ここから本文です
トミー・フラナガン公認のファン・クラブ、それがトミー・フラナガン愛好会です。

Doris Day, Love Him


イメージ 1

 ドリス・デイ(vo)のアルバム。63年10月から11月にかけての録音。レーベルはCBS。邦題「恋の賛歌」とタイトルされたこのLPは、ポップス中心のラブ・バラード集。アレンジは、トミー・オリバー。ドリス・デイは24年4月生まれ。44年録音の「センチメンタル・ジャーニー」が大ヒット。48年からは映画にも進出。"Love Him" "More" "Can't Help Falling in Love" "Since I Fell for You" など全11曲収録。

この記事に


イメージ 1

 ジョニー・ホッジス(as)と、ワイルド・ビル・デイビス(organ)の共演作。65年1月の録音。レーベルはヴァーヴ。ローレンス・ブラウン(tb)、グラント・グリーン(g)、ボブ・ブッシュネル(b)、ボブ・クランショー(b)、グラディ・テイト(ds)が参加。どんなメンバーと演奏しても、ホッジス節は変わりません。"Joe's Blues" "I'll Walk Alone" "Harmony in Harlem" "Warm Valley" など全8曲収録。834円の中古盤LP。

この記事に


イメージ 1

 Discography 01-02
 女性ジャズ・ボーカリスト、マレーネ・ヴァー・プランク(マーレン・ヴァーランクとの表記もあり)のアルバム。2001年9月から2002年5月にかけての録音。レーベルはオーディオファイル。トミー・フラナガン(p)参加は、ラストの "My Bluebird" ("Beyond the Bluebird") 1曲になります。フラナガンが亡くなる2か月前の貴重な録音。

この記事に

Curtis Fuller, Two Bones


イメージ 1

 カーティス・フラー(tb)のアルバム。58年1月の録音。ブルーノートのGXF-3064番。録音当時は未発表だったもの。スライド・ハンプトン(tb)、ソニー・クラーク(p)、ジョージ・タッカー(b)、チャーリー・パーシップ(ds)といったメンバー。ジャケット裏のクレジットではドラムスがアル・ヘアウッドとなっていますが、パーシップとのこと。"Fuss Budget" "Oatmeal Cookie" など全7曲収録。720円の中古盤LP。

この記事に


イメージ 1

 Discography 90-02
 90年5月に行われた、10人のピアニストによる「ワン・ハンドレッド・ゴールド・フィンガース」のライブ盤CDの第2集。トミー・フラナガン(p)は、"Come Sunday" "The Blue Room" の2曲でソロ演奏をしています。他に、リン・バーンスタイン、ケニー・バロン、ジュニア・マンス、ハンク・ジョーンズなどが参加。全10曲収録。

この記事に

George Wallington, Showcase


イメージ 1

 ジョージ・ウォーリントン(p)の作品。54年5月の録音。ブルーノートの71003番。ウォーリントンがBNに残した唯一のリーダー作(5045番)に、オムニバス盤収録の2曲と別テイク2曲を追加。デイブ・バーンズ(tp)、ジミー・クリーブランド(tb)、フランク・フォスター(ts)、ダニー・バンク(bs)、オスカー・ペティフォード(b)、ケニー・クラーク(ds)、クインシー・ジョーンズ(arr)が参加。577円の中古盤LP。

この記事に

Miles Davis, Oleo


イメージ 1

 Discography 56-04
 マイルス・デイビス(tp)のアルバム。プレステイジの7044番 "Collectors' Item" と、7109番 "Bags's Groove" からピック・アップして、7847番として再発売されたLP。54年6月と、56年3月の録音。トミー・フラナガン(p)参加は、"In Your Own Sweet Way" "No Line" の2曲。その他に、ポール・チェンバース(b)などが参加。

この記事に

Frank Strozier, Fantastic


イメージ 1

 フランク・ストロージャー(as)のアルバム。59年12月から60年2月にかけての録音。レーベルはビージェイ。ブッカー・リトル(tp)、ウィントン・ケリー(p)、ポール・チェンバース(b)、ジミー・コブ(ds)といった魅力的なメンバーが参加。この作品はストロージャーの初リーダー作。ストロージャー自作の "A Starling's Theme" "I Don't Know" "Runnin'" の他、"Off Shore" など全6曲収録。556円の中古盤LP。

この記事に

阿川 泰子, Flyin' Over


イメージ 1

 阿川泰子(vo)の2枚目のアルバム。78年7月の録音。レーベルはインビテーション。アレンジ、指揮、キーボードは有馬すすむ。稲葉国光(b)、伊藤昌明(b)、石松元(ds)、市原康(ds)、中牟礼貞則(g)、杉本喜代志(g)、納見義久(perc)、数原晋(tp)、新井英治(tb)、斉藤清(ts)などが参加。"The Gentle Rain" "I Can Fly" "La-La Means I Love You" "Fools Rush in" "Sounds of Love" "I Only Have Eyes for You" など全10曲。

この記事に


イメージ 1

 ジョージ・ウォーリントン(p)のリーダー作。55年9月、カフェ・ボヘミアでのライブ。レーベルはプログレッシブ。ドナルド・バード(tp)、ジャッキー・マクリーン(as)、ポール・チェンバース(b)、アーサー・テイラー(ds)のクインテットによる演奏。この赤いジャケットは76年発売の日本盤で、全曲未発表テイクとのこと("Sweet Blanche" のみ2テイク収録)。聴き比べるのも楽しみでしょうか。514円の中古盤LP。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事