全体表示

[ リスト ]

以下、2006年3月16日付の自由時報より

「霍元甲」テーマ曲変更/周董(ジェイ・チョウ)を守るため、日本人女性が抗議/しかし抗議むなしく…

李連杰(ジェット・リー)主演の「霍元甲」が今週土曜日日本で初上映される。しかしながら、映画のタイトルが「SPIRIT」に変更されたほか、小さな役を演じた日本人中村獅童がまるで主役のような扱いになっている。さらにひどいことに香港、台湾で大人気の周董版テーマ曲もHIGH and MIGHTY COLORの「罪」に変更されてしまった。

日本のファンはボイコット宣言

最近、日本の周杰倫ファンがネット上でこの問題について激しい討論を繰り広げている。なんとテーマ曲が周杰倫の曲でないなら、映画をボイコットするとワーナーに抗議文を送るファンまで現れた。「霍元甲」がまだ上映されていないうちから、すでにこの問題がホットな話題になっていたのだ。

日本のファンの情熱的な態度には感動させられる。様々なブログBANNERで「SPIRITの魂はジェイ・チョウの霍元甲にある。」「SIPIRIT〜ジェイ・チョウの主題歌が聞きたかった」「ジェイ・チョウの霍元甲支持」と高らかにうたわれている。さらに「映画「霍元甲」(日本公開題名「SPIRIT」)主題歌問題覚書」という名前のブログでは全てのいきさつが記録されており、ブログ主はなんと映画制作を担当した江志強に直接メールを送り、公の場での理にかなった説明を求めている。

起死回生のチャンスは小さい

現状からすれば、周董の「霍元甲」が起死回生するチャンスは小さいが、最近各主要テレビ局で放送されている映画のCMでは、周董の「霍霍霍……我我我……」の歌声を耳にすることが出来る。これは多くのファンが抗議したために、映画会社が一時的に周董の曲をキャンペーン用に使用すると決定したからで、テレビCMの右下には、はっきりと「この曲は映画上映の際には流れません」と書かれており、本当に思いがけない事態になっている。

日本のファンはテレビで流されるキャンペーンソングを聴くだけで満足しているわけではない。ネット上での講義の声はどんどん激しくなっている。ファンはみな、テーマ曲を変えたのは恥ずべき行為だと語っており、土曜日の初上映前にテーマ曲をもとの周杰倫の曲に戻すようにと映画会社に訴えかけている。

北京で「滿城盡帶黃金甲」を撮影中の周董は、事務所を通してファンの厚意に感謝しているとコメントした。しかしながら、彼と映画会社のテーマ曲に関する契約は全アジアに適用されるものの、日本はその中に含まれておらず、テーマ曲が変更されることは彼はすでに承知していたそうだ。

このほか周董が「滿城盡帶黃金甲」で演じる役は小さい頃から人を恨みながら育った大将軍で、精神面を表現するシーンが多い。一昨日、テスト撮影に入り、皇后役の鞏俐(コン・リー)は周董の入浴シーンをたまたま目撃したが、周董の演技は自然だと大女優級の鞏俐に大絶賛されていた。張藝謀(チャン・イーモウ)監督も「周杰倫の演技は意外なほど上手かった」と語っていた。
[http://www.libertytimes.com.tw/2006/new/mar/16/today-show9.htm 自由時報原文(護周董 櫻花妹譙無力)

この記事に

閉じる コメント(10)

顔アイコン

台湾や香港の媒体はこの一件を取り上げてるのに、日本は?全アジアに含まれない日本て?・・・最近台湾に関する本など読んでるせいか、なんか余計にムム〜の心境です。杰倫さんが映画撮影に専念できる事をひたすら祈ってまっす。がんばれ〜

2006/3/16(木) 午後 10:31 [ や〜ず ] 返信する

顔アイコン

ああっ、トラックバックが重複している。申し訳ありませんが、余計なものを削除していただければ幸いです。ご迷惑おかけします(土下座) 翻訳記事、ありがとうございました。アジアに含まれない日本…黒船による開国、脱亜入欧の喧伝、敗戦による占領体験…我々もまた、歴史からは自由ではないのです。だが、個人的にはそれを超えていく人も多い。この流れはもはや止まらないと思っています。

2006/3/17(金) 午後 1:42 [ drunkencat89 ] 返信する

顔アイコン

昨日、SPIRITもとい霍元甲を観てきました。映画自体は楽しめるものでしたが、エンディングテーマがHIGH〜の曲で最後にばばーんと彼らのバンド名と曲名が出てきて、すごい宣伝してるな〜と苦笑せずにはいられませんでした。Jayの曲でないと納得できませんよ、残念です。

2006/3/19(日) 午前 9:41 Jenny 返信する

YAZIさん☆本当ですよね。どういう契約になっていたのか本当にいまいち疑問ですが…。杰倫氏も今撮影で忙しい時期だろうけど、気にしてるでしょうね、この件。いい方向に向かうといいのになあと思います。

2006/3/20(月) 午後 4:57 熱帯魚 返信する

drunkencat89さん☆トラックバックありがとうございました!お礼が遅れてしまってすみません。確かに日本は「アジアと日本」という立場をとることが多いですよね。自分たちはアジアの中に含まれていないと…そういう考え方の人も多いだろうけど、もっと個人的にその流れを超えていく人が多くなることを祈ってます。

2006/3/20(月) 午後 5:02 熱帯魚 返信する

kaorin2105さん☆SPIRITって名前がまたまたむかつきますね!!FEARLESSじゃないのかい?って感じで。エンディングテーマがそんなに激しい宣伝さったんですね。ホント笑えます!!!!ホントのテーマ曲は霍元甲なのにぃ〜!

2006/3/20(月) 午後 5:04 熱帯魚 返信する

顔アイコン

こちらには初めてお邪魔します、琳香です。アジアに含まれない日本…常日頃この事に疑問を感じていたので今回の件を知った当初は瞬間湯沸器のように怒りまくり(笑)でも、いい映画、いい音楽は国境を越えていくものです。この流れだけは止められないでしょ?私もたくさんの明星達のおかげでボーダレスな人間になれましたよ♪色んな事に興味を持ち、知るきっかけを作ってくれましたしね。こんな形からでも「超えていける」人が多くなるといいなと思ってます。

2006/3/23(木) 午前 0:52 [ a_l*nji**ie ] 返信する

顔アイコン

琳香さん☆いつもお世話になっております!劇場リクエストフォーム、昨日のせちゃいました!琳香さんに感謝です!そうですね、私もはじめは明星がきっかけで、台湾やその他アジアのことに興味を持ち始めました。いい音楽、いい映画は必ず理解される、そして理解した人が偏見などを超えていくことを信じたいものです。

2006/3/24(金) 午後 4:49 熱帯魚 返信する

顔アイコン

何も知らないでこの映画観ました。僕も彼女も泣きながら、しかしこの曲はないよね。と意見は一致。よもや差し替えられているとはこれこそ日本の恥です。

2006/3/29(水) 午後 10:40 [ - ] 返信する

shiggydoggyさん☆コメントありがとうございます。やっぱり普通に見ても、この曲はありえないって思うほどだったんですね。もとの曲で日本でも放映してもらいたかったなあ…。差し替えられたことが残念でなりません。

2006/3/30(木) 午後 4:39 熱帯魚 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(3)


.


みんなの更新記事