Blue Winds

プリンスエドワード島から青い風にのせて・・・

風通信

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全35ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

先日、パークコーナーのロバート・モンゴメリ氏から依頼の電話を受けました。
L.M. モンゴメリの祖父の家を受け継いでいるロバート氏ですが、とうとう家を売って、家財一式もオークションセールで売り払うことになったので、日本の方にも知らせてもらえないかという依頼でした。日時は7月25日、もうすぐそこに迫っていて、今から、じゃあ、オークションのためにPEIに行ってみよう、なんて簡単に来られるものではありませんよね。そこで、知り合いの方たちにお願いして、ブログやフェイスブックに情報を掲載していただくことにしました。皆さん快く引き受けてくださって感謝です。

モンゴメリ家は、かつてロバート氏のお母さんの時代にB&Bを営んでいたこともありました。私も宿泊したことがあり、その頃から考えるとかなりの変化を経てとうとう家財もいろんなところに散らばってしまう時が来たわけです。ものすごい数のアイテムが競りにかけられるようで、その様子は見ていたい気もします。日本で何度か展示されたフルーツバスケットやバラのつぼみのティーセットはどなたの手に落ちることでしょうか・・・?

Auctioneerのサイトに、アイテムリストがあるのでどうぞご覧ください。
Ingleside House としてリストされています。

http://www.robertsauctionspei.com/

下は、皆さんに載せていただいたインフォメーションです。
Terry



このたび、LMモンゴメリの父方の祖父の家が売却され、1870年代以来6世代に亘ってモンゴメリ家が受け継いできた旧家の、19世紀から使われてきた家財も今回オークションセールで売却されることになりました。

来たる7月25日(土)モンゴメリ家において11;00amより開催 
(20号線 House # 4615 Park Corner Prince Edward Island, Canada)

この家は、LMモンゴメリの小説中「イングルサイド(炉辺荘)」(「炉辺荘のアン」「アンの娘リラ」)のモデルになったとされています。過去何年か、B&Bや、モンゴメリ・ヘリテージ博物館としても一般公開されていた時期があり、ご存知の方も多いかと思います。
ロバート氏所蔵の、数々のモンゴメリ所縁の品の中には「赤毛のアン」や「ストーリーガール」の小説に登場する「バラのつぼみのティーセット」「瀬戸物のフルーツバスケット」など、日本にも何度か貸し出されて展示されたことのある貴重なアイテムや、LM モンゴメリの有名なネコのイラストのついたサイン入り初版本“A Tangled Web” も今回のオークションセールにリストされています。

また祖父ドナルド・モンゴメリはカナダで初期の上院議員の一人であり、その関係のPEIやカナダの立法議会の議事録、手書き任命書、報酬記録などの珍しいアイテムをはじめ、1890年、西部に父を訪ねて行った15歳のLMモンゴメリに同行した時の鉄道乗車券、パークコーナーの店主であった頃の取引台帳なども、代々モンゴメリ一族に愛用されてきた家具とともに、オークションに登場します。

LMモンゴメリのいとこ、ヒース・モンゴメリ氏の息子に当たるロバート氏はかねてから、モンゴメリ、「赤毛のアン」を通じて友好的な関係にあった日本の皆さんにもこのセールを知っていただきたい、この日にPEIを訪れている方には是非オークションにも立ち寄っていただきたいと願っています。モンゴメリ家先祖代々の家財があちこちに散らばってしまうのは悲しくもありますが、アンティーク愛好家や、モンゴメリファンにとってはまたとない機会であることも確かです。 多くの方が参加してくださいますように!

この記事に

5月もおしまいになって、ようやくPEIにも春が到着しました。
雪の写真ばかりでは季節感もなくなってしまいそうで、冬が永遠に続きそうでした。
と言いつつ、最後の「雪のある風景」を一枚。

イメージ 1

友人のサマーハウスの対岸には、まだ真っ白な残り雪がはっきりと姿を見せていました。
5月28日のこと。
でも、ひとたび気温が上がると、あっという間に植物は成長するんですね〜。葉っぱの気配もなかったりんごも、つぼみも見えなかった忘れな草もすみれも、ほんの3日ほどで花をつけました。
暑い、と感じる日が来たかと思えば、ぶるっと寒い日が平気な顔して戻ってきます。

イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


そんな極端な変化が、普通になってきたPEIの春と夏・・・・やっと始まりました。
緑の木々に、バラの新芽やつぼみに、今年もよろしくって言いたくなる季節です。
もちろんお客様にも「今年も、何が起こるかわかりませんが、よろしく」です。

−Terry−

この記事に

開く コメント(0)

モンゴメリの時代には、ここでもよくパイ・ソーシャルやバスケット・ソーシャルといって、パイやランチバスケットのオークションがよく行われていました。目的は寄付金集めです。
今でもオークションは廃れずに続いています。
去年も、近くでがん患者の治療費を募るオークションがあり、競売に出す品物を寄付しました。
何を出していいのやらよく分からなかったのですが、アンティークのランプなど2〜3点持って行き、売れなかったらどうなるの?と訊いたのですが、「心配はいらないよ。必ず売れるから」と太鼓判を押してもらいました。
人助けにかけては、アイランダーは本当に感動的なぐらい親切で気前がいいのです。それは、日本の大震災のあと街で行なった基金集めで身にしみて感じたことでした。
去年のそのオークションでも、2万ドルと言う大きな金額が集まったそうなのです。

今年は、保守党の資金集めにケーキ・オークションが行なわれるので、ケーキを作って欲しいと依頼が来ました。私は政治には関与していませんがケーキなら喜んで作ります、と承諾しました。
これまでのオークションで、ケーキが80ドルまで競りあがったことがあるよ、と巷のうわさを聞いていました。やはり、アイランダーの気前の良さなのでしょうね、80ドルとは・・・・なんだかあこがれる様な数字に聞こえます。
どんな風に競りにかけるのかも想像するだけでしたが、がんばってこれまでにないぐらいリッチなモカ・チョコレート・エンジェルケーキをこしらえました。

イメージ 1

オークションのあと、持って行ってくれた人から電話があり、120ドルで売れたと知らせが入りました!夢見る80ドルをはるかに超えて競り落とされたケーキ、買ってくださった人も感激してくれていたら嬉しいなと思います。

−Terry−

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1


紅葉が終わったとたんに雪が積もり、急に寒くなったPEIです。
11月に入ると、どこも突然ハロウィーンのデコレショーンからクリスマスに変わりました。

イメージ 2


イメージ 3


わがBlue Windsもクリスマスのひと月前となると、Christmas Bake Sale!
今年も恒例となったセールの第一回目を決行することができてほっとしています。
雪も少し積もっていたので、クリスマス気分が充分感じられました。

イメージ 4


土曜日は風が強くてとても寒かったのですが、お天気は悪くなく、そのわりには人が少なくてややがっかりでした。日曜日に来てくれた人たちのほとんどが、土曜日は道がつるつるで危なかったから来なかった、と言ったのでびっくり。外に出なかった私はつるつる状態を知らなか
ったのです。
でもおかげで日曜日は常連さんたちで埋まったよい一日となりました。

イメージ 5


イメージ 6


今年は新しいパンやビスケットも登場しています。
インターネットでいろいろと検索したり、プレゼントでもらったクックブックのおいしそうなレセピに挑戦したり、この時期は夏場と違った試みができるので、やっぱりBakingは楽しくて大好きです。
次回は12月6、7日に第2回目のBake Saleを予定しています。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10


−Terry−

この記事に

開く コメント(0)

−風通信− 夏の終わり

大変長い間のご無沙汰です。ティールームがオープンしてから一度も書くことができず、気がついたら夏が終わりかけていました。
ひどいお天気の多い今年のPEIですが、春があったのかなかったのか、よく分からないまま6月まで寒さが続き、おそろしく湿気のひどい7月、暑さも加えて「まるで東京みたいだ」とお客さんにも言われた夏が突然雨ですっかり涼しくなりました。今は20度前後の気温、過ごしやすいけど、ころころ変るお天気はやっぱり疲れますね〜。
私たちももうくたくたに疲れています。あと2ヶ月足らずでThanks giving Dayが来るのは本当に「感謝」です。

さて、ひとまとめに今年のデザートご紹介。すでに季節はずれのものがありますが、写真を楽しんでくださいね。

イメージ 1

今年のアン・ブームに乗って、と言うわけではないのですが、アン型クッキーを作ってみました。手描きのアン型を型紙にして、ナイフで切り取って試作を何度かやってみて、うまく行ってからMarkさんがクッキー方を作ってくれたと言う完全手作りモノ。アン・クッキーと名づけるには許可が要るので、Blue Windsオリジナルクッキーとしています。写真には全部はありませんが、バニラ、シナモン、ジンジャー・モラセス、メイプル、パフスリーブ型のチョコレートの5種類を作っています。手間が大変だから来年はもうやめちゃうかな〜〜。


イメージ 2


イチゴの季節も遅くてあっという間に終わりました。ジャム用のイチゴを確保するのももどかしい状態でしたが、シューアイスにつぶしイチゴとパイナップル、7月のほんの一瞬登場したデザートでした。

イメージ 3

去年レインボーケーキを初めて作って、たまに出していたら食べた人はみんな覚えていてくださったのには感激でした!「レインボーケーキはないの?」と訊かれ、またあわてて作ったりしました。

イメージ 4

それから最近プレゼントでとっても複雑な形のカップケーキ型をいただきました。うまくできるかどうか興味しんしんで作ってみたら、わっ、できた!ブルーベリーとラムレーズンとチョコチップを入れました。あ、でもこれはまだ売っていません。試作でした。

こんな所ですが、このごろアレルギーのお客さんが極端に増えて、小麦粉だめな人が急増しています。おまけに乳製品だめ、お砂糖だめ、なんていうダブル、トリプルの問題を抱えた人がデザートを捜していたりするので、もう本当に困ってしまいます。
グルテンフリー、砂糖抜き、乳製品なし、というケーキも作りましたよ。アレルギーの人にはとっても好評でしたが、やっぱり疲れます・・・。

あともうひとがんばり。そろそろピークもおしまいだから何とか生き延びる事ができるでしょう。
日本はさまざまな災害で驚くことばかりです。どうか皆様が無事に過ごされていますように。

−Terry−

この記事に

開く コメント(2)

全35ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事