お前それ、ゾフィーにも同じこと言えんの?

主にウルトラマン・仮面ライダー・スーパー戦隊シリーズなどの特撮関係の話題を扱っていこうと思います。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
今回は、2005年に深夜特撮として放送された『Sh15uya(シブヤフィフティーン)』の感想記事です


「新垣結衣さんが出演していた!」という隠れた(?)事実ばかりが先行しているこの作品。はてさてその実態やいかに?





内容はwikipedia等も見ればわかるので詳しくは記述しませんが、要するに「バーチャルワールドで行われるストリート・ギャングの抗争&それに隠された真実を解き明かす」といった感じの内容。この時期にストリート・ギャングなんて流行ってたのかなぁ…?


作風やそのテイストは同時期の平成仮面ライダーシリーズに非常に酷似、というよりもほぼそのまんまという感じで、初期の平成ライダーシリーズを見慣れている人にとってはわりとスッと作品に入り込めると思います。


第1話からとりあえず“謎”を詰め込めるだけ詰め込んでだんだんと解明していくそのスタイル、一通りの内容は完結してるけどきれいに終わった感じがしないモヤッとした最終回、何事も小難しく考えて妙に退廃的なその世界観…。初期平成ライダーシリーズに通じる点もいくつかあると思います(まあメイン脚本家が米村正二さんですからね)。


のちに有名女優になる新垣結衣さんが出演されていることばかりに注目して観ると、ちょっとガッカリするかもしれません。


しかし、それらをカバーする上にこの作品に「凄み」を与えているのが、ビックリするほど迫力あるアクション


『牙狼』シリーズでアクション監督を務める横山監督がアクション監督をされており、階段から回転しながら転落・石膏ボードをかました壁に激突・アスファルトの道路に思いっきりたたきつけられる・ワイヤーにつられまくって思いっきり空中で演技させらるなど…、かなりの過酷なアクションが繰り広げられています


しかもこれがスタントマンの方々だけでなく、その役を演じられている本人らも積極的に挑戦。顔が見えるorカメラ近くで演技している場合はほぼ本人が上記のようなアクションをされているので、まさに「体を張っているなぁ」のひとことに尽きます


その他、メイン出演者や単発ゲストでは平成仮面ライダーシリーズに関わった俳優陣が出演。なるほど、確かに出演者が豪華だといわれる所以がわかります。


そして最終回。ラストシーンで映る光景は、彼らの空想かそれとも現実か―。






では最後に、エマ(演:新垣結衣さん)のキャプ画でもいくつか貼っておくことにしましょう


イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6





私の赴任地である田舎では、なぜか家から行ける範囲のGEOがびっくりするほど特撮系や普通のドラマのDVDの品揃えが充実 


今後気が向けば、こういった感想記事も時々書くかもしれませんね。








◎今日の特ソン◎


今日ご紹介するのは、2005年放送の『Sh15uya(シブヤフィフティーン)』主題歌「せヵゝι )σ おゎ└)です。


せヵゝι )σ おゎ└)」と書いて「せかいのおわり」と読む。記号を使って文字を表現するその曲名が、ガラケー全盛期だった当時を思い出させてくれます。


歌っているのは小枝さん。当時は実写版『美少女戦士セーラームーン』で主題歌を歌うなど、東映特撮と縁が深い時期でしたね。







 
 
 
 
 
 
 
 
それではまた次回、お会いしましょう!
 
 
 
 
 
 
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Twitterやってます。よろしければ閲覧&フォローの方お願いします→https://twitter.com/CTF_bongore_A

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事