全体表示

[ リスト ]

最終回「スマイル」

イメージ 1

イメージ 1

※写真は、あらかじめ、このパソコンに入力されていたもので、家族とは関係ありません。

昨日、最終回だった「スマイル」。今日、ビデオ録画で観ました。

ラストシーンは、世界中の人達が“スマイル”


現実は、地球上のどこかで誰かが泣いている。
苦しんでいる。
紛争に巻き込まれている。
言われなき差別と偏見。


私が高校生の頃(18歳)、まだ介護保険が無かったころです。
母と二人、二人三脚で、祖母を24時間介護。
今で言うなら要介護5の重度でした。

家庭内に会話が少なかった頃、介護をする前は、好きではなかった祖母が、
介護をするうちに気持ちに変化が起きてきた。
大好きになっていきました。同時に、認知症の症状は進行していきました。

まだ若く、無心で、介護の毎日。

誰に言うともなく、
「人はこれほどになっても、生きなければならないのですか?」と、
天井を仰ぎ問うていた。
<側にいて、切なくて・苦しくて・愛おしくて>
介護4年、祖母は、旅立ちました。
感じ方は人それぞれです。


【今、介護される側の立場となった私。】

「人が生きる」とは・・・。

閉じる コメント(4)

顔アイコン

この世は苦難の連続、仏教的には魂の修行の場・・・もし輪廻があるならば、我々は来世で楽できるしょう。
生きるとは、お迎えが来るまであらゆる手段を使い、生きる事ですね。
死ぬのは簡単、不慮の事故、自殺、病で死ぬ、これ正に寿命と考えます。
尚さん、ALSは癌ほど致死率は高くありません。
まずは病気を受入れて、介護を受けましょう。

2009/6/27(土) 午後 9:28 [ ロ ッ ク ]

顔アイコン

「病気を受け入れ、介護を受けましょう」
まさに、その通りだね。

私は、それが出来ていないから苦しい。
たくさんの方が介護して下さる。
「それが、辛い。」のも事実。

自分が、どうすれば良いのか分かっているのに出来ない。

ALSという病気は、介護なしでは生きていけないことを分かっているの。

急に、最近になって降りかかってきたんです。
「何故、私が???」

私だけが、悲劇のヒロインでは無いのに。

2009/6/28(日) 午前 10:04 [ ビビアン ]

顔アイコン

尚さんこんにちは。
スマイルの最終回、私も見たよ。
ハッピーエンドでうれしかったな(*^_^*)

私も自分の寿命が来るまでは、生きなきゃならないと思っているの。
人には必ず使命があるから、出来ることをしてお役に立ちたいな。

2009/6/28(日) 午後 2:00 朱ヒミコ

顔アイコン

私もね、旅立つその日まで、
「出来る事を出来る人が出来る時に」声を上げよう!
活動しよう!そう思っていたのに。

自分でも別人みたいです。

精神コントロールに、これほど悪戦苦闘している何て・・・。

2009/6/29(月) 午前 8:57 [ ビビアン ]

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0)

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事