全体表示

[ リスト ]


一年シャア「私が赤い彗星のシャアだ」
グリシャア「待て待て、自称で自慢は馬鹿に見えるぞ。その点私が演じたシャアは情けない時期だから気が楽だ」
B「これが若さか、ですもんね」
ネオシャア「君、早いぞ。司会の台詞がまだないのに。しかしシャアの象徴的なセリフを言い合うのは面白い。私が演じた総帥の頃はさしずめ道化だよ、だな」
アムロ「間に気の早い割り込みがありましたが、三人のシャアの自己紹介が終わりました。私は今回は司会で、アムロ・レイをずっと演じてまいりました。そして一年シャアさん、貴方が好きなシャアのセリフを聞きたいのですが」

一年シャア「グリシャアさんのダカールの演説が個人的には好きだが、私が演じたシャアとなるとララァ、私を導いてくれだな」
B「それはまたどうして?」
アムロ「そこのゲスト、私の役目を取らないように! 一年シャアさん、その理由は?」
一年シャア「役者業を長くやってると情けない役の価値がわかるものさ」
アムロ「はは、それはないですよ。それじあ私が好きなアムロの台詞は、二度もぶった、親父にもぶた
                         ゃ
れたことがないのに! しかないじゃありませんか」
グリシャア「でも私は知ってるぞ。当時楽屋であれはいい体験でしたと教えてくれたじゃないか」
B「皆さん!」

ネオシャア「何だね!」
B「今日の座談会は私がゲストで主役でしょう!」
ネオシャア「そうだったそうだった。でも君の先走りがいけないんだぞ。ではアムロ、紹介してくれ」
アムロ「了解です。本日のゲストは、年内に公開される劇場版『ガンダム Gのレコンギスタ』の主役、ベルリ・ゼナムさんです。拍手う!」
ベルリ「やっと正式に紹介してくれました。私が気に入っている台詞はリアルは地獄、です」
アムロ「それは台詞でなくエンディングの歌の歌詞で、しかも毎週流れる一番にはないけど、まあいいか。時にベルリ君、Gレコは久しぶりのトミノ組のガンダムだったけど、テレビシリーズの頃はどうだった?」

ベルリ「始めは台詞を覚えるのに精一杯」
一年シャア「我々の情報によると初期に一番泣いたのは君とのことだが」
ベルリ「そうなんですよ、シャアさんにアムロさん! 怒鳴られれば意気消沈するし、無視されれば落ち込むしで大変でした!」
ネオシャア「へこたれないキャラだな、劇中のギュネイに言ってやりたい」
ベルリ「それにGレコは富野ガンダムとしては∀と同じように創作でしょう? 背景の設定や物語、作劇の
                 トミノ組
舞台を作るのに大変で、私が三人目の主役だそうです」

アムロ「というと?」
ベルリ「何でも十六、七の男の子を主人公にしたいから、脚本をすべて完成させるまでに予定していた俳優が大人になってしまい、イメージが合わなくなったそうで」
グリシャア「しかしテレビシリーズが終わって二年経つぞ。君の体格もずいぶん大人に近づいた。そんな身体で過去の君と整合できるのか?」
ベルリ「そこはそれです。今の身体で撮っても動きを抽出して、少年の身体に移し替えることは十分可能ですから。しかし元となる映像データが豊富にないと駄目だそうで」
ネオシャア「そうか、それで最初から青年の身体で撮影するわけにはいかなかったのだな」

アムロ「それと放送が始まって話題になったエンディングの映像、どう思った?」
ベルリ「撮影の時は敵味方で手を繋ぐのに訳分かりませんでしたが、実際のエンディングのワイド写真一枚を見てわかりました。完全にカーテンコールです」
アムロ「なるほど」
ベルリ「撮影前にトミノ組のガンダムは全て、テレビも映画も魅せてもらいましたが、∀は創作でしたけど
                                     見せて
はるかな未来史と捉えることができました。でもGレコは毎週カーテンコールがあるお陰で、これは創作です、と言われ続けているような気になったのです」

一年シャア「そうか、ではベルリ君、君はベルリ役の俳優として今も撮影で演じているわけだが、あからさまな創作の主人公という立場をどう思う?」
ベルリ「やっぱりテレビシリーズの折り返しまでは疑問だらけでしたけど、最終回までに納得しました」
アムロ「その理由は?」
ベルリ「だって伝記物も所詮は創作じゃないですか!」

[3827zadankai.txt]

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

読ませていただきました。
たいへん興味深い記事ですね。俺の知らない情報がちらほらと。とても刺激になりました。
二年経って「青年」になってしまった役者が、劇場版における新作部分でのベルリをどう演じるのか、いまから楽しみです 削除

2017/2/7(火) 午後 11:09 [ shiwasu5 ] 返信する

顔アイコン

> shiwasu5さん 前略 「それと放送が始まって」のアムロの台詞からの最後の二段落が、貴方の記事と関連する内容です。私の認識を(時期はずれますが)ベルリ君の台詞に託した格好で。

さらに宇宙世紀ものだけを正史扱いするのは、∀で劇中でも過去の映像が使われたから。私自身が納得するためにモビルスーツ同士の戦争が記録されている時代、今度はSFを物語りたくなったという「想定」を思いつき。すると私には(一応当時の)アナザーガンダム全てが嘘っぽく思えて、宇宙世紀のガンダムシリーズだけが「史実」という「設定」を思いついたのですね。草々

2017/2/8(水) 午後 3:40 [ 大塩高志 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事