ここから本文です
さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」
保守の会の会長 松山昭彦のブログ

書庫全体表示

記事検索
検索

全509ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


気ブログランキングに参加しています。 
まずはここをポチッとお願いします。 イメージ 2


イメージ 1

--------------------------
“南京大虐殺を否定する書籍”についてアパグループが回答 「問題であるとは考えていない」「本当の日本の歴史を広く知ってもらうため」
「客室に置いてある社会時評エッセイに南京大虐殺を否定する内容などが載っている」とする動画が中国SNS「微博(ウェイボー)」に投稿され、ホテルチェーンのAPAホテルが海外で炎上。115日に投稿された動画ですが、再生数は既に7000万超となっています。アパグループが編集部の質問に回答しました。
 
―― こういった内容の本が客室に置いてあったのは事実でしょうか?
ご指摘の書籍は「本当の日本の歴史 理論現代史学II」のことだと思われますが、本書籍の中では南京大虐殺の存在を否定しています。
 
―― 中国からの旅行客のキャンセルが相次いでいるのは事実でしょうか?
宿泊予約のキャンセルについて、現在のところ目立った増加は見られません。
 
―― こういった内容の本を置いていた理由は何でしょうか?
本当の日本の歴史を広く知ってもらうためです。
 
―― 政治的な主張を書いた本を客室に置くことについて、これまで問題視されなかったのでしょうか?
問題であるとは考えておりません。
 
―― 今後なんらかの対応を行う事はあるのでしょうか?
本件について何かしらの対応を行うことは考えておりません。
 
なお、日本政府は南京大虐殺に関する考えを外務省のサイトで公開しています。そこでは、「非戦闘員の殺害や略奪行為があったことは否定できないと考えています。しかし、被害者の具体的な人数については諸説あり、政府としてどれが正しい数かを認定するのは困難であると考えています」「先の大戦における行いに対する痛切な反省と共に、心からのお詫びの気持ちは、戦後の歴代内閣が一貫して持ち続けたものです」と解説しています。
2017.1.17 ねとらぼ)
---------------------------
 
毅然とした対応、アパホテルの今回の対応に敬意を表したい。
これに対しシナは早速反応した。

共産党機関紙の環球時報は「旅行業の基本的な道徳に反し容認できない」と書き、シナ外務省の華春瑩・副報道局長は「日本国内の一部勢力が歴史を直視したがらず、否定、歪曲しようとしていることを再度明らかにした」と述べ、シナの一部の旅行会社がアパホテルとの協力停止を宣言したらしい。
 
さらにシナは「南京大虐殺は証拠もあり否定はできない」とまで言った。ならばすぐに証拠を出してアパの歴史を否定してもらいたい。
 
以前、名古屋市の河村たかし市長が南京市から訪れた共産党幹部に「南京事件はなかった」と言い、その後の記者会見でも「南京虐殺はなかった」と言った。
 
この時、シナからは恫喝するかのように執拗に何度も撤回を求められ、日本国内からも撤回するように抗議してきたシナの回し者がいた。しかし河村市長は最後まで撤回することなく、そのまま通したのだ。
 
このような毅然とした態度が日本の政治家や外務省に必要なのだ。そうすれば歴史問題や編¬簑蠅盖きなかったであろう。
 
日本の外交というのはシナや朝鮮が相手になると、日本の国益よりも配慮することを優先し、揉めないで譲ることが外交だと勘違いしている。これでは情報戦は戦えない。
 
これを象徴するように外務省のサイトでは「南京虐殺」としてこのように書いてある。
 
「非戦闘員の殺害や略奪行為があったことは否定できないと考えています。しかし、被害者の具体的な人数については諸説あり、政府としてどれが正しい数かを認定するのは困難であると考えています」
「先の大戦における行いに対する痛切な反省と共に、心からのお詫びの気持ちは、戦後の歴代内閣が一貫して持ち続けたものです」
 
アホか。日本政府の間違った歴史認識がいかに日本を貶めているかがよくわかる。
 
「外交は血を流さない戦争である」(クラウゼビッツ)という覚悟が全くないのだ。アパの爪の垢でも煎じて飲め、と言いたい。
 
アパは民間企業である。しかもアパはシナ人の客が多いと言われており、今回の件で客数が激減するとも言われていた。しかしそういう脅しにも全く屈せず、たとえ売り上げが落ちても日本のために正しい歴史認識を貫いている。これは立派なことだ。
 
日本の国のことよりも自分の商売のことしか考えない経団連や国益よりも自分の政治生命を優先する政治家、日本国民よりもシナのために汗を流す外務省。こういう日本の姿勢にはもううんざりだ。
 
一民間人が出来て、政府が出来ないわけがない。公人たる政治家も外務省もよく頭を冷やして見習えと言いたい。
 
・・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。 
日本のためにも今回のアパの対応を応援しよう、と思った方はここをポチッとお願いします。

イメージ 2

この記事に

開くトラックバック(1)[NEW]


気ブログランキングに参加しています。 
まずはここをポチッとお願いします。 イメージ 2


イメージ 1

------------------------
金慶珠氏が竹島問題における“韓国の戦略”を解説「100年後には韓国のもの」
16日放送の「好きか嫌いか言う時間」(TBS系)で、東海大学教授の金慶珠氏が、竹島領土問題について持論を展開した。
 
番組では「日本と韓国で好きか嫌いか言う時間」と題して、日本と韓国の若者がスタジオに集まり竹島の領土問題について徹底討論した。
 
討論が白熱する中、坂上忍に見解を問われた金氏は「みなさん(の意見は)どれも正しい」と中立の立場をみせたうえで「領土問題については、国際法が一番大事」「残念なことに竹島・独島に関しては、サンフランシスコ講和条約に明確な規定がない」と指摘した。
 
そのうえで金氏は「日本人としては日本人の解釈がある、韓国には韓国の解釈がある」「お互い意見が食い違う部分がある」との見解を示した。
 
すると、弁護士の横粂勝仁氏が「(金氏は)韓国側の理論を、それらしく言われてますけど、だとしたら、国際司法裁判所と言って、領土問題を判決できる機関がある」「ただ、日本が訴えようと思っても付託には同意が必要な中で、韓国はずっと逃げてきている」と、韓国の姿勢を批判した。
 
ところが、これに金氏は「韓国がICJに行かない理由は『行くと負けるから』『やましいところがあるから』と、日本では当たり前のよういに言われてますけれども」「日本も韓国も戦略」「韓国の戦略はずっと『静かな外交』といって、この実行支配をずっと続けていく」「これが100年後、200年後なれば、国際法上も揺るぎない韓国のものになるという。そういう戦略です」と、日本の主張やICJの存在を無視するかのような、韓国側の戦略を説明した。
 
この話に、坂上が「じゃあ、実質的に支配していたら、そこはその国のものになっちゃうの?」と、疑問を呈していた。(2017.1.17 ライブドアニュース)
-------------------------
 
また出来の悪い東海大学教授の金慶珠がテレビに出た。今回のテーマは、今、韓国が売春婦像を建てると言っている「竹島」だ。
 
竹島に関して韓国側の主張や韓国で教えていることは全ては嘘だ、と断言しておきます。

その上で金慶珠は「領土問題については国際法が一番大事」と言ったので言わせてもらうと、韓国は国際法上、全く根拠なく竹島を不法占拠しているということだ。
 
日本は、1903年、漁師の中井養三郎が竹島に移り住んでアシカ漁を行い、翌年に竹島の領土編入と貸下げを願い出ると国際法の「無主地先占」に則り島根県に編入したのです。
 
この時、日本は公に発表しており、新聞にも掲載されて朝鮮も当然知っていた。しかし朝鮮は抗議どころか反応もなかった。
 
これに対して現在の韓国はこのようなことを言ってきた。
19042月に日韓議定書、8月には第一次日韓協約が結ばれ外交権を奪われて、当時の韓国は発言も出来なかった」と被害者ヅラした。
 
しかし、これは歴史を知っている人には簡単に反論できるものです。
つまり「当時は外交権が日本に奪われていた」と言うが「日韓議定書」は日本が朝鮮の独立と領土を保障し朝鮮防衛義務を負うもので外交権とは関係ないし、「第一次日韓協約」も財政と外交の外国人顧問を置くと決めただけで、これも外交権は関係ない。
 
日本は、周辺国に翻弄されて無知な朝鮮からやむを得なく「外交権」を得るのは、当時の米国も賛成していた「第二次日韓協約」で保護国にしてからであり、竹島編入の9カ月後の190511月からだ。
 
韓国の主張は全て「嘘」と断言しましたが、全てこの調子でデタラメばかりです。だから政府はその都度反論しなければ、嘘が独り歩きして広まってしまうのです。
 
金慶珠は「サンフランシスコ講和条約に明確な規定がない」と言っているが、サンフランシスコ講和条約第2条の日本が放棄した地域は「済州島、巨文島及び鬱陵島を含む朝鮮」とある通りで、実は条約調印前に韓国側からここに「竹島」も含めるように要求されたが米国が却下したのだ。
 
しかも米韓の最終交渉の決定を通達した「ラスク書簡」でも韓国は再三「竹島」を入れるように要求したが却下された。つまり「規定がない」というのは明らかに日本の領土だからです。
 
しかし問題はここからだ。
 
日本の講和条約発効前、李承晩が「李承晩ライン」を引いて「竹島は韓国の領土」と言い始めた。日本が何もできないのを知っていながら人のものを奪う行為だった。
 
戦後のどさくさに紛れて日本人の駅前の一等地を奪ってパチンコ店を開業したのも朝鮮人の人の弱みに付け込んでモノを奪う民族性なのだ。
 
この時、米国は「竹島は日本の領土」と認めていながら、まだ米国に施政権のあった竹島の李承晩ラインに対して何の対処もせずに、韓国が竹島を領有することを事実上認めたのだ。これが今に続く竹島問題の根幹なのです。
 
ちなみにサンフランシスコ講和条約では千島列島も日本に放棄させる一方で帰属を明記しなかったのは「この問題で日本とソ連(当時)が永遠に揉めることが我々の国益になる」と英国の外交文書に書かれている(現在、指定解除)。
 
日本の領土問題は米国や英国によってつくられたものだ、と言われているのはこういうことです。

もちろん日本政府が毅然と対応してこなかったことが問題を悪化させたのも事実です。
 
そして金慶珠が最後に言った。

イメージ 2

イメージ 3

「韓国の戦略はずっと『静かな外交』と言って、実行支配をずっと続けていく。これが100年後、200年後なれば、国際法上も揺るぎない韓国のものになるという。そういう戦略です」と。
 
つまり韓国は「竹島は時間をかけて奪う」ということであり、結局は日本の領土ということを知っているということを、この言葉が如実に語っているのだ。

・・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。 
竹島は明らかに日本の領土だ、と思った方はここをポチッとお願いします。

イメージ 2

この記事に


気ブログランキングに参加しています。 
まずはここをポチッとお願いします。 イメージ 2


イメージ 2
在日擁護の岩上安身

在日と反日左翼にとってこの番組は余程都合が悪かったようだ。
 
--------------------------
「今回のヘイトスピーチは凄まじかった」〜「ニュース女子」が辛淑玉氏に与えた深い傷!(文責・岩上安身)
201712日放送のTOKYO MX報道バラエティ番組「ニュース女子」が、高江のヘリパッド建設問題を取り上げた。その番組内容は悪意に満ちたデマをあたかも真実であるかのように取り上げ、平和運動に参加する沖縄の市民らを誹謗中傷するものだった。
 
「のりこえねっと」は確かに市民特派員を募り、現地から情報発信を続けていた。のりこえねっとは市民特派員に対し飛行機代相当の5万円をカンパで負担するとしているだけで、日当を支払っているわけでもなければ、運動家を送り込んでいるわけでもない
 
番組では、在日外国人に対する聞くに耐えないヘイト発言も飛び交った。
「のりこえねっと」の集会チラシには、報告者一覧に共同代表の辛淑玉氏の名前が連なっている。これを見た井上和彦氏は「びっくりしたのが、ここに韓国の方ですよね」と、わざとらしく驚いてみせた。

ジャーナリストの須田慎一郎氏は「この方々は、もともとは反原発、それに続いて反ヘイトスピーチと『職業的』にやってきて、今、沖縄に行っている」と主張、辛氏らを「プロ活動家」であると断じた。さらに須田氏は「辛さんってのは在日韓国・朝鮮人の差別と闘ってきた中ではカリスマなんですよ。お金がガンガンガンガン集まってくるというのがある」とまで述べている。

 
無責任に言いたい放題である。まるで下劣なネトウヨのネット上の掲示板がそのまま地上波で再現されているような内容だが、誰もこうした「ヘイトスピーチ」を咎めることもないまま、ヘイト丸出しのスタジオトークが延々と展開された
 
番組の放送から1週間が経った19日、IWJの取材にこたえた辛淑玉氏は深い傷を負っていた公共の電波で直接ヘイトスピーチを浴びせられたのだ。その精神的苦痛は計り知れない。
高江の市民運動に在日外国人が参加することを問題視されたことについて、辛氏は、「それは右翼だけでなく、多くの日本の人の疑問なんだと思います」と指摘する。

「市民集会に参加しても、『なぜ韓国人なのに』と聞かれることがあります。誰の中にも差別意識は無意識にあります。番組の出演者らは、そこに見事に働きかけたのでしょう。私はターゲットになったんだと思います。

在日外国人が沖縄の運動に参加することは、官邸前での抗議行動に埼玉県の人が行くのと変わりません。しかし、人々の中には、『朝鮮人が日本のことに口を出している』という漠然とした思いがある。こうした思いに対して憎悪の扇動を働きかけたという意味では、今回のヘイトスピーチには凄まじいものがありました」
 
「ニュース女子」は、のりこえねっとが特派員に「5万円」を支給して高江に派遣していることも取り上げ、「資金の出処はどこなのか」などと問題視した。
井上氏は「(お金の出処は)本当にわからないんですよ。のりこえねっとというところに書いてあって…」と応じたが、辛氏によると、「番組からは一度も、電話取材さえ受けたことがない」という。一方的に疑惑を向けておきながら、確認のための電話取材の一本もしない。これでよく井上氏は「ジャーナリスト」を名乗れたものだ

また、そんないい加減な情報を、自らも確認せず、番組内で「日当」と決めつけて発言し、進行した長谷川氏も「ジャーナリスト」失格ではないか。
2017.1.13 IWJ
--------------------------
 
経営難と言ってカンパを集めまくっていた岩上安身が率いるIWJ
 
この記事も、真実を報道された朝鮮人の辛淑玉を擁護し、一方でニュース女子と長谷川幸洋・井上和彦両氏には「ジャーナリスト失格」と言い切った。
 
しかし実は以前、参議院議員の和田政宗議員に岩上安身氏率いるIWJ ジャーナリズムにあるまじき捏造記事として「ジャーナリズムとしてやってはならない捏造です」と言われていた。
 
自分のことは棚に上げて他人を攻撃するのは反日左翼らしい。

 
イメージ 1
 

「のりこえねっとは確かに市民特派員を募り、現地から情報発信を続けていた。のりこえねっとは市民特派員に対し飛行機代相当の5万円をカンパで負担するとしているだけで、日当を支払っているわけでもなければ、運動家を送り込んでいるわけでもない」とある。

 

沖縄に送り込むのにわざわざ5万円も出してやるのだ。それを「5万円だけ」と軽く言っているが5万円は高額ではないか。しかも「運動員は送り込んでいない」と言うが「市民特派員」が運動員そのものではないか。

 
「無責任に言いたい放題である。まるで下劣なネトウヨのネット上の掲示板がそのまま地上波で再現されているような内容だが、誰もこうしたヘイトスピーチを咎めることもないまま、ヘイト丸出しのスタジオトークが延々と展開された」
 
彼らは「朝鮮人」のことを言うとすぐに「ヘイトスピーチ」と言う。アホか?
また朝鮮人の真実を言うと「下劣なネトウヨのネット上の掲示板」とレッテルを貼って朝鮮人のことを言わせないようにしている。しかしそんなことをやっても無駄だ。ネットでは真実を押えることは出来ない。

イメージ 3
 
さらにひどいのが「深い傷を負った」と被害者ヅラしている辛淑玉(上画像)の発言だ。
 
「市民集会に参加しても『なぜ韓国人なのに』と聞かれることがあります。在日外国人が沖縄の運動に参加することは、官邸前での抗議行動に埼玉県の人が行くのと変わりません。しかし、人々の中には、『朝鮮人が日本のことに口を出している』という漠然とした思いがある。こうした思いに対して憎悪の扇動を働きかけたという意味では、今回のヘイトスピーチには凄まじいものがありました」
 
「市民集会に参加しても『なぜ韓国人なのに』」「朝鮮人が日本のことに口を出している」ということに憎悪の煽動を働きかけた凄まじいヘイトスピーチと言う。
 
自分達に都合の悪いものは何でもヘイトスピーチにして発言を封じ込めようとする。
しかし、そもそも、外国人は政治に影響を与える活動は禁止されているのだ。しかも事は日本の安全保障であり政治的問題でもある。
 
つまりこれはヘイトスピーチでも憎悪でもなく日本で禁止されていることをするなということだ。
 
さらには「在日外国人が沖縄の運動に参加することは、官邸前での抗議行動に埼玉県の人が行くのと変わりません」に至っては全く意味不明です。何を言っているのかこの朝鮮人は、ということです。
 
・・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。 
ヘイトスピーチと言っても日本人が大人しくなることはない、と思った方はここをポチッとお願いします。

イメージ 2

この記事に


気ブログランキングに参加しています。 
まずはここをポチッとお願いします。 イメージ 2


イメージ 1

---------------------------
関口宏がネット世論に苦言「輪をかけて引っ掻き回すって状況が増える」
15日放送の「サンデーモーニング」(TBS系)で、関口宏がネット世論に苦言めいた発言を漏らした。番組では、米国次期大統領のドナルド・トランプ氏が記者会見の席上、大手メディアと対立している話題を取り上げ、出演者が意見を交わした。
 
その中で、津田塾大学教授の萱野稔人氏が「メディアも少し変わらなければいけないのかなという気がしています」と前置きした上で、米国メディアが「こんなひどい候補が大統領になるはずがない」という見込みで多くの事実を解釈した結果、トランプ氏の大統領当選を見誤ってしまったと指摘。
 
萱野氏は続けて、大勢がメディアに対する不信感を持っていると語り、「権力を監視するメディアの役割って確かにあるんですけども、メディア自身が権力になってしまっているという。かなり先進国の多くの人にとっては、そちらの方がむしろ問題だと思われている状況も一つ深刻な状況として受け取るべき」だと持論を展開した。
 
この話を受け、関口は真顔で「それに、ネットが輪をかけて引っ掻き回すって状況がこれからどんどん増えますからね」と、ネット世論が与える影響についても苦言めいた調子で指摘していた。(2017.1.15 ライブドアニュース)
---------------------------
 
日曜の朝だからか、なぜか視聴率が15%もあるTBS「サンデーモーニング」。
良識ある国民は「今日はどういう反日と捏造か」と反日と捏造探しで視る人が多いのではないか。
 
以前、ネットが普及していない時には、彼らの反日報道や捏造に気付いても、反論したり、捏造であると発信する機会がなかった。
 
しかし今では捏造やおかしな放送をすれば、すぐにネットで動画などがアップされて嘘が拡散されます。
 
すると彼らは隠ぺいに走るのだ。証拠動画や証拠画像を「違法」として削除要求したり、裁判に訴えると脅しながら、圧力で言論や表現の自由を押さえにかかります。まるで自分達が”権力者”であるかのようにです。
 
普段は正義ぶって「国民の知る権利」と言いながらも、自分達反日マスコミの捏造や嘘は隠して削除して国民には知らせないのだ。
 
今、ネットによって多くの国民がメディアに対して、公共の電波を使って反日と捏造のやり放題で、しかも世界的にも激安な電波利用料で高収入を得ていることに国民は鬱積している。
 
以前、サンモ二の製作会社は「スタッフ東京」という北朝鮮に闇送金した北朝鮮人のパチンコタイガーの「東洋コンツェルン」のグループだった。
 
特にこのサンモニのコメンテーターは関口宏の芸能事務所「株式会社三桂」の所属がほとんどだ。姜尚中、浅井信雄、浅井愼平、中西哲生、涌井雅之など、本来テレビに出るような人間ではないが、ここで出演して名前を売っているのだ。
 
さて、この日(115日)の放送では、コメンテーターの萱野某が「権力を監視するメディア自身が権力になってしまっている」と言った。
 
「メディアが権力になっている」のは事実だが、「メディアは権力を監視する」のは違う。日本のためにメディアがやるべきは日本をダメにしている反日勢力をしっかり監視して、それを暴き出して、国民に知らせることがジャーナリズムとしての役割であり、日本の国益にもなるのだ。
 
これに対して関口某は「ネットが輪をかけて引っ掻き回すって状況がこれからどんどん増えますからね」と言った。真実を暴くネットの存在、つまり自分達メディアが監視されるネットの存在で捏造が通じなくなっていることを危惧しているのだ。
 
それでも彼らは捏造やおかしな報道を続けている。
 
この日、岸井成格は共謀罪についてこのように発言した。
「実際にテロを実行しないで相談したりテロ資金を貯めただけで処罰されるというのが共謀罪で、基本的人権が侵害される。秘密保護法や盗聴法と一緒になってなぜそこまで監視社会を作るのか。テロという名目になっているが、テロ『等』となっており、あらゆるものに拡大解釈が可能で非常に危険」
 
イメージ 2

岸井某は自分が危険なことを言っているのに気付かないのか?
多くの一般人を殺害するテロの相談や、テロ資金を貯めて協力すること自体、危険極まりないのではないか。
 
今、そういう危険分子がわかっていても捜査も出来ないのだから、日本ではスパイ天国とともにテロ天国なのだ。テロを監視していくのは世界の常識であり、拡大解釈でも何でも、あらゆる手段を使って国民の命を守るのが国家の務めである。

一般人をテロから守る共謀罪制定を危険と言うこと自体、怪しい。岸井某こそ共謀罪の適用第一号になりそうだ。

 
・・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。 
サンモニの捏造はもう通用しない、と思った方はここをポチッとお願いします。

イメージ 2


この記事に


気ブログランキングに参加しています。 
まずはここをポチッとお願いします。 イメージ 2


イメージ 1


「教えてニュースライブ!正義のミカタ」(114日)で日韓合意の韓国側の釜山慰安婦像設置の不誠実な対応に日本人出演者が怒り心頭。これに対して金慶珠が反論した。
尚、番組では金慶珠などが「少女像」と発言しているが、「慰安婦像」「売春婦像」と言うべきでしょう。
 
------------------------
藤井聡:「慰安婦強制連行20万人が独り歩きしている」

イメージ 2

金慶珠:20万人が事実ではないというのはあちこちで聞かれます。では聞き返すけど、2万人だったらいいんですか?そこは数の問題ではない。それとなぜ慰安婦像に対して日本がウィーン条約を出してきているか。やはり日韓の間で一番食い違うのは少女像って一体何なんだ、ということなんです。韓国から見れば日本がここまでこだわるのは理解できない。藤井さんの話だとデタラメの象徴だと言った。韓国側にしてみれば記憶の象徴である。強制的に連行したのは事実あったこれは日本政府も認めています
藤井聡:「強制的に人さらいをしたかのように言われていますが、それは存在していない。普通に公募していた。今のソープランドの女性と同じ
金慶珠:「それに対してそこまで言うならば、そもそも合意できる問題じゃない。これは強制性というよりも、本人達の意志に反して行われた行為であり名誉の問題なんです」
 
司会(東野幸治):「日韓合意は、日本側は安倍総理がお詫びと反省の気持ちを表明し、10億円の一括拠出し、名誉と尊厳の回復と心の傷の癒しのための事業を行う、とし、韓国側はソウルの日本大使館前の慰安婦像を適切に解決されるように努力するとした。
これに対し日本は2016831日に10億円を「和解・癒し財団」に振り込み完了、これに対して韓国は20161230日に釜山の日本総領事館前に新たな慰安婦像を設置した」
ほんこん:「これ、韓国は日本と約束したのにケンカを売っているのか!」
金慶珠:「それはわかるが、じゃあ何を約束したのかなんです。日本の10億円の拠出と少女像の撤去は関連した話ではないんです。しかし2つとも大事な合意事項なんです。日本は10億円に物凄い注目しますよね。10億円払ったんだから少女像を撤去しろと。しかしその考えが韓国の国民の心に油を注ぐことになるんです。日本の結局カネでしょう、おカネ払ったんだから何とかしろよ、という話じゃないんです」
石平:これは、日本側は約束を守った。韓国は守っていない。今の話じゃ守っている日本が怒られる。守らない韓国が怒る。そんなバカな話があるか!

イメージ 3

金慶珠:「それは違う。韓国は10億円で癒しの財団をつくって、韓国の世論が厳しい中でも粛々とこの事業を営んできました。46名のうち34名が日本側の事実上の賠償金、日本側にしてみればお見舞金を受け取ることで履行してきた。しかし依然として12名が受け取らない。これは当事者ですから時間がかかる。問題は慰安婦像撤去ですよね。なぜこれは出来ないのか?それは二つあり、一つは韓国の政治空白で適切に対応できない。もう一つは日韓合意後、韓国政府は合意の意味を国民に説明していない」
 
イメージ 4

司会:「実際、日韓合意後、1年で賛成が半分になった。その原因は二つある。その一つが稲田政調会長(当時)の発言『少女像の撤去は10億円支払い拠出の前提』だという」
金慶珠:これが一気に日韓合意の本質をすり替えた発言で、これ以降多くのメディアでもこの話を前提に、なぜ10億円払ったのに少女像を撤去しない、ましてもう一つ少女像ができたとなれば皆さん怒り心頭になるでしょう。しかしそういう話ではないんですね。10億円は癒しの事業をして下さいということなんです。しかし(稲田政調会長の)これだと10億円で少女像を売った買ったの話になるんです

イメージ 6

藤井聡:「我々の率直な気持ちとしては約束したことですよ」
金慶珠:だからその約束の中に少女像の移転又は撤去は含まれていないんです
藤井聡:「努力すると書いてあります」
金慶珠:「そう、努力義務なんです」
:「それはおかしい」「おかしい」
金慶珠:「韓国としては努力義務以上は合意できない。もしそこで撤去とか移転という言葉を入れたら、そもそも日韓合意自体崩れちゃいますよ」
高橋洋一:「慰安婦像はウィーン条約違反ですよ。要するに10億円と関係ないんですよ。10億円をあげなくても撤去すべきなんです」
 
イメージ 5

司会:「二つ目が安倍総理が衆議院予算委員会で『追加のお詫びの手紙を出すつもりは』と聞かれて『我々は毛頭考えていないところでございます』と答弁したことが賛成を大きく減らした原因であるということですか」
金慶珠:「韓国世論はこういう言葉に感情的になるんです。この『毛頭』という言葉は韓国語に訳されると『爪の垢ほどもやるつもりはない』となるんです」・・・
--------------------------

何だ、この朝鮮人の金慶珠は。
韓国が約束を守らないことを話をすり替えて、日本の対応が悪いと言う金慶珠。

こんなのが東海大学の教授なのだ。学生はこんな朝鮮人に何を教わるのか。朝鮮式の筋の通らない屁理屈か。

イメージ 7
 
この後、モーリー氏が金慶珠の言い分に対して「まるで韓国社会が憤り続けることを目的としているようだ。解決を望んでいないようだ」と発言した。
 
すると金慶珠は「そういう発言がさらに韓国の世論を悪化させていくんです」と言った。大体、韓国世論は正しいのか?
 
とても付き合えきれない民族だ・・・

・・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。 
断交しかない、と思った方はここをポチッとお願いします。

イメージ 2

この記事に

開くトラックバック(1)

全509ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事