ここから本文です
Round Trip To *.*
食べてばっかり...(笑)のオサーン日記
ちょい前回の記事を踏襲
(手抜きとも言う....)

博多と言えば

豚骨ラーメン〜(°▽°)

ですよね〜

昼食にしてもヨシ、呑んだ後の締めにもヨシ!

じゃあ朝食にしてもよくね?!


ってんで!

イメージ 1


こんな時間に開いてるお店はあるかなぁ〜と検索した結果10時から開いていたのが博多駅の地下にある「名代 ラーメン亭」さん〜

イメージ 2


前から存在は知っていたんですよ。

イメージ 3


あのグルメ漫画にも登場していました。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6


比較的ドッシリとしたスープはどちらかといえば朝食よりは昼食向きかな。

でもね、呑んだ後の締めにまた寄りたいなぁ(・Д・)ノ

結局そこかいっ!!

この記事に

まるうま@福岡市博多区

博多と言えば

豚骨ラーメン〜(°▽°)

ですよね〜

昼食にしてもヨシ、呑んだ後の締めにもヨシ!


じゃあ朝食にしてもよくね?!

ってんで!

イメージ 1


こんな時間に開いてるお店はあるかなぁ〜と検索しようとしたら....灯台下暗し

イメージ 2


駅のホームにありました(´∀`*)

イメージ 3


まるうまさん〜

たぶんJR九州の運営だろうね
。だからという訳ではないんですが、失礼ながら「大したことないかな」と思っていたらこれが案外いけます( ̄▽ ̄)


イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6


クセのないあっさりしたスープは昼食にしてもヨシ、もちろん朝食にしてもヨシでした。
素ラーメンっていうシンプルさもヨシですね。


イメージ 7

イメージ 8


さて呑んだ後の締めにまた寄ろうっと(・Д・)ノ

この記事に

番外編 : GHN発 MPK行き

国際的に空港には「空港コード」というものが決められています。

イメージ 1


空港で手荷物を預けた時のタグにも書かれていますが、例えば羽田はHND、成田はNRTとなります。

イメージ 2


さて今日は IDKにやって来ました。
...って何処よ_(・_・

イメージ 3


そうココは板付空港で〜す〜
(-_-;)はっ?

イメージ 4


でもお年寄りとかそう呼びますよね?

イメージ 5


米軍から返還された空港は今ではFUK「福岡空港」として滑走路1本の空港では最も離発着の多いまでになりました。

イメージ 6


そんな状況を改善すべく待機滑走路を作る工事が行われていまして慣れ親しんだターミナルビルが色々と変わってきています。

イメージ 7

イメージ 8


その一環で新しいフードコート
「the foodtimes」がオープンしています。

イメージ 9

イメージ 10


因みに井手ちゃんぽんのカツ丼専門店とかスーラーメンまくりとか気になるお店ありましたね。

イメージ 11

イメージ 12


ちょっと呑んできた( ̄▽ ̄)

ANZUのローストビーフ

イメージ 13

イメージ 15


まくりの餃子
イメージ 14



またフードコート以外にも色んなお店出来てました。

イメージ 16


ターミナルビルも2019年には改装を終えるようです。

イメージ 17


これからは空港に飛行機乗る以外に御飯食べに行くってのもアリかもしれません。

その場合は空港コードは
GHN(ゴハン)だな...

行き先はもちろん
MPK(満腹)(°▽°)

この記事に

大阪駅近くで食べたこちらの餃子

イメージ 1

イメージ 17


酔ってたせいもあり
「この餃子なら九州で出したらヒットすると思うよ」

イメージ 2

イメージ 3


なんて通ぶった事を言ったらあっさり
「福岡に支店がおまっせ」って.........(°▽°)

赤っ恥ですな(>_<)

そういう訳で罪滅ぼしに福岡の支店に行ってきました。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6


お店は水鏡神社の鳥居横から赤煉瓦文化館に抜ける小路「博多名物うまかもん通り」の中にあります。

イメージ 7

イメージ 8


ちゃんと「浪花」って書いてある( ´Д`)ひとくち餃子の冠がついたチャオチャオさん〜

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 12



この日はランチタイムに行きましたので定食でいただきます。

イメージ 11


もちろんランチタイムだけど生ビール吞みま〜す(°▽°)

イメージ 13


タレが酢醤油以外に味噌なんかもありますね。
それぞれで試してみます。

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16


因みに大阪は羽根つきでしたが、こちらは羽根なしですね。
薄い皮やひとくち餃子の割には大きいところは九州とは違いますね。
餡もニンニク入りにしたのでパンチがきいてました。

「この餃子なら全国で出したらヒットするよ」

http://gyozaya.com/chao/shop/

(北は北海道から南の沖縄まで店舗展開してましたわ)

恥の上塗り(>_<)

この記事に

来々軒@熊本県玉名市

久留米に源流がある玉名のラーメンはやがて熊本ラーメンの基になりました。

イメージ 1


そんな歴史のある玉名ラーメンをこの日イベント(玉名市産業祭)で訪れたブースでいただきました。

イメージ 2


特製の辛脂の入った辛麺
麺は玉名産小麦使用です。

イメージ 3

イメージ 4


因みに「玉名ラーメン感謝祭」でもあるようで、催しのテント店とは思えない本格的な豚骨スープにモチモチのストレート麺

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7


そして特徴であるニンニクチップがガツンと効いた一杯でした。大人気だったようでお昼過ぎには売り切れていました(゚д゚lll)

イメージ 8



これで勢いがついたので(^_^)v

 今度は玉名駅近くにある来々軒さんへ来ました。

イメージ 9


いわゆる2次会ですっ( ̄∀ ̄)

イメージ 10


先ほどはニンニクチップは入れるかどうかを聞かれるスタイルだったのですが(玉名はこういうお店がほとんど)こちらはテーブルに据え置きで自分で追加でした。

イメージ 11


参考 : 以前記事にした玉名ラーメン
http://blogs.yahoo.co.jp/bossaalamode/55613173.html

イメージ 13

イメージ 12


さて、こちらでも辛味をチョイスです。メニューにも書いてあるようにこの油が海鮮のお出汁なんかも使っているそうで、コクがあります。

イメージ 14

イメージ 15


辛味の下からは甘みのある豚骨スープが現れます。更にニンニクチップを加えると香りもたちます。

イメージ 16

イメージ 17


普通ここまでやると「どぎつい」と思われますが、これが不思議とアッサリでもあるんです。

イメージ 18



いやぁ美味くてたま(な)がった(。-_-。)

こちらのダジャレはアッサリと失敗.......

イメージ 19

イメージ 20


さて連食で辛いの食べたので帰りは「つかさの湯」で汗を流して帰りました。ここも良い温泉でした。

イメージ 21


玉名ってたまんない〜( ̄▽ ̄)

まだやるか(-_-;)

この記事に

南陽@佐賀市

What day is today?

イメージ 1


例えば海上自衛隊の艦船では洋上で曜日の感覚を忘れないように金曜日はカレーを出すそうです。

イメージ 2


さて今回は佐賀駅に来ました。

佐賀県はそのノンビリとした雰囲気で曜日の感覚を忘れそうになりますから(*´Д`*)カレーを食べます。

What day is today?

因みにメニュー
イメージ 3


辛さを選ぶのじゃなくて上の方が辛くなるそうです.....

本当はインドカレーにしたかったのですが、クルマで来ていたので生ビールを頼めない事から諦めました。

つまり.....
(ここ今回のハイライトですよ)

生を捨てた = ナマステ

(ノ;ω;)ノ ┫:・'.::・┻┻:・'.::・
インドの山奥で修行して来ます....

イメージ 4


ビーフカレー
もちろん( ̄▽ ̄)大盛

イメージ 5

イメージ 6


福神漬けと干し葡萄もあり
イメージ 7

イメージ 8


マイルドな家庭的なカレーでしたよ。

ところで
What day is today?
(翻訳 : 今日何曜日?)

イメージ 9

イメージ 10


店名が「南陽」さんだからね.....

クワッ (ノ`Д´)ノ-----┻┻ -3-3
佐賀の山奥で修行して来ます....

What a fool I am !

この記事に

「隣のカキはよく客食うカキだ」

あれっ( ゚д゚)なんか違う?

あっ!(*´Д`*)

イメージ 1


「炭火のカキはよく客襲うカキだ」

イメージ 2


そうなんです。
たまにバチッという大きな音とともに殻が跳ねるのが難点ですが、それも牡蠣小屋の魅力なのかな?

イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


今回は糸島や太良町に行かなくても久留米市内で手軽に牡蠣小屋の気分が味わえる「炭火焼き カキハウス 丸ちゃん」に来ました。

イメージ 6


先ずは牡蠣を焼きます。

食べます。身が赤坂小町....いやプリプリです。
(わかる人少ない音楽マニアネタ)

イメージ 7


イメージ 22


もちろん!
"下記"の飲み放題は欠かせません(*´Д`*)

イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


牡蠣だけでなく海鮮焼きも開戦します。

イメージ 12


イメージ 13


イメージ 14


そして出ました!!

イメージ 15


飛び道具の"火器"の如くな「海鮮鍋」

イメージ 16


イメージ 17


イメージ 18


(カキカキ"書き"たいだけですわ...まるでガキ)

イメージ 19


なおご同行頂いた女性はガッキーに似てな....逃げるは恥だがココは逃げるが役に立つヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

イメージ 20


締めは焼きオニギリ

夏季には嬉しいアイスのデザート
これだけ写真が無い(´-`).。酔ってたな

さて書き手のブログの締めです_φ(・_・

今回のお支払いは

イメージ 21


もちろんキャッシュ!で

だって

牡蠣現金.........( ̄▽ ̄)

逃げろ〜(*´Д`*)

やはり
逃げるは恥だが役に立つ

この記事に

大阪紀行___おまけ

よくある表現に「3大 なんとか」
ってのがありますね。

例えば

3大ラーメン
味噌
醤油
豚骨

3大美女
クレオパトラ
楊貴妃
佐々木希( ̄▽ ̄)

こういう例えには個人の主観が入ってる場合もあります...

こちらは正統で

3大中華街
横浜
イメージ 1


長崎
イメージ 2


ここまでは行ったことあります。

そして神戸〜♪
泣いてどうなるのかぁ〜♪(・・?)
イメージ 3



大阪行ったついでに
訪れたことの無かった神戸の中華街にも足を運んでみました。
イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8



横浜や長崎にも飲茶などを店先で売っていましたが、ここ神戸が一番そういう場所が多いかもしれません。
イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


ちょっとずつ摘みながら
目的のお店を探します。

イメージ 12


イメージ 13


因みに北京ダックや満漢全席ではなく食べたかったのは餃子(^。^)
あえて王道の中華ではない...
ねっ個人の主観って様々でしょ(笑)

イメージ 14


イメージ 15


こちらの「ぎょうざ苑」さん
創業が昭和26年の老舗です。

ところで餃子のタレといえば

3大調味料
お醤油
お酢
ラー油

イメージ 16


ですが、こちらは日本でただ一軒「ラー油を置かない」お店と名乗っています。

イメージ 17


イメージ 18


そう、実は味噌ダレ発祥のお店でもあるのです。

イメージ 19


イメージ 20


焼き餃子とスープ餃子
そして王道のビール(^^;)

タレは甘くない味噌味で濃厚なのですが、餃子も負けてないです。何でも餡の隠し味は神戸牛だとかd(^_^o)

あっ(`・ω・´)

神戸といえば
神戸牛!!
隠し味でなく塊でいただきたいところでしたが

オサーンの3大弱点が
◯◯(高いところ好きです)
頭髪
貧乏

何せ予算が(;ω;)

神戸〜♪
泣いてどうなるのかぁ〜♪(・・?)

こうなりましたっ( ̄^ ̄)ゞ

イメージ 21


神戸牛を使ったコロッケ!

イメージ 22


イメージ 23


90円也〜

そんなお値段なのにその美味さに ...."こうべ"を垂れました。


イメージ 24


イメージ 25


イメージ 26

タワーサイドメモリー

(解った人はユーミン通)

この記事に

大阪紀行続き〜

イメージ 1


◯◯と煙は高いところが好き( ̄▽ ̄)
オサーンマジで◯◯

梅田スカイビルの空中庭園から前日食べ過ぎ呑み過ぎた大阪の街を見下ろします(-.-)

イメージ 2


イメージ 3


そのまま一気に173m下り降りビルの地下へ....

イメージ 4


イメージ 5



ここの昭和レトロな食堂街「 滝見小路」の中にある「きじ」さんでお好み焼きをいただきます。

イメージ 6


イメージ 7



実は本店が大阪駅の「新梅田食堂街」の中にあるんですが、この日は定休日...
そこで支店のあるこちらにやって来たというわけです。

イメージ 8


さてこちらのお好み焼きは出来上がるまで大変手間がかかってます。
イメージ 9


イメージ 10


その工程が底の部分と蓋の部分が分けて焼かれるんです。

イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13


そんな職人技を見ながら出来たのが、モダン焼きとスジ入りのハーフ & ハーフ

イメージ 14


ソースもさることながら生地の出汁が際立っていて、九州ではまず無い味わいです。

イメージ 15


イメージ 16


まさにゴールデンハーフ(=゚ω゚)

チョット・マッテ・クダサイ
(解った人は昭和歌謡通)

新梅田食堂街デハ
うどんタベマシタネ
隠すの良くない..

イメージ 17


イメージ 18


ここのうどんもお出汁が抜群に美味かった。大阪は出汁の文化っていうのを実感です。

そうとなれば出汁の集大成!を味わいに行きましょう。

イメージ 19


イメージ 20


福島にある「花くじら」さん〜

イメージ 21


イメージ 22


行列の出来るおでん屋さんです。此処は凄かった。お出汁が尋常じゃないくらい美味

イメージ 23


イメージ 24


イメージ 25


イメージ 26


イメージ 27


コクがあるのにしつこく無い。そして熱燗にぴったりなおでんを堪能です。

イメージ 28


イメージ 29


酒なら一升呑めますが、こちらのお出汁も一升いけると思いますヽ(´o`;

そんな大阪

イメージ 30


"一生"の内もう何回かは行きたいなぁ〜
そんな思いで新幹線に乗って大阪を後にしたのでした。

イメージ 31


もちろん551と"一緒"にね(^。^)

イメージ 32


あっ!なんで大阪行ったんだって?

うーん...ヒントを"だし"ます。

イメージ 33


梅田スカイビルからこんな光景が見えていました。

バレてるモン( ̄(工) ̄)

イメージ 34

この記事に

ジャンジャン〜
イメージ 1


気が向いちゃいました(^^)
イメージ 2


今回は特別編として大阪紀行をお届けしますね〜

◯◯と煙は高いところが好き( ̄▽ ̄)
イメージ 3


日本一高いビル「あべのハルカス」のヘリポートから大阪の街を見下ろします。
イメージ 4


イメージ 5


高いところに登ると足元がフワフワしますよね?

今回の旅のテーマはフワフワに決定で〜す♪
イメージ 6


イメージ 7


さあ、夜景の煌めきの中にどんなに美味いものが煌めいているのか!期待が高まりますね。

先ずは大阪らしい粉物から
イメージ 8


十三にあるねぎ焼き発祥のお店「やまもと」さんでスジ入りのねぎ焼き(^^)
イメージ 9


因みにお好み焼きとは違いキャベツの代わりにねぎが入ります。
イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13


食感がとにかくフワフワ〜

次も大阪らしいと言っていいのかな?
お店構えがもう...
イメージ 14


何せ道路端で営業
イメージ 15


イメージ 16


立ち呑みで隣は墓場((((;゚Д゚)))))))

京橋にある「居酒屋とよ」さん〜
イメージ 17


ここでは泣く子も黙る3点セット「ウニ、イクラ、鮪の中トロ」等を摘みます。
イメージ 18


もちろんセルフですが、ビールと焼酎ハイボールを呑みます( ̄▽ ̄)
イメージ 19


イメージ 20


イメージ 21


イメージ 22


鮪の上にウニとイクラを乗せて幸せフワフワ〜♡
イメージ 23


忙しく動き回る店員のお姉さんも可愛い〜(^ ^)
イメージ 24

ココロもフワフワ(=゚ω゚)
イメージ 25


イメージ 26



こちらは大将が豪快にファイアァ〜!で炙った鮪の頬肉
イメージ 27



筋の無い半生の身がホッコリとしたフワフワで美味い

大阪えぇでんなぁ〜

ほな、ピッチあがったところで次に行きまっせ〜

そう大阪旅行の極め付け!
こてこてな浪速でんがな

(この辺りで周りに感化されて口調が変わってきた)
イメージ 28


フワフワいうたらたこ焼きや
イメージ 29


イメージ 30


吉本新喜劇の横にある「わなか」有名やな
オヤツ替わりや( ̄▽ ̄)

ふぐ提灯やら通天閣見ながら次行くで〜
イメージ 31


イメージ 32


イメージ 33


泣く子も食べる串カツの超有名店
「だるま」さんやで〜
イメージ 34


イメージ 35


イメージ 36


串カツもフワフワに揚がってまっせ。もちろんソース2度漬け禁止やっ!
イメージ 37


イメージ 38


スマートボールで遊んだらまだ行くで〜
イメージ 39


イメージ 40


大阪いうたら食い倒れさかいな

イメージ 41


こんな大衆酒場もらしいやろ

イメージ 42


イメージ 43


イメージ 44


イメージ 45


フワフワの出汁巻美味いし何でも安いわ(°_°)

(/◎\)ゴクゴクッ・・・
(●´)З`)))モグモグ

よぉ食べた、よぉ呑んだ。
イメージ 46


イメージ 47



イメージ 48


ほな道頓堀見てから帰りまっか

イメージ 49



こらっ!右に乗らんかいっ(`・∀・´)

大阪の人に怒られたわ

イメージ 50


って....オサーン

もう

フラフラや(@_@)

二日酔いの次回へ続く.....かな?
フレフレ o(・x・)/オサーン

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事