反日勢力を斬る

反日を国是とする特定アジア諸国と日本内部に潜む反日勢力を糾弾します。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

インテリジェンス 武器なき戦争

海上自衛隊からイージス艦の機密が漏洩した。
犯人は護衛艦「しらね」の2等海曹(33)。
中国籍の妻が絡んでいるので、ハニートラップにかかったのか。
その後バッタリと後追いニュースが途絶えた。
偽情報を中国に摑ませたのか?
そうあって欲しいが、さもなくば日本のスパイ対策の貧困さを世界に知らしめ、同盟国アメリカの不信を買うことになる。

日本はスパイ天国だという。
はやくスパイ防止法案を成立させて、国家機密の漏洩は国家反逆罪で死刑として欲しい。

日本のインテリジェンスを語った書物を紹介する。

元NHKワシントン特派員の手嶋龍一と、鈴木宗男と関係の深い外務省のラプスーチンこと佐藤 優元主任分析官の対談。

手嶋氏はワシントンからのテレビ報道を良く見たが、話す時にクビが振れて、目つきも喋り方もオカマ風でキライだった。かなり偏向した解説をしていたのも記憶している。

一方の佐藤氏は胡散臭い雰囲気の男だという印象しかない。

この佐藤氏、最近、「諸君!」5月号でそのインテリジェンスに疑問を投げかけられている。

本書は、インテリジェンスとは何か、日本のインテリジェンス能力の現状、インテリジェンス強化の方法などについて、ある程度の知識を得るには参考になる。

ただし、両者がお互いに変に褒め合ったりするところが頂けないが、虚々実々の対談ということにしておこう。

「日本のカウンター・インテリジェンス能力は世界最高レベル」だというが、イージス艦情報漏洩といい、ヤマハのヘリコプター事件といい、防諜能力が世界で最高とはとても思えない。

一刻も早くスパイ防止法案を成立させたいものだ。

佐藤
「手嶋さんの歌舞伎役者のような流し目を背後に感じた」
(言い得て妙!!)

●外交は武器を使わない戦争。インテリジェンスはその戦いに不可欠な武器。
インテリジェンスは国家の命運を担う政治指導者が舵を定めるための羅針盤

●情報(インフォメーション)は素材。それを精査し、裏を取り、周到な分析を加えた情報がインテリジェンス

●インテリジェンスは戦前の陸軍参謀本部が使っていた「秘密戦」に相当する。
秘密戦には4分野があった。
1.諜報(ポジティブ・インテリジェンス) 2.防諜(カウンター・インテリジェンス) 3.宣伝 4.謀略

●日本のインテリジェンス能力はそれほど低くない。インテリジェンス能力は国力からそれほど乖離しない。
GDP2位の日本はそれに即したインテリジェンス能力を持っているはず。ただ結晶化していない

●軍事大国はインテリジェンス小国になりがち。軍事大国でない日本はインテリジェンス大国たりうる。
東京には世界の良質のインテリジェンスが集まっているが、日本政府は気付いていない。

●9月11日は東京が機密情報センターになった。NHKはパレスチナ解放民主戦線の犯行と誤報。

そのほか、イラク戦争批判もあるが、手嶋氏のNHK体質(リベラリスト)の視点からのネオコンの定義には賛成できない。


インテリジェンス 武器なき戦争
(手嶋龍一・佐藤勝 冬舎新書 2006年11月 740円)

目次

まえがき
 
序章 インテリジェンス・オフィサーの誕生

インテリジェンスは獣道にあり
情報のプロは「知っていた」と言わない
なぜ「外務省のラスプーチン」と呼ばれたか
インテリジェンスというゲームの基本ルール 
「嘘のような本当」と「本当のような嘘」
インテリジェンスの共通文化
十重、二十重、R・ゾルゲの素顔
死刑と引き換えに愛する女たちを救ったゾルゲ
インテリジェンス・オフィサーの資質が存亡を左右する

第一章 インテリジェンス大国の条件

イスラエルにおける佐藤ラスプーチン
外務省の禁じ手リーク発端となった「国策捜査」
大規模テロを封じた英情報機関 
インテリジェンス世界とメディアの秘められた関係
功名が辻に姿見せないスパイたち
そっと仕掛けられた「撒き餌」
イラク情報で誤った軍事大国アメリカ
大量破壊兵器ありー幻の情報キャッチボール
サダムとビンラディン、その悪魔的な関係
イスラエルとドイツに急接近するロシア
「二つのイスラエル」を使い分けるユダヤ人
ネオコン思想上の師、S・ジャクソン上院議員
プーチン大統領のインテリジェンス能力 

第二章 ニッポン・インテリジェンスその三大事件 

TOKYOは魅惑のインテリジェンス都市
七通のモスクワ発緊急電
仕組まれたゴルビー訪日延期
愛人は引き継ぐべからず、情報源は引き継ぐべし 
スパイたちへの「贈り物」
運命を変えたテヘラン発極秘電報
グレート・ゲームの国々
東京が機密情報センターと化した9月11日
大韓航空機撃墜事件をめぐる「後藤田神話」
情報の手札をさらした日本、瞬時に対抗策を打ったソ連
自国民への「謀略」−そのタブー
カウンター・インテリジェンスとポジティブ・インテリジェンス
日本のカウンター・インテリジェンス能力は世界最高レベルにある

第二章 日本は外交大国たりえるか

チェチェン紛争−ラスプーチン事件の発端
すたれゆく「官僚道」
竹島をめぐる凛とした交渉
「平壌宣言」の落とし穴
すべてに優先されるべき拉致問題
ミサイル発射「Xデー」に関する小賢しい対メディアエ作
水面下で連動する中東と北朝鮮情勢
「推定有罪」かインテリジェンスの世界の原則
腰砕け日本の対中外交に必要なのは「薄っぺらい論理」
靖国参拝の政治家
記録を抹殺した官僚のモラル
自衛隊のイラク派遣は正しかったか
「二つの椅子」に同時に座ることはできない

第四章 ニッポン・インテリジェンス大国への道

情報評価スタッフー情報機関の要
イスラエルで生まれた「悪魔の弁護人」
インテリジェンスの武器で臨んだ台湾海峡危機
インテリジェンスを阻害する「省益」の壁
インテリジェンス機関の創設より人材育成を
インテリジェンスの底力
官僚の作文に踊る政治家たち
インテリジェンス・オフィサー養成スクールは大学で
インテリジェンス・オフィサーの嫉妬と自尊心
擬装の職業を二つ持つ
生きていた小野寺信武官のDNA
ヒューマン・ドキュメントではない「命のビザ」の物語
日本には高い潜在的インテリジェンス能力がある

この記事に

閉じる コメント(19)

「国家機密の漏洩は国家反逆罪で死刑として欲しい。」>>全く同感です。スパイ防止法のない国は欠陥国家と言わざるを得ません。国家機密は国民の命がかかった問題です。その機密を漏らしたものを厳しく罰するのは当然で、最高刑も死刑であるべきだと思います。

2007/4/11(水) 午後 11:39 aud*e*hyu 返信する

ご賛同頂き有難うございます。スパイ防止法がないのは多分日本だけでしょうね。ったく平和な国です。

2007/4/11(水) 午後 11:56 blo*g*r2*05jp 返信する

強力なスパイ防止法があっても、ゾルゲ事件は防げなかったし、法律以前に、愛国心教育をして国民の意識改革をさせる事が先だと思います。それと情報漏洩を防ぐため公安警察や公安調査庁の機能を強化する事が先だと思います。

2007/4/12(木) 午前 0:02 ank*zu*d* 返信する

上の方の意見に賛成。愛国心がなければ、どんなシステムや法律を整備しても徒労に終わるでしょう。

2007/4/12(木) 午前 0:29 ちょい貧オヤジ 返信する

顔アイコン

スパイ防止法の強力な米国でさえも機密情報の流出は多々あるそうです。流出情報の真偽は解りませんが。いずれにしても何事も守るより攻めの方が強いのです。取り敢えず公安、警察、防衛省、害務省等情報の共有化を徹底し一体となって又、スパイ防止法を至急成立させ、国家機密、技術情報漏洩防止を図らねばなりません。個人の権利がどうのこうの言ってる場合ではない。国家がなくなれば個人等無い。 削除

2007/4/12(木) 午前 0:41 [ yamatotakeru ] 返信する

顔アイコン

国防と情報管理はセットです、もちろん。。いまや犯罪天国&スパイ天国のこの国では、‥‥‥必要な法整備が山積ですねぇ〜〜〜。あぁ、もっとも、その基本は教育ですね。GHQに滅茶苦茶にされたけど、かつての、世界最高水準の精神の国を再興出来るかどうかですね。

2007/4/12(木) 午前 0:48 [ - ] 返信する

顔アイコン

知人から訊く所によると、佐藤 優て人物は怪しい人物だと。書物を読んでいると何言ってるか判断出来ないし、愛国でもないし、無政府主義者だと。よくわからないです。 削除

2007/4/12(木) 午前 1:27 [ ひろやん ] 返信する

顔アイコン

「その後バッタリと後追いニュースが途絶えた」のは、恩家宝の訪日に配慮しているのだと思います。このチャイナのスパイ行為に対して、遺憾の意を表明すべきだと思いますが・・・。苦言一ついえないところが日本らしいと言えます。

2007/4/12(木) 午前 1:52 しんのすけ 返信する

顔アイコン

防諜はバランスを考えることが肝要です。アングルトンがCIAの防諜責任者だった時のように、疑心暗鬼になりすぎると、自分たちが取り込んだスパイすら信用できなくなると言ったジレンマに陥り、かえって組織の諜報能力を削ぐことにもなりますので、難しいところです。また“インテリジェンス”の強化も重要ですが、いかに敵を陥れるかという“オペレーション”もこれからの日本にとっては重要でしょう。工作も行えないような情報機関は、ただの調査機関みたいなものです。

2007/4/12(木) 午前 7:20 [ - ] 返信する

顔アイコン

しんのすけさんの仰るとおり、温家宝来日を慮った結果でしょう。省エネ技術供与(例によって事実上の”献上”)もやるようですし・・・。今日付け朝日社説の慶びよう(+今後への指示)を皆様ご覧下さい。 削除

2007/4/12(木) 午前 8:16 [ 理系人間 ] 返信する

顔アイコン

リヒャルト・ゾルゲが活躍した時代も日本はスパイ天国と言われていた。 彼の情報が第二次世界大戦の命運を左右したと言っても過言ではないが、それくらいスパイの任務は大きい。因みにゾルゲの右腕としてスターリンの為に働いたのが朝日新聞記者の尾崎秀美なる人物(国家反逆の伝統ですな)もちろん二人共「死刑」になったが、スパイ防止法は重要だ。 削除

2007/4/12(木) 午前 8:47 [ 竜馬宜しく ] 返信する

国家機密情報を他国に流す…反逆罪以外の何物でもない。スパイ防止法を早く成立させるべし。

2007/4/12(木) 午前 10:16 メッキハンター 返信する

顔アイコン

国家として当たり前の事を速やかに遂行してもらいたいものです。何でもかんでも右傾化、右傾化と煩わしい限り。

2007/4/12(木) 午前 10:29 [ sultan ] 返信する

スパイ防止法に反対してる者がスパイ。 非常に分かりやすいスパイ発見法です。

2007/4/12(木) 午前 11:44 れおん 返信する

顔アイコン

汝平和を欲さば、戦への備えをせよ。 削除

2007/4/12(木) 午後 1:20 [ ] 返信する

顔アイコン

朝日新聞記者の尾崎秀美て人物はソ連のスターリンには相手にされていないそうですね。ソ連としてはその人誰?て感じ。尾崎本人の片思い、当時の日本の赤てそういうソ連の片思いの共産主義者が多いようです。でも片思いの共産主義者の暗躍が無視できず、当時でも共産主義の恐ろしさは皆知っていた、と言うことです。尾崎自身は治安維持法で死刑になったのではなく、国防保安法と軍機保護法等とで死刑になったようです。余談ですが、尾崎秀実は結構女にモテてて東大在学中に所謂不倫騒動を起こしたり、性格は口が軽かったようですね。 削除

2007/4/12(木) 午後 1:54 [ ひろやん ] 返信する

顔アイコン

情報を収集できうる地盤が日本にはすでに出来上がりつつあると思います。それをどのレベルまで引き揚げてどうフィルターにかけ、どう判断と分析を行うかでインテリジェンスの質は大きく変わってきます。戦後半世紀、少なくとも極左組織や大陸、半島系人物を追うことで公安等の監視・情報収集能力は上がっていると思います。あとはお偉方がどう組織を作るかですね。

2007/4/12(木) 午後 9:58 [ - ] 返信する

顔アイコン

機密漏洩は日常茶飯事、ヤマハのていたらく、自衛官の自覚のなさ。スパイ防衛法はもとより、中学で戦争とは何か、機密の扱い、戦闘状態、捕虜の扱い、捕虜になったときの心構えなど最低限教育すべき。特に日本の常識と海外での常識、日本国内では美徳でも他国では単なるお人好しの馬鹿、外国人との対応では徹底的な自己主張など国内と海外での対応などを教育すべし。

2007/4/12(木) 午後 11:03 [ BB ] 返信する

顔アイコン

スパイ防止法・国家反逆罪を適用すれば、今いる政治家や外務省等の官僚達大半が処刑されるだろうな〜。大変よい!政治改革にもなる!国家改革 にもなる!社会党や共産党・公明党(三権分立違反!)は無くなるな!

2007/5/10(木) 午後 3:34 [ 武門会 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


みんなの更新記事