全体表示

[ リスト ]

    また都知事選、費用50億円
       前回から1年半余
 
読売新聞 1028()1238分配信
 
 《知事選費用は、ご自分で、払って下さい!
       都民よ目覚めよ!
    今度こそ、世界に誇れる知事を!》
 
【記事引用】
 
 東京都の石原慎太郎知事(80)の突然の辞職で、前回選挙からわずか1年8か月余りで再び都知事選が行われる見通しとなった。

 全国最大の有権者を抱える地方選挙の費用総額は約50億円。現職が退いた後の都知事選は有力候補の乱立で票が割れ、大物でも法定得票すれすれとなる可能性もあり、多額の公費負担に加えて、再選挙を心配する声が早くも上がっている。

 約1000万人の有権者を抱える都では、62区市町村で約1900か所の投票所、約1万4000か所のポスター掲示板が必要。都選挙管理委員会によると、選挙費用は計約50億円に上り、約25億円の大阪府知事選、約10億円の静岡知事選などと比べても破格の高さだ。

 昨年4月に4選を果たした直後から、任期途中での辞職が取り沙汰されていた石原知事。経費削減につながるとして、都幹部や都議の間では「やめるなら来夏の都議選に合わせて『同日選』になれば」との声もあった。同日選になれば大幅な経費削減につながるためだが希望はかなわず、都は今回、補正予算を組んで選挙費用を工面する予定だ。
最終更新:1028()1238
 
《記事引用終わり》
 
【関連記事・コメント】
 
野合連合提唱石原知事後任に孫崎享氏擁立を提唱
 
*【コメント1】
片山元総務相が行政経験があり、決断力に富み人格的にもしっかりしているので東京都知事に良いと思います。
 
*【コメント2】
大江健三郎氏はどうでしょう!あっと驚く人を出しましょう!

この記事に

開く コメント(4) ログインしてすべて表示

開く トラックバック(0) ログインしてすべて表示


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事