ここから本文です
ブラックハットの「男のバンコク旅行マニュアル」
最終更新日:2014/2/1 旅行記Ⅳ 行列の出来るパッタイの店 序 2013/12

書庫■はじめに

すべて表示

イメージ 1

〜酒池肉林は男の夢。それを叶えてくれるのがタイ・バンコク


私、ブラックハットは韓国旅行のエスコートアガシ遊びを皮切りに、
海外エロの旅をするようになりました。
海外旅行初心者の私が、一人でバンコクに行きエロエロな遊びをするということは、
とても勇気がいることでした。

しかし、エロが持つ力は凄まじく、私は色々なガイドブックやサイトを勉強し、
十分予習をした上で、ついに、恐る恐る、初めてバンコクへ行ったのです。。。すると・・・

微笑みの国タイ、その首都バンコク。
そこには、私が追い求めていた桃源郷がありました。
タイ・バンコクは、まさに「男の夢の国」でした。

その後、私は、何度もバンコクへ足を運ぶようになり、
現在では、すっかりタニヤの有名人になってしまいました。
(タニヤについては、「【知識1】夜遊びの種類」で解説します)

そんなバンコク遊びの常連になった私が、完全初心者の目線で、
バンコクの遊びをナビゲートします。
はっきり言って、バンコクは2泊3日でも十分遊べます。

彼女のいない独身男性は絶対に行ってみるべきです。
また、ご家族がいるお父さんも、出張とか適当に理由をつけて、絶対に行くべきです。

酒池肉林、それは男の夢です。バンコクにはそれがあります。


ブログファンの皆様


ブラックハットの韓国旅行記からいらして頂いた方、ありがとうございます。
韓国は近くて便利ですが、少し足を伸ばすと、バンコクというもっと凄いところがあります。
ブログファンの皆さんから、
「タイのことはまだよく知らないので・・・」というお声を多く聞きます。

なので、このブログで簡単にですが、解説をすることにしました。
是非、このブログを見て、バンコクに行ってみて下さい。
私も最初は恐る恐る行ったのですが、全く心配することはありませんでした。
バンコクは安全ですし、タイ人は日本人に優しいですし、
セブンイレブン、大戸屋、吉野家、ユニクロ、ダイソーなど、日本のショップは何でもあります。
少しの滞在でも、長期の滞在でも、全く困りません。

是非、韓国の次は、バンコクに行ってみて下さい!

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事