なんでもDIY

なんでもDIYしてみようと思ってしまう、ただのサラリーマンです。

ヒートポンプ洗濯機メンテナンス

[ リスト | 詳細 ]

パナソニックNA-VR1000、3500の不具合などナド。。。
記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

ドラム式ヒートポンプ洗濯機NA-VR3500 乾燥時間が。。。

乾燥残り時間が40分表示のまま、なかなか終了しない状態に。。。( ;∀;)カナシイナー

その後約2時間経過すれば終了するし、衣類もちゃんと乾いているので故障ではありませんが、確実に乾燥能力が落ちてマス。。。

もう自分で清掃しないつもりでしたが、まだ乾燥出来るから故障ではないし、メーカーによる清掃は有料になってしまうラシイので、自分でやってみることに。

本体背面にヒートポンプがあるので、洗濯機を引き出します。

これが1番タイヘンな工程で、全体の1/3工程終了(;´∀`)

イメージ 1

背面のカバーを外せば、下にヒートポンプユニットがあります。

イメージ 2

あれ、ハコが黒い。。。

イメージ 3

ファンもヒートポンプ前から後ろに。。。

コレならファンにもゴミが付きにくく、風量が確保出来ます。

イメージ 4

入り口側は。。。やはりホコリが付いています。

でも、VR-1000に比べて格段に少ない量であります!

左側から入ってくるので、どうしても右側に循環風が偏ります。

ナルホド、この方法なら右側が詰まっても左側から風が通ります。その後、左側も詰まれば終わりですが。。。

イメージ 5

エバポレーターとコンデンサーが一体物になってます。サイズダウンと最大限の効率アップを図ったのでしょうか!?

コネクターを外して掃除します。

配管に亀裂でも入ったら冷媒ガスが抜けて使い物にならなくなるので、細心の注意を払いマス。

イメージ 6

指でペリペリ剥がれます。。。

イメージ 7

後はブラシと掃除機でゴシゴシ。。。

キレイになりました!!

イメージ 8

出口側は何もしなくてもキレイでした。

イメージ 9

試運転をすると、やっぱり乾燥時間が短くなりました!

※私は自己責任において分解清掃をしております。

開く コメント(14) ※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

開く トラックバック(0) ※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

NA-VR3500 結構つまってます。。。

ヒートポンプ式ドラム洗濯機のNA-VR3500が使用して1年3ヶ月経過しました。

イメージ 1


使ってて何も問題ないのですが、ふとフィルターユニットからドラム側を覗いてみると。。。

イメージ 2

おぉうっ( ゚д゚)結構つまってマス。

以前のように分解清掃するのはめんどくさいので、針金で引っ掻くと。。。

イメージ 3

こんなに出てきました(;´∀`)



イメージ 4

私は、ヒートポンプ式の特性上 仕方が無いことだと思って 納得して使用しておりますが、この分だと

この機種のフィンにも結構綿ホコリが付いてそう。。。

清掃後は、乾燥時間が短くなりましたねぇ〜


開く コメント(10) ※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

開く トラックバック(0) ※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

NA-VR1000が、完全に乾燥できなくなった。。。

だましだまし使っていた、我が家のNA−VR1000が2年8ヶ月で完全に壊れました。。。

症状は、乾燥のヒートポンプが発停を繰り返し、いつまでたっても乾燥が終わらない。という現象です。



終わったとしても、洗濯物はじっとり湿っています(;´Д`)

洗濯物を出し入れする扉のリミットスイッチが中途半端な場合も発停を繰り返すようですが、直しても相変わらず乾燥が出来ません。

フィンが詰まる。というより、他にも問題があるようです。。。

省エネで乾燥までしてくれるこのシリーズの洗濯機!今更普通の洗濯機には戻れません!!

現行機種に期待(,,゚Д゚) ガンガレ!

開く コメント(15)

開く トラックバック(0)

また乾燥出来なくなった。。。

我が家のNA−VR1000が、またまた乾燥が終わらなくなった。。。。

今度は残り20分からずーっとタイマーが減らない。

外気導入の弁が開いたり閉じたり、5分間隔で動作を繰り返している。

イメージ 1

サービスマンモードで運転回数を確認してみる。

洗濯回数は1,350回。乾燥回数は643回だけど、400回位でヒートポンプユニットを交換したので、交換後243回位。

またヒートポンプのフィンが詰まったか。。。

イメージ 2

コンプレッサーの回転数と最高回転数に上がるまでの時間を測定してみた。

4分52秒で、前回よりも30秒ほど時間が延びている。。。停止直後にやった為か、

直ぐに回転が上がり始めたけど、最高回転数に到達するまでの時間は長い。。。

前回と同条件ではない為、あくまでも参考にしかなりません。

またぶんか〜い。

イメージ 3

あれっ。。。!!??とってもキレイ。

カルアの毛が多いものの、前回みたいにフィンにこびり付いたホコリとは比べ物にならない位きれいだ。。。

イメージ 4

どうも原因はヒートポンプじゃないらしい。。。

次にフィルターユニットをぶんか〜い。

イメージ 5

やっぱり、ドラム側には綿ホコリがすごい。

イメージ 6

ジャバラ菅も。。。

イメージ 7

フィルターを入れるところも。。。

イメージ 8

ファンも。。。

イメージ 9

このような複雑な形をした菅の内部はどうやって清掃するかというと。。。

イメージ 10

ネジやナットを入れて、水と一緒にシャカシャカします。

イメージ 11

全て清掃!!

イメージ 12

この後ドラム内の洗濯水が循環する所のゴミを取り、清掃完了。

今回取れたゴミたち。左から、ドラム出口、ドラム内、ヒートポンプ内のゴミ。

イメージ 13

全部元に戻して、試運転。

コンプレッサーの最大回転数までの時間は3分50秒位で、1分ほど早くなってるし、前回よりも20秒ほど早くなってる。

生乾きだった洗濯物を乾燥させると、1時間ほどで乾燥完了。でも、まだちょっと乾燥が甘いような。。。

ん〜原因は何なんだろう。。。

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

洗濯ゴミ対策 その2


ゴミ取りの為にドア下の穴にスポンジを設置しましたが、洗濯、乾燥が終わってスポンジを確認

するとスポンジが無くなっている事が。。。

回転している洗濯物が当たって、取れてしまっているようです。

ならば、取れないようにひっかけを作れば良いじゃん!とのことで製作。
イメージ 1

右側のようにひっかけを作ったのを穴に挿入!
イメージ 2

10回ぐらい洗濯しましたが、全く取れなくなりましたヽ(´ー`)ノ
イメージ 3


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.

人気度

ヘルプ

Yahoo Image

 今日全体
訪問者28377538
ブログリンク026
コメント01003
トラックバック08
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

毎月60万ポイントをブロガーで山分け
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事