメモが貼ってあったのが、記者の目に止まった。
それは医師アルバート・シュバイツァーの残した言葉・・・・

「人の到達できうる最高の知識、それは平和への憧れである」


彼自身の中に平和な時を見出す事はない。
それ程彼の当時の体験は強烈過ぎるもので、彼を記憶の中で苦しめ続けている。

最後に彼は戸棚から小さなハーモニカを取り出し吹いてくれました。
「Ich hatte' einen Kameraden (わたしには 戦友がいた) 」
大戦中に亡くなった戦友の葬儀の度に吹いた曲であった。。。。


・・・・今回は実に切ないインタビュー記事でした。


で、その下の記事が、現在のロシアのネオナチの動向を伝える記事。。。

(画像撤去しました)

現在1万人程度のロシアのネオナチが4月20日のアドルフヒトラーの誕生日に大暴れしたり、去年は外国人、有色人種、同性愛者を襲撃して37人を殺害、375人を負傷させていると・・・
警察も見てみぬフリ。
こういうの見ると人間て不思議!と思わざるをえません。。。。。 

また、歴史学者で東部戦線に関する著書をもつクリスチャン・ハートマン氏へのインタビューもあり、今回はかなり充実した内容になっていました。

とまあ、今回色々勉強になりました。

「ドイツ・カラフル化計画」は引き続きOstfriesen新聞さんを応援しています。

この記事に

閉じる コメント(6)

ヨーロッパ男性は海藻をあまり食べないので、禿げやすいみたいですね。
禿げ率が一番高いのは、チェコらしい。

2011/6/19(日) 午後 9:14 タヌタン 返信する

顔アイコン

こんにちは、、。

いろいろな情報が入ってくる現在は、国民全体が戦争に向かっていく
状況は少ないとは思うのですが、それでも、まだ紛争は絶えることがありません、。幸福は平和の上は当然ですが、これからどこに向かうのか、。
☆、、。

2011/6/19(日) 午後 9:55 伊倉道男 返信する

顔アイコン

タヌタンさん、今日おにぎり作ったんですけど、ドイツ人の坊やはやはり食べ残していました。

2011/6/20(月) 午前 0:21 [ IZM ] 返信する

顔アイコン

フォトクラさん、
平和は当たり前に存在するものではないのだ、と認識していきていかなければいけませんね。

2011/6/20(月) 午前 0:24 [ IZM ] 返信する

顔アイコン

そうかぁ、今年の6月22日はいわゆる「バルバロッサ作戦」の70周年になるわけですね。
日本では終戦記念はやりますけど、今年の12月8日に「真珠湾攻撃」70周年なんかはやらないんだろうなぁ。。
有名なセヴァストポリでの戦いということは、名称フォン・マンシュタイン率いる第11軍に属していたようですね。
一方のロシアのネオナチ・・。大体、ロシアにネオナチがいること自体、初めて知りました。
どういう「思想」を持っているのか、興味はありますけど・・怖いなぁ。 削除

2011/6/20(月) 午後 0:05 [ ヴィトゲンシュタイン ] 返信する

顔アイコン

ヴィトゲンシュタイン様、
こういうマニアックな話題は、分け合うとまた楽しみが増えるのですね。
>「真珠湾攻撃」70周年
吹きましたWwwwwww
フォン・マンシュタイン氏にも興味が沸いてきました。。。。 彼の著書調べましたが日本語のだと高いし、ドイツ語では難易度が高そうだし、どうしよう。。。
ネオナチは、アメリカにもいるみたいだし、不思議ですよね。それだけヒトラーに人を轢きつける・影響を与えるものがあるという事なんでしょうね。外国の方が、ナチス思想を取り締まる法律がない分やっかいかも知れません。

2011/6/20(月) 午後 5:08 [ IZM ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事