反日勢力を斬る

反日を国是とする特定アジア諸国と日本内部に潜む反日勢力を糾弾します。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 1

今日もまた左巻きのサンモニが

サヨクの同窓会番組TBS「サンデーモーニング」はまったく一方的な主張のオンパレードで、良識ある人達を辟易させているが、この日も酷かった。

TBS「サンデーモーニグ」(2007年5月20日)
集団的自衛権で論議
司会:関口宏
コメンテーター:浅井信雄、幸田真音、寺島実郎、佐高信、岸井成格

●国民投票法成立
●イラク特措法改正案可決
●教育関連法案可決

と次々と法案が可決するなか、
集団的自衛権を研究する第1回有識者会議が開かれ、「行使に否定的な意見は一切出なかった」(柳井俊二前駐米大使・座長)

秋山収(元内閣法制局長官)
「とても、そういう行動が許される憲法9条にはなっていない。憲法9条を改正した上で進めて行くべき問題だ。
憲法上できないことが、法律上(立法上)出来るということになれば、色々な国際情勢とか時の政府の考え方でそういう法律が国会に提案されて多数決の中で決まっていくという状況になる」

(よく知りませんが、内閣法制局って頭の固い人間が揃っていて、国際感覚が無いのではないかと以前から思っております)

公明党は慎重論を主張。

太田昭宏(公明党代表)
「個別的な事例を集団的自衛権を認められるというある志向性を持って論議されないように釘をさしてきた」


(公明党に釘をさされないような自民党になって欲しい)

佐高信
「集団的自衛権は集団的喧嘩権だ。喧嘩そのものを無くそうという方向ではなくて、一人で喧嘩やるかみんなでやるかと言う話にもっていこうとしている。改憲のカイは破壊のカイだ。有識者会議でも反対の人はほとんど居ない。これは安倍さんの自信の無さだ」


(佐高さん、言葉遊びはもうそろそろ止めたら?『喧嘩(戦争)そのものを無くそう』とは非現実的な平和論者の言い草で、もう聞き飽きました。
それと、この番組だって反対を唱える人一人も居ないじゃない。TBSの自信の無さですかね(笑))

関口宏
「なんでこんなに急ぐんですか。アメリカからのプレッシャーが強いんですかねえ」

寺島実郎
「時代の空気の作られ方が非常に気になる。イラク特措法の延長も集団的自衛権も突き詰めていけば、よりアメリカと連携して国際社会に関わっていくという選択肢を取ろうとしている」


(「寺島氏は反米アジア主義であり、特徴は一言で言うと抽象論だ。
『われわれは知恵を絞るべきだ』を社説の結論とする朝日新聞とよく似ている。現実遊離、言葉の遊戯、空疎なレトリックのあそびが非常に多い(田久保忠衛氏)

(「まず客観的な事実関係を積み重ねたうえでの認識に立つべき外交論や国際関係論に、自分の主張の都合から、恣意の形で情緒的な言葉のペンキを塗りたくり、反対側の実態を本来とは違うもにのに仕立てるマジック。寺島実郎は姑息なマジシャンだ(古森義久氏)

(これだけコワモテでTVに出る神経は見上げたものだが、偏向した数字や国連を連発してヒンシュクを買っているのはご存知ないらしい(通信欄)。


寺島実郎の通信簿
http://blogs.yahoo.co.jp/blogger2005jp/9386578.html

寺島実郎
「日英同盟をコミットするために第一次世界大戦に突入した。シベリア出兵も英国の要請を受けてやった。それが軍部の増長と敗戦につながった」

(日英同盟のおかげで日露戦争に勝利してロシアの南下政策に歯止めをしたことを忘れてませんか?日英同盟を破棄したために第二次世界大戦に突入し敗戦を迎えたという論文をどこかで読んだ覚えがあります)

寺島実郎

「集団的自衛権はある意味では非常に危険な部分がある。とにかく日米同盟さえ踏み固めていけば、この国の21世紀は安心というような選択肢の流れを作っていく事は、やがて歴史から大変大きなしっぺ返しを食らう可能性がある」


関口宏
「ほっとくと、アメリカの戦争に日本が付いて行くことになってしまうし、日本人が外国の方を殺める事になってしまうし、日本人も殺される危険性も増えることを皆がもっと考えなければならない」


(なんとも単純・稚拙で短絡的思考。でも深く考えない人の感情には訴えるという点で極めて危険)

浅井信雄
「憲法改正賛成派が多いが、必ずしも安全保障に関わる部分ではない。環境問題、情報自由化とかそういう面で時代に合っていないから改めたり追加するのはOKということだ。安倍さん達は安全保障だけを強調している」


(憲法改正は半数以上が賛成しているのに9条改正には反対が多いという朝日新聞の世論調査みたいな事いっている)

岸井成格(毎日新聞特別編集委員)
「ただ、政府・安倍さん方の考え方から言えば、同盟国はアメリカだけだから、イザと言う時に自分の国を守るためにいろんな手枷足枷をはずすという考え方だろう。

この国会の全体の流れは「戦後レジームからの脱却」と言っているように、憲法も安全保障も教育も社会保障も財政も全部見直して今まで矛盾と限界のあったものを全部変えようということを今年からスタートさせるということだ。それがどんどん採決をしていく流れになっている。

憲法9条は当時は日本とアメリカの意思は一致していた。自衛隊を作ったときからずうっと矛盾が出てきて、与党は解釈改憲の拡大をして来た。それがいよいよ限界に来た。
日本は憲法制定時代にもどるのか、現実に矛盾を抱えたままでいいのか、改正すべきかの選択を今迫られている。
安倍政権は改正したいと言っているだから、野党も国民も本当に向き合わなければならない」

(バランスの取れた最後の纏め方でした)

関口宏
「国民はまだよく理解していないから、もっともっと憲法に関心を持っていただきたい。参院選まで僅か2ヶ月、これから番組で順次お伝えしたい」


(これ以上の反日偏向押し付け番組は平にご容赦)

この記事に

開く コメント(20) ログインしてすべて表示

開く トラックバック(1) ログインしてすべて表示


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事