ベトナム保険マーケット

ベトナムの保険最新事情。ベトナム在住者の為の便利な保険も紹介。 ベトナムの保険の常識は世界の非常識か?ベトナムの保険の基礎知識!

全体表示

[ リスト ]

2005年末からハノイに駐在員事務所を設立して活動していた第一生命保険ですが、NIKKEI NETによれば、バオミンおよびCMGと合意に至り、バオミンCMGの完全買収が確定した模様です。

(以下、1月13日付けNIKKEI NETから引用)

第一生命、ベトナムの生保買収・国内勢で初進出

第一生命保険はベトナムの生命保険会社で同国内5位のバオミンCMG(ホーチミン市)を買収する。
国内生命保険のベトナム進出は初めて。
国内の生命保険は先細りが見込まれており、成長市場への進出で新たな収益源を確保する。
自前で現地法人を立ち上げるよりも早期に収益化できるとみて、買収に踏み切った。

第一生命保険は月内に買収手続きを済ませ、完全子会社化する。
買収金額は数十億円の見通し。
現在の資本金は約15億円で、買収後に約30億円に増やす。
社名は「第一生命保険ベトナム」に改める。

(以上、引用終わり)

CMG(オーストラリア)は2002-3年ごろ本社体制に変更があり、ベトナムの生命保険市場への興味を失った結果、バオミンCMGにも、まったくサポートをしていなかった模様です。
以前からCMGは売却の意向をバオミンに伝えており、バオミンもこれを機に、生命保険市場から撤退することを決めたものと思われます。

さて、第一生命ベトナムは、バオミンCMGの10万件の保険契約、ベトナム全土50箇所に上る支店、また300人を超える従業員を引き継いでいくことになります。
すでに、ハノイとホーチミン両拠点に一名ずつ日本人が派遣され、引き継ぎ作業に入っています。

勝ち組のプルデンシャルとバオベトに追いつくには時間がかかると思いますが、是非とも頑張って欲しいところです。

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

はじめまして。 今朝、窓の外を見たら遠くのビルの屋上に「DAI-ICHI LIFE」 という赤い看板が・・。LEGEND HOTELの裏か横のビルだと 思います。昨日はなかったのに・・・。 削除

2007/2/23(金) 午後 3:01 [ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事