奇人Whiteの奇妙な日記

【体調不良により休憩中】精神科薬害患者のブログ。主な話題:リスパダールの解毒、断薬、筋トレ、精神科批判、向精神薬ほか

全体表示

[ リスト ]

リチウムなんか飲めるか!( リーマス) ケータイ投稿記事

リチウム(リーマス)の話題/改訂版
(注意:リンクは携帯電話(iモード)用に変換されていて正常に表示できない可能性があります。)

あまり薬批判ばかりやっていると専門家からお叱りを受けるかもしれませんが、仮に私にリチウムが出されても飲みたいとは思いません。
リチウムの有名な副作用として甲状腺機能低下があります。甲状腺ホルモンが減少します。
ところで甲状腺ホルモンは成長ホルモンの分泌に関連し、又、色々な組織に対する成長ホルモンの作用を増強します。(新生理学/文光堂)
成長ホルモンなどの低下と肥満は関係がありますが、リチウムの副作用にも肥満があります。リチウム療法の副作用と成長ホルモンは何らかの関連性があるかもしれません。

ヒーリー精神科治療薬ガイドには「いったん双極性障害と診断されると、ほとんど一生気分安定薬(リーマス他)が必要であるかのように言われるが、これを支持する何のエビデンスもない(160頁)」と書かれています。
リチウム療法とは何なのでしょうか?
リチウム療法に関する本をいくつか紹介させていただきます。

●天才の脳科学 創造性はいかに創られるか
ナンシー・C・アンドリアセン/青土社
http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html/ref=redir_mdp_mobile/378-6416114-4708550?uid=NULLGWDOCOMO&a=4791763408
リチウム療法と創造性について少し書かれています。

【(リチウムが創造性に与える影響の)唯一最良の研究は、炭酸リチウムによる躁病の治療開発の創始者であるモーゲンス・ショーが1979年に発表した研究である。彼は双極性の患者である一群の芸術家について、その生産性と質を調べた。そしてリチウムに対する反応から三群に分けた。
第一のグループは生産性が大きく改善した人々だった。これらは非常に強い双極性の病態で、リチウムによりその創造性を発揮する能力が改善した。
第二のグループは、ほとんどその創造性に改善も影響もみられず、良くも悪くもならなかった。ショーは、薬剤を飲まなかったのではないかと疑っている。
第三は、創造性に低下がみられた。これらの人々は、躁状態で高まった創造性から得た洞察に依存していた傾向があった。第三のグループについては、躁状態を治療することから得られる利益と、治療の結果としての創造性の減少という損失の二律背反が問題になる。こうした問題はおそらく個人ごとに検討する必要があるだろう。】

【(リチウム療法による)生産性と安定性の上昇は、代わりに詩人の能力をやや犠牲にしたかもしれないが、(ロバート・)ローウェル自信は詩人としての能力の低下よりも、リチウムのおかげでどれほど助かったか強く感じているようだ。】

【創造的な人びとの多くは躁病や鬱病は創造的な過程の敵だと感じている。症状がひどく長引くと創造的な人々も治療を望む。しかし個人個人を治療している医師たちは、配慮と細やかさと敬意をもって進まなければならない。
治療しすぎ(投薬しすぎによる創造性の障害)と、治療不足(投薬不足による創造性が妨げられるほどの症状)のバランスが必要なのだ。
目標は、創造性を犠牲にすることなく症状や苦痛を軽減することにある。目標はまた、自殺によって尊い命が失われないようにすることである。創造的な人々の精神病の治療をする使命を担う人々には、「まず第一、害をなさないこと」という医師の標語が重要でかつ努力すべき目標である。】

-でも精神治療で余計なダメージをうけた人はたくさんいます。向精神薬と自殺との関連も囁かれてさえています。「まず第一、害をなさないこと」なんて守られていないじゃないですか!!!!!

●禁じられた愛 それは愛なのか、それともレイプだったのか?
メアリー・ルトゥルノー & ウ゛ィリ・ファラウ/日本文芸社
http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html/ref=redir_mdp_mobile/375-8335626-5202925?uid=NULLGWDOCOMO&a=4537026871
13歳の教え子と関係を持った34歳女性教師が性犯罪者として捕らえられ、精神鑑定で躁鬱病と診断された時の彼女の感想を以下に引用します。

【鑑定報告書が提出されたとき、〈まとめる〉と言った意味がわかった。たしかに〈まとめ〉がなされていたのだから。あたしにナルシシズムの傾向があるというのが主旨だった。あたしはまんまとはめられたという気がした。なぜあたしの抱いている自尊心がナルシシズムになるのかしら?あの精神鑑定医は健康なナルシシズムということを聞いたことがないのかな?あたしは思わず首をひねった。
ナルシシズムがどんなことかわかっていた。ナルシシズムの傾向がある者は他人に感情移入できないのだ。自己に夢中になるあまり、他人が見えなくなるか、共感できなくなるのだ。あたしの気質とは大違いだ。
幼年時代から、あたしは自己中心的だと言って非難されたことはいっぺんもない。学校教育の期間を通して、共感能力が高いという評価を得ていた。あたしはナルシシズムの鑑定を否定すると、また首をかしげた。なぜあたしに寄ってたかってレッテルを貼りたがるのか?どうしてウ゛ィリとの離れがたい関係を理解しようとしないのか?】

【あたしが躁鬱病を患っているとみる精神科医の数は多かった。ある精神科医の話では、重篤躁病質の人びとはナルシシズムの傾向があると評価されがちだという。また、別の精神科医の話では、躁鬱病には六種の基本形があって、重篤躁病はせいぜいその一つの形にすぎないという。この精神科医はこうも語った。
「もちろん、精神疾患を負って生まれたい人なんていないわ。でも重篤躁病ならまだしも生まれ甲斐があるわね。重篤躁病質の人はつねに身にあまる幸福を感じているから、つい調子がうわずりがちなのよ」
あたしはこの精神科医のことばをなるほどと思って聞いていた。たしかにあたしは自分が正常だとか、異常だとか思っているわけではない。それでもどうして他人は自分のような賢明な見方をしないのか、よく首をかしげるのだ。】

-そして結局彼女は何らかの投薬を受けさせられることになります。

【博士は躁鬱病の問題があると確信していた。あたしは投薬治療を受けることに同意した。だが治療を始めて一週間足らずのうちに髪が抜け落ちだしたのだ。刑務所のシャワーで洗髪してリンスしていると、大量の抜け毛が手に残っていた。まるでガン患者が化学療法を受けているようだった。
髪が抜け落ちる不安を抱えながらも、二週間の投薬治療を終えなければならなかった。抜け毛に加えて、時間がゆっくり経過するようになりだした。やがて記憶に混乱が生じた。いつもは記憶力がよく複雑な考えをまとめることも得意だったのだ。それだけに何かしている途中で、頭の中がまっ白になるのがいちばん怖かった。】

-私ならこんな薬は絶対飲みません!!!!!

この記事に

閉じる コメント(5)

リチウムを飲んでいますが〜
ここで紹介して下さった副作用ですが、まず、甲状腺機能低下は経験していません。リチウムは中毒など重篤な副作用があるので、定期的に血液検査を受けています。前回の診察で検査を受けたばかりなので、過去の甲状腺機能の数値と比較して検討してもらうことにします。
それと、肥満に関しても、あまり自覚がありません。抗うつ薬を飲んでいる時は体重増加を経験しましたが、リチウム単剤になってからは特に意識してませんね。双極性障害の場合、デパケンが処方される場合も多く、デパケンの体重増加はけっこう聞きます。

2010/7/6(火) 午前 8:30 [ ]

リチウムと創造性の関係については、私もいろいろ考えましたが、今は特に問題を感じていません。私が気にしていたのは、リチウムを飲むことで創造性が失われることでしたが、安定して創造力を発揮できるようになったと思います。それと、リチウムを飲んで思ったのは、頭の中がスッキリと整理されるようになったことです。頭の働きがよくなったと感じています。あくまでも、自分の場合ですが。。
髪の毛が抜けるような副作用も経験したことが無いので、個人差が大きいのかなと思います。投与量の違いなども左右するのかもしれません。
でも、いずれリチウムを減薬する計画はあります。安定状態がもう少し維持できたら、減薬して行こうと思います。
減薬することで、どういうふうに変わるのかによって、リチウムの作用がわかるかもしれません。
いつも詳しい情報をありがとうございます。

2010/7/6(火) 午前 8:31 [ ]

コメントありがとうございます。経験者の意見は参考になります。
肥満は甲状腺機能低下の二次的なものなのかもしれないですね。
リチウムは甲状腺、下垂体、腎臓へは速やかに移行しますが、大脳へは移行しにくいそうです。
下垂体ホルモンとリチウムの関係が気になるのですが、まだ勉強がそこまで追い付いておりません。

2010/7/8(木) 午前 4:14 [ White ]

顔アイコン

4年前から「欝」と診断され、抗鬱剤のデプロメールを飲まされ続けました。2011年から今度は双極性じゃないかということで、リーマスを服用するよう指示されました。職場は地域の権威ある大学病院の許可がなければ復職不可と、通院を強制して来ます。
発症よりずっと以前の子供の頃から、3つのことを同時に処理できたり聖徳太子ではないが5人くらいの人の話を同時に聞くことが出来ました。今は3人くらいですが。
治療はデプロメールを減らしリーマスを飲み始める方法で、やがて自分は、やけに他人に愛想が良くなるとともに、今まで神経が通っていた脳の端々が、端々で記憶していたことは分かるのだがそれをCPUに戻すことが出来なくなった。一度人に会うと、そのデータが二回目に会うと自然にメモリーから出て来るのが、リーマス後はそれが出来ない。手が震える。肩甲骨からの腕が自分のものではない感じがする。
危険を感じ、医者には言わず、リーマスは止めた。リチウムは毒薬!

2011/11/9(水) 午前 1:49 [ kazz ]

顔アイコン

リチウムを断薬して1年以上が経過しました。
断薬後の変化として、体調は良くなりました。
リチウムが関係していたのではと思えるのは、にきび、胃腸炎、膀胱炎などです。服薬中、胃腸炎にしろ膀胱炎にしろ、なんの前触れもなくいきなり病気になっていました(思い当たる病気の原因がなかった)。リチウムをやめてから、体力が回復したこともあり、そういう原因不明の体調不良がなくなりました。
体重はむしろ服薬中よりも若干増えたかもしれないです。
私自身は、リチウムをやめてもなんら問題なく、順調に生活しています。
以上、経過報告でした。

2011/11/13(日) 午前 9:37 [ ]

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0)

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事