くだらないけど好き

小さな幸せを積み重ねる人生でありたい

全体表示

[ リスト ]

のだめ7話

今回は、なんか盛りだくさんの回でした。
でもやっぱり、のだめは変態、というよりちょっと変わってるけど普通の女の子ですね。
それはそれでいいか。

ハリセン江藤はいい味だしてます。
俳優の名前は忘れてしまいましたが、色んなのに出ている人、名脇役といったイメージ。
ガラの悪い関西人と、感情豊かな芸術家のバランスを、絶妙に且つ面白おかしく演じていて、適役☆です!
挟まってる時の顔とおなら体操が最高!ああいうのをわざとらしくなく、笑わせてくれるのって、上手な人しかできないです。

西村雅彦演じる谷岡先生は、一見やさしそうに見えるけどああいうタイプなんですねー。ドライです。

瑛太演じる峰も、好きです。
最初、ドラマ始まる前にキャスティングされたときは「峰のイメージにしては格好良すぎねーか?」という意見が散見されたと記憶していますが
先入観のなかった私は素直に見れています。
たしかに、よく見ると美形ですが、玉木とは違った雰囲気でああいう3枚目も似合っていると思う。
一生懸命で、一度忠誠を誓ったらなかなか離れない、犬のようでカワイイです。

あんなにも漫画で人気を博している作品が、ドラマでも同じように成功を収めている秘訣は何か?
脚本とか、全体の雰囲気とか、いろいろあると思うけど、やっぱり当たり前ですけどキャスティングって重要ですよね!
このあたりは、漫画のイメージを大切にしたい!と思っている人には賛否両論だと思いますが、
あのシュトレーゼマンだって、竹中直人だからこそあそこまで強烈に印象に残ったというか・・
普通に外人を起用しないあたり、スタッフの気概を感じます(笑)。今回も、CDのジャケットに笑ってしまいました。

そうはいっても、やはり漫画あってのドラマ、キャラクターなわけで。
シュトレーゼマンで驚かされたと思ったら、黒木くんや菊池くんなどのジャストミートな配役はファンの心を鷲掴み★なワケで。

原作がない作品、って普通にドラマですが、そういう作品がキャストでどーこー言われることはない。あんまり。

のだめの番組製作Teamの素晴らしさは十分理解した!こんなに漫画と相乗効果を発揮している作品も、あまり見ないし。
願わくば、のだめの続編を・・・!いや、これで潔く終わったほうがいいのかも・・

なんだか、第7話の感想を書くつもりがすっかりキャスト分析になってしまいました。

7話は、8話以降の伏線引き回、ってカンジがしました(笑)
のだめが純粋に幼稚園の先生になりたいのなら、別にいいのでは。。という個人的意見は置いといて。
天才は、周りがほっとかないからツライですね。特に自覚がない場合。
でも、のだめが千秋とシュトレーゼマンの競演ラフマニノフを見たときの表情からして、もう少し押せば何か変わりそうですね。
やっぱシュトレーゼマンの「このままでは千秋と一緒にいられません」という台詞でしょうか?!引き金になるのは。

のだめの演奏シーン、もっと見たい!!

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事