ここから本文です
皆さまこんばんは、夜勤明けで帰ってきてから寝ていました。
やはり夜勤明けでそのまま仕事では体力的にきついです。苦笑

ここ最近は意識して手元にある文庫本で未続になっているものを読んでいるのですが、もっと早く読んでおけば良かったなぁと後悔半分、今読むことでさらに共感できるのかなと思う部分が半分と言うところです。
ただ、正直岩波文庫などで新装版になっていない場合活字が比較的小さくてその上旧字体なので、結構読みにくかったりします。苦笑
比較的簡単な漢字であればある程度読めますがそうでないと・・・。

最近読んだ本では、「自然の法典」等があるのですが、一部の方には宣言していますが政治家を目指すんだと・・・言っている自分にとっては考え方のバイブルになるのではないかなと思う部分が有ったりして非常に参考になるわけです。
そういった意味で、本と言うのは非常に知識を得るには有益なもので有ると言えそうです。
ただ、私自身は本をよく読みますし、私自身も機会があれば自身で本を書いてみたいなぁと言う細やかな野心?があります。

というのは、本を書くとか、講演するとかというのは非常に自分自身が勉強になるんですね。
私も若い頃は、仕事で研修の講師(業務用端末の操作説明、特に新入社員向け等)をした経験からわかるのですが、仮に30分話をしようと思えば1時間半程度の原稿を作っておく。
当然想定外の質問も出てくることを予測して、発表する内容の前後をさらに厚くしておく・・・と言うのはほぼ常識だと思うんですね。

本を書くときも然り、そしてこうしてblogを書かせていただいていますが、こうしたblogでもそう、ただダラダラと長く書けばよいというものでもなく、言いたいことを簡潔に、起承転結をはっきりさせて書こうと思うと毎日書くことも大事かなと思うし、やはりそれ以上に多くの本などを読んで自分なりの文体を作り上げる必要があるのかななんて思っています。

まぁ、これは写真もそうなんですが、いわゆる自分のフォーマットというかテンプレートを作ってそこにパーツを当て嵌めて完成させていくみたいなものかなと勝手に思っているんです。

少なくとも写真に関しては私自身の撮影の仕方というか基本が出来上がっているので、そのフォーマットに従い撮影していくのですが、文体に関してももっと完全な形で自分の文章フォーマットを作り上げたいなぁと思いつつ中々フォーマットが定まらないために迷走しています。苦笑

ということで、これからもさらに自分を高めるための研鑽を続けてまいりますので、今後も生暖かい目で時には厳しくご指導いただけますよう皆様にお願い申し上げて今日のblogとさせていただきます。
イメージ 1

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • とある物語。ハンプと連結手

    2017/2/24(金) 午後 9:01

    みなさまこんばんは、今日から新しい構想でまたお話を始めたいと思います。 今回のテーマは、操車場、そこに働く18歳の清が本編の主人公となります。 じだいは昭和30年代を想定しています。 まぁ、全体のコ ...すべて表示すべて表示

  • > 「これじゃ、どうしようもないよなあ」・・・思わずつぶやく日田君でした。 > さて、用を足した日田君、さっそく自席に戻って一杯と思ったのですが・・・思わぬ事態が・・・、 > まぁ、その辺はまた次回にさせていただきます。 ...すべて表示すべて表示

  • > なるほどと変にうなずく日田君でした。 > そう聞いて変なところで生真面目な日田君、今度は列車の便所とはどうなっているのか確かめたくなったのでした。 > また、その時のお話は次回させていただきますね。 すみません、2週間 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事