全体表示

[ リスト ]

今日はタイトルからして固いです
できれば私も書きたくない><

なぜなら私もまだよく解かっていない部分があるので(汗)
医療関係の方で記事の間違いを見つけたら
お知らせ下さい、訂正します。(逃げ腰)

先日ねねの主治医の先生から渡された
遺伝子検査についての報告書のプリントですが

イメージ 1


その中の肝心の部分

イメージ 2


この特異性と感度とは一体どういう意味なのでしょうか、
下の記述を見ても素人には謎が深まるばかりです。

調べてみると、どうやら簡単に言うと

【特異性】病気でない人が病気でない。。と解かる確率(%)
【感度】 病気である人が病気である。。と解かる確率(%)

ということのようです。

ちなみに
【陽性】コロナウィルスが検出された
【陰性】コロナウィルスが検出されなかった
ということです。

イメージ 3


そこで、マルピーさんが出している
報告をよーく見ると、

腹胸水材料による遺伝子検査の【特異性】病気でない人が病気でない。。と解かる確率は何と100%!病気でないことが確実にわかります。
腹水や胸水から遺伝子検査をして【陰性】だった場合には【100%FIPではない】ということであり、
恐ろしいことに、逆に【陽性】だった場合には【100%FIPである】
という検査の確率なのです。

血漿材料(血液)からの検査では88%
血液からの遺伝子検査をして【陰性】だった場合には【88%FIPではない】
残る12%はまだ疑われるということでしょうか。

※臨床症状の出ていない猫ちゃんで、コロナ遺伝子検査で陽性とでても
どうか、決してあわてずにお医者様とご相談の上
コロナウィルス対策(体力アップ、免疫強化)をしてください。


では次に【感度】病気である人が病気である確率ですが

腹胸水材料による遺伝子検査の【感度】は資料1で88%、資料2では100%と
資料1での不確実さはあるものやはり高い%です。結果
腹水や胸水から遺伝子検査をして【陽性】だった場合には【100%近くFIPである】ということであり
【陰性】だと【100%近くFIPではない】ということになります。

次が問題の
血漿材料(血液)からの検査68%。。

血漿材料(血液)からの検査をして、【陽性】だった場合には【68%近くFIPである】
で、私はFIPであることが、68%しか感じとれない、わからない。
あとの32%は不確実である。。
「病気である人が、病気であると検査結果で出る確率」が68%ならば
病気であるのに病気であるという結果にならない確立が32%​もあるのか??

というように判断し、多分お医者様もそう判断して
私に遺伝子検査を勧めなかったのでしょうが

その後ケーナインラボの社長さんより、わざわざメッセを頂きました<(_ _*)>

その内容によると、

そもそも検査とは、臨床症状が出ていて、それがFIP​であるかどうか確定診断するために
検査に出しているのであって
「F​IPである」のに「FI​Pであるとは出なかった」
という確率ではなくて、
「​FIP​を疑う臨床症状がある」が「コロナウィルスが陰性であった」という
という結果が出る確率ではないかということです。

つまり何らかのウィルス性疾患ではないかと思われる、
他白血病と猫エイズが陰性な猫ちゃんの血液が検査に出されるけれども
その中でFIPであるとされるのが、68%だということであって
検査の精度とは関係のない話のようです><

ケーナインラボさんでは、「FIPを疑う」症状の猫ちゃんを検査して
コロナウィルスを検出する確率は今のところ25%のようで
マルピーさんの確率はとても高いそうです。
「F​IPを疑う」の中には、単に元気が無い、微熱がある、抗体価が高いが症状は無し、などの症例が混じっている為に、これは低い確率になっているので
これまた精度には関係ないようです。
『症例を厳密に絞ればウィルスの検出率は格段に上がると思います。』
と社長さんはおっしゃっていて
検査も前提となる条件が違えば色々結果が変わるのだなと
いまさらながらに理解しました。

遺伝子検査を疑うような記事を書いてしまいましたことをお詫びして
ここに訂正したいと思います。

後はよくよく見ると検査の分母(検査した猫ちゃんの数)が大変少ないことにも気がつきました。
たくさんの猫ちゃんからの検査の結果を受けて
より信頼の置ける検査になって行きますように願っております。

ああ。。やっとかけました。。げふ(血へど))
解かりにくかったと思いますが
読んでくださった方ありがとうございます。<(_ _*)>

繰り返しますが、間違いを見つけた方は是非是非ご指摘下さい。

最近ちょっと多忙のため
皆様の所へのコメントや訪問が滞っておりますが
どうかご容赦下さい。読み逃げの方向でしばらくお願いいたします。
時間ができたら伺いますね<(_ _*)> <(_ _*)>

ねねはとってもとっても元気にしております^^
昨日で闘病14ヶ月目に突入いたしました(*´∀`*)
イメージ 4

お祝いに手作りおもちゃでもと100均で買い込む
イメージ 5

ポンに邪魔されつつ作成^^
イメージ 6

でけた!!
イメージ 7

ね〜ねたん、おもちゃ出来ましたけど。。
イメージ 8

「ん??ままちゃん??」
イメージ 9

「今眠いから、後でね」
イメージ 10

再び寝る。。^〜^;

このままずっと、一緒にいてね。。

一緒に歩こう!病気の子どもたち!!

FIPのことをもっとよく知ってもらうために、ランキングに参加しています。
よろしければポチおねがいします<(_ _*)>
↓↓↓
http://cat.blogmura.com/cat_disease/img/cat_disease125_41_z_ichigo.gif
にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ(文字をクリック)

この記事に

開く コメント(11) ログインしてすべて表示


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事