ここから本文です
さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」
保守の会会長 松山昭彦のブログ

書庫全体表示


気ブログランキングに参加しています。 
まずはここをポチッとお願いします。 イメージ 2


イメージ 1


島根県出雲市出身の陸軍軍属であった山之内辰四郎さんはフィリピンのマニラ船舶司令部に所属していた。
 
昭和19年、戦況悪化でジャングルの中へ後退する前に、望郷の思いから椰子の実に友人の宛名と自分の名前を書いて海に流しました。
 
その1年後に山之内さんは戦死。しかし海に流した椰子の実は31年間も漂流し続けて、昭和507月、島根県大社町稲佐の海岸に流れ着きました。
 
この時、ちょうど魚釣りに来ていた出雲市小山町の男性がこの椰子の実を発見。よく見ると椰子の実に何かが書かれているが読みにくい。数日後、表皮が乾いてくると文字が読めるようになりました。
 
「所原村 飯塚正一」と書いてあった。
 
その人はこの近所(出雲市)に住んでいた飯塚さんのことでした。
早速、飯塚さんにその椰子の実を渡しに行きましたが、肝心の差出人の名前がどうしても読み取れません。「一体、誰なのか…」
 
戦時中、衛生兵として病院船に乗船していた飯塚さんは戦友の名簿を調べ、家々を訪ねました。その数は百人にもなりました。
 
年が明けて正月に餅つきをしていた際に、飯塚さんは同郷の山之内さんの名前を思い浮かべました。
 
山之内さんとは同じ青年団で活動をしていて、昭和19年にマニラで再会した時に、病院船で日本とマニラを行き来していた飯塚さんが山之内さんと奥さんとの橋渡し役をしていたのです。
 
その時、山之内さんが「もう日本に戻れないかもしれない」と言っていたのを思い出した。早速、山之内さんの家を訪ねましたが、既にそこは廃屋となり誰もいなかった。
 
しかし、世の中とは不思議なもので、偶然に墓参りに来ていた山之内さんの妻きよ子さんと会い、すぐにその椰子の実を見せました。
 
すると、きよ子さんの表情が変り、突然泣き崩れました。きよ子さんが大切に持っていた手紙には「近く飯塚君が帰国する」と戦地での飯塚さんとの様子が書かれいて、筆跡も同じものだった。
 
その後、この椰子の実は山之内さんの奥さんと飯塚さんが話し合い、編⊃声劼吠納することにしました。
 
今も編⊃声劼陵圭館に「奇跡の椰子の実」として展示され、訪れる人達に感動を与えています。
 
望郷の思いを込めて流した椰子の実。31年もの間、フィリピンから海を漂って北上し、故郷の島根県に着いたことだけでも奇跡であるのに、それが宛名の戦友と自分の妻の手元に届いたのです。これは奇跡としか言いようがない・・・


イメージ 3
山之内辰四郎さん(左)と飯塚正市(正一)さん(右)

イメージ 2
奇跡の椰子の実

・・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。 
すごい話だ、と思った方はここをポチッとお願いします。

イメージ 2


この記事に

  • アバター

    本当〜凄いですね〜

    これは奇跡ですね〜
    気持ちが込められていたのでしょうね

    ナイスとポチとツイート

    ・:*:・桜乃 一人静・:*:・

    2017/1/4(水) 午後 10:36

    返信する
  • 顔アイコン

    本当に奇跡ですね。
    こんど、遊就館に行ったら、じっくり見てきます。

    ナイス!

    [ naruchan6612 ]

    2017/1/4(水) 午後 10:43

    返信する
  • 顔アイコン

    転載させて頂きます。

    応援&今日のランクリ ナイス ポチ凸

    hito

    2017/1/4(水) 午後 10:48

    返信する
  • 良い話をありがとうございます。

    ナイス&ランクリ

    [ 鳳山 ]

    2017/1/4(水) 午後 11:32

    返信する
  • 顔アイコン

    ★≒グッドイブニング≒✪
    ホント・・・
    「奇跡」だね
    拍手&ランクリ

    メイ

    2017/1/4(水) 午後 11:49

    返信する
  • 顔アイコン

    転載させて頂きました

    人の想いって奇跡をつくりますねぇ

    [ sec***** ]

    2017/1/5(木) 午前 0:47

    返信する
  • 顔アイコン

    ランクリandナイス
    転載させて頂きました。

    bug*nno*e

    2017/1/5(木) 午前 5:14

    返信する
  • 顔アイコン

    31年後にも読み取れるなんて奇跡そのものですね

    あっちゃん

    2017/1/5(木) 午前 5:36

    返信する
  • 顔アイコン

    転載させて頂きます。

    [ ayukaw ]

    2017/1/5(木) 午前 6:07

    返信する
  • 今風に言えば神ってますね!

    良い話です!(^-^)v

    たま

    2017/1/5(木) 午前 7:07

    返信する
  • 顔アイコン

    奇跡ですねぇ!
    このようなことも、現実にはあるのですね。

    [ man*ek*55 ]

    2017/1/5(木) 午前 7:17

    返信する
  • 顔アイコン

    日本人の心は海を越えますね。
    よいお話をありがとうございました。

    ナイス、ランクリです。

    [ nadarechan1113 ]

    2017/1/5(木) 午前 8:15

    返信する
  • 顔アイコン

    感動するお話しです。

    奇跡としか言いようがない。

    ナイス☆

    鉄人軍団

    2017/1/5(木) 午前 8:51

    返信する
  • 顔アイコン

    フィリピン椰子の実が、島根に流れ着くのですね・・・
    これは、意外。
    そして、何よりも、感動的なお話です。


    それにしても、昔の日本人は、今の日本人と「顔」が全然違いますね。
    顔全体から「気合」や「気概」や「肝の据わった様子」を感じるというか、そもそも、容貌自体が現代人とは全く異なります。

    大正・昭和初期ぐらいの父の出身地(関東地方)の人々の集合写真や、生徒一人一人を撮影した中学や女学校のアルバムなどを見ると、みな目が二重で大きく、眉が太く、はっきりとした顔立ちで、一人一人が非常に個性的な顔立ちをしていました。

    現代日本の、ぼんやりとした、細目で、どことなく朝鮮風の、無個性で、誰が誰やら全く見分けがつかない若者たちのむくんだ顔ではないのです。

    戦後最も激変したのは、日本人の「顔」だと思います。
    今年のお正月は、明治〜平成までの人々の写真を見ながら、そう感じました。 削除

    [ 謹賀新年 ]

    2017/1/5(木) 午前 10:52

    返信する
  • 顔アイコン

    もしかして、合唱コンクールなどで歌われる「椰子の実」という曲は、この話が元なんですよしょうか。
    それとこの椰子の実、実物を見たことがあります。
    特攻隊が、蛍になって帰ってきた話も凄いけど、この椰子の実の話も凄いですね。

    [ たまねこ ]

    2017/1/5(木) 午前 10:55

    返信する
  • 顔アイコン

    改めて、英霊に対する感謝と敬意を忘れてはいけないと感じました。有難うございました。

    [ ben***** ]

    2017/1/5(木) 午後 2:54

    返信する
  • 顔アイコン

    英霊に感謝の誠を。

    ナイス
    ランクリ

    釜坂信幸

    2017/1/5(木) 午後 6:06

    返信する
  • 顔アイコン

    転載させていただきました。

    これは偶然ではないと思います。
    なるべくしてなる力があるのでしょう。

    [ いかづちまる ]

    2017/1/6(金) 午前 1:25

    返信する
  • 顔アイコン

    世界中の、世界史の教科書に載せるべき奇跡です。ランクリ、転載させて頂きます。 削除

    [ koreyjp ]

    2017/1/8(日) 午前 7:30

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事