kawanobu

ブログ始めました!

1つの恒星(赤色矮星)が地球サイズの7惑星を従えた「トラピスト1」の新系外惑星系見つかる(2017/02/27)

 NASAがベルギー・リエージュ大学などとの共同研究で発表した太陽系外惑星は、あらためて宇宙には多様な惑星系が存在することを明らかにした。2月22日付のイギリスの科学誌『ネイチャー』に発表した。 ☆「セブン・シスターズ」の大きさは地球の0.76〜1.13倍  研究チームがみずがめ座の方角に39光年離れた恒星「トラピスト1」を、NASAの赤外線をとらえるスピッツァー宇宙望遠鏡などで観測した結果、トラピスト1の周りに、大きさが地球の0.76〜1.13倍の惑星7つ(「セブン・シスターズ」と命名)が見つかった( 想像図 )。  1つの恒星で7つも惑星の見つかるのは珍しいが、うち6つは岩石で出来ているとみられるという。  初期の系外惑星には、発見のしやすさから主星のすぐ近くを周回する木星級すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事