ボロ爺の末路〜〜〜〜焼け跡世代

古希も喜寿も無理やり通過、 生きてたら儲けもん、間もなく傘寿-----> 友だち登録で全書庫閲覧出来ます。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全189ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

徘徊中!







”海馬が爆発すると 岡本太郎になる” 

ってのは本当か?



これぞ正しく現代なのじゃわ。

トランプの脳味噌は海馬レス?

いや

”飼い葉”  じゃわい 

薄い髪は 

枯れ落ち葉!



おっさん

ちょっとも 思うようにならんから


爆発しよるでぇ〜〜


岡本には負けよると思うが・・・?

勝ったら地球の最後の日


わしの 墓馬 はどないしてくれる のんやぁ〜〜〜

法名も戒名も 無駄になるちゅうもんやがな・・・・・・・・・・・・・・


こら トランプ め 

正月まで 凹っこんどれ つう〜の!


お粗末
恐松













この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

あかん! 海馬までがボロ・・! 壊れてる!!



1週間も考えてもあかん・・・・



パァパァって閃いたロジックも歳には勝てん・・



10年以上、使ってない海馬を働かせてみたが、

何処がどうなったか???




耄碌?

稀勢の里パワーを貰うしか・・・





この記事に

開く コメント(7)[NEW]


死神の追っ手から脱出するには!

昨年は眩暈と癌発見の騒ぎの中で、
釣りは3月末に1度だけ出かけてますね!

今年は何度出かけられるかな?





高い処に仕舞っておいた道具を
引っ張り出し、
点検です。

高い処から脚立で降ろし作業したら、
腕伸ばし過ぎて胸の筋肉?筋?が引っ張れて、
またどっか骨付きアバラ肋骨廻りで
癒着剥離みたいなのが起こり、
熱持って痛んでます。

落ちなかったから大丈び

神経の痛みではないので日薬しか
我慢です。



イメージ 1

恍惚の人の道具仕立てです。

竿 3.9m 3.6m 3m の3本 仕舞寸法はMAX66cmです。

延べ竿は初期は出しません。



イメージ 2

極秘仕掛けが不足してます。
絶対に結べない針を何とか結ぶこの技。

SLIM針結び器は極小針を銜えられる様に改造を加えてます。

老眼鏡と鈎針などの道具を巧く使い、
秘作仕掛け用極細の糸と結んだ針です。

門外不出、本モロコ釣りの極秘自伝仕掛け作りを始めました。




ここまでやって肩がコリコリで一服。

春はまだかいなぁ〜












この記事に

開く コメント(7)[NEW]

注意!詐欺


03-4580-7548
PRAの悪質サイト&悪質業者の情報公開 BLOG
http://blog.livedoor.jp/pra_problem_solving/archives/874671.html
2017年03月13日 
03-4580-7548 0345807548 PCプラスサポート【遠隔操作はダメ】 
  悪質業者の最新情報が入りました。

イメージ 1


この記事に

開く コメント(4)[NEW]



最近、少し焦ってる感じがある。
余命も僅かになってきて、
きてる間にやって置きたい事をやってしまわないと  と!

ほとんど旅にも行かず、未だに東北も知らないし、
ましてや海外なんか知らない。

貧乏暇無し、
暇の有るときゃ金が無しですわ。




TVやネットの大普及で目からの情報が物凄く多い。

朝から深夜まで、
画面との生活が当たり前の時代になってしまって
現実とバーチャル・リアリティとの区別が曖昧になってしまってる。


目的地をネットで調べてみて、
道順から景色まで知り尽くす事が出来る今は、
夢でも見てるような錯覚をする事がおおい。


確かここは来た事があるのだがと、
どっちやったかと思い出すが、それ以上出てこない。


確かに来てないから記憶がない訳で、

まさに夢の世界をさ迷ってるような。


余りにもクリーンな映像を、
脳が錯覚をしてしまってるので区別がつかないようだ。

海外のビッグな景色やアフリカの草原も、
アマゾンの奥地まで行った事があるような・・・・・

だから、まだ行ってない所ってのが、
さほどの要求になってこないのかも知れない。



文字だけの文化からリアルな映像の世界は、
人間の脳さえも騙せるまでになってるようだ。

さほどの旅に出たい、観て置きたい要求も
若い時ほど無いと言うか、諦めも半分有るが、

サイエンスが
バーチャル・リアリティが
それを補ってくれてるようだ。



若い時、
アンコールワットを絶対に見ておきたいと思ってたが、

今は寝床の中で、空中からも
マウス一つでリアルに徘徊できるなんて凄い事だ。
だからもう行った錯覚が有って満足してるような変な感じだ。

残念ながら、屋内までもは無理ちゅうもんで・・・・



しかし観てないものに、如何しても観て置きたいものが有る。

それが心残りでイラついてる自分があるのだが、
それは金が有り余ってても観れないものだ。





時間は止まらないし、歳はあっという間に終着駅だ。

余命という絶対命令のような、生命の儚さを痛感する。

世界中、知り尽くしたとしても、

未来は観に行けない



願わくば、身体は死すとも、
意識の世界は生きていたいと無性に思う。




物凄い速さで世界は変化してゆくのを、
この目で見届けていたい要求がある。


無茶な要求なのは承知の上だが、
それを満たしてくれそうなのが、
現世の次の来世なのだ




来世に生きられたら、
肉体は死すともになってあの世から地上を
高みの見物が出来る訳だ。

そうなんです!
どうしたら来世に行けるかを真面目に考えるから、
悩みは尽きないし、
考えると絶対にボケない。




悩み続けてる間に、
更に歳いって肉体は脳は退化してゆき
何れはミイラになるのであるだろうと考える。



葬儀って習慣が無い世界なら、
どっかの片隅でミイラになっていられるかも知れないし・・・・


生き仏さまって
まだ生きておられるのだろうか?
と考えると訳が判らなくなってくるからおもろい。



新潟にお祀りしてある ある生き仏さまとご対面した折、
ミイラは生きてるように恐ろしい気がしたのは
やっぱ生きておられるのだろうか??

(ミイラ 即身仏とは
仏海上人  観音寺  新潟県村上市肴町明治36年(1903年)76歳
昔の話なので、今はもう公開禁止で、拝観してないようですね。)





医者が、”ご臨終です”と宣言すれば
死の世界に行くのが現世の慣わしであるが、
ほんまにそこで死すのだろうか??



魂は2日ほどはその場に様迷っていて、
線香に送ってもらうらしいが、ほんまかいな??




人は焼き尽せばほんまに無くなるのか?

あの火葬場の鉄の扉が、

ばぁ〜〜んと閉じる音は、

この世との別れの場面なのだが、

あの扉の向こう側に入る我は、

どうすればよいのやら・・・・・・




考えると、オチオチとは生きてられないのだが・・・・・
深夜の徘徊も日課になってきて、
眠れない時は、書き倒すのが良いかと・・・・



しかし ほんまは、そんなに悩まないで死ねるのです。




その頃は、
ボケも頂点に達し、
究極の恍惚の人になって徘徊し、
人様にご迷惑掛け捲ってますが本人は判らないので、

安心してても良い訳だ!




旅をしたいって事は

深夜に高速道路を裸足で徘徊するって

そういう事なのかも知れない・・・・・・

明日は何処に行こうかって!


(思った事を走り書きしただけ)



この記事に

開く コメント(7)

開く トラックバック(0)

全189ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事