ここから本文です
NC700S と コマジェ と、あぷびーの・・そしてビラーゴ君
今年度は、土日休みが少なくなり・・バイクにあまり乗れないなあ(泣

書庫全体表示

      今日は、トイレのドアの補修です。

      築30年ともなると・・・・ドアの開閉ノブ・・取っ手などガタが出てきてしまいますね。(^_-)

      最近では・・・・ガタつきが多くて・・・何とかしようと思ってました。

      今まで着いていたやつですが・・・・中のロックのみで、表から解除出来ない形式でした。

イメージ 1

      使用中の時のロックの有無も見えない形式だったので・・・・不便・・って、事も有りました。

      それに・・・・非常時の事を考えると、表からもロック解除出来るほうが好ましいんですね。


      分解して行って・・・・内部のラッチの比較です。・・?? ちと、やばいか??(T_T)

イメージ 2

      写真で違いが判りますか??
      つまみのシャフトに合わせたのですが・・・標準だと短いんですよね。


       でも・・・・OK!でしたよ。(^^ゞ  あとでご報告・・




      とりあえず、元からの古いラッチを外して見ると・・・・

      すでに、金属疲労で・・・四角い部分の金具とは折れた状態です。(゜o゜)

イメージ 3

      常にグラグラしてたのは・・・・
      この部品の破損のせいで、内部の心棒がグラグラし、ハンドル部分にも影響出てたようです。

      シャフト周辺の消耗に寄るガタつきも多かったようで・・・金属粉も多数出てきましたね・・・
      家族が一番使う部分なだけに、消耗していたようです。 (^^ゞ




      先ほどの、ラッチの短い問題ですが・・・・

      パーツそのものが、長さ調整可能に作られてまして・・・・チョイと調整して延長OK!でした。(^^♪
      これは・・・説明書見て判ったことでしたが、良く考えて有りますね。

イメージ 4




      あとは・・・・ネジを着け直し・・・・出来上がり!! (^^♪

イメージ 5

      木ネジなどは・・・元のネジ穴を再利用のため、微妙にゆるいところには、爪楊枝を押し込んで・・
      きつく修正した後で、きちんと締めなおしましたよ。 (^^♪

      これで・・・・年寄りにも開け易くなりましたし・・・・
      万が一の時にも、表から解除可能になり、ドアを壊す恐れも無くなりました。

      使用中の有無が、きちんと表から見えるのも・・・やはり、良いですね。(^_-)



      意外に簡単に出来る作業なので、もし? ガタついてるなら、交換する事をお勧めします。(^^♪

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事