全体表示

[ リスト ]

なにか さびしい

御隠れになってから 変更の方が良いとおもうのだが


イメージ 1

------------------------
新元号、平成31年元日から 皇室会議経て閣議決定へ
天皇陛下が在位30年を節目として譲位を希望されていることを受け、政府は、平成31年1月1日(元日)に皇太子さまの天皇即位に伴う儀式を行い、同日から新元号とする方向で検討に入った。国民生活への影響を最小限とするには元日の譲位が望ましいと判断した。
 
譲位に伴う関連法案は、有識者会議の報告衆参両院の論議を踏まえ、5月上旬にも国会に提出する見通し。譲位は「一代限り」として皇室典範改正は最小限にとどめる方向で検討を進める。複数の政府関係者が明らかにした。
 
譲位の日時に関しては「○年以内に政令で定める」として法案に明記せず、皇室会議を経て閣議決定する方針。具体的には、平成31年元日、国事行為である「剣璽(けんじ)等承継の儀」(三種の神器等引き継ぎ)と「即位後朝見の儀」(三権の長らの初拝謁)を宮中で行い、官房長官が速やかに新元号を発表する方向で検討している。
 
皇位継承に伴う重要儀礼である大嘗祭は、準備に半年以上を要するため、平成31年11月にずれ込む見通し。皇位継承を内外に示す国事行為「即位礼正殿の儀」は大嘗祭の前に行われるという。
 
安倍晋三首相は6日、菅義偉官房長官、杉田和博官房副長官らと譲位に関する法整備をめぐり協議した。皇室典範に関しては、付則の一部だけを改正して特例法で対応するか、本則一部も改正するか、政府内で意見が分かれている。
 
皇室典範は終身在位を基本とし、譲位を想定しておらず、譲位後の称号や住居、葬儀なども定める必要がある。このため、政府は、皇室経済法や宮内庁法などの一部改正も視野に入れており、譲位関連法案としてパッケージで国会に提出することになりそうだ。憲法4条は「天皇は国政に関する権能を有しない」と定めており、「天皇陛下のご意向」を憲法違反にならぬ形でどのように反映させるかも焦点となる。(2017.1.10 産経新聞)
------------------------
 
皇后陛下も驚かれた「生前退位」という革命用語が突然湧いたように世を賑わしたと思ったら、今度は元号が平成31年から新元号になるということだ。
 
陛下が譲位の御意向を示されていたとはいえ、展開が早過ぎないか。
 
ただ陛下が国民に示された「お気持ち表明」には「やめたい」とか「譲位」というお言葉はなかった。にもかかわらずマスコミ報道や左翼政党の議員達は「退位の意向を示された」と盛んに吹聴した。
 
彼らの目的は「女性天皇」、「女系天皇」、「皇室解体」、そして「天皇打倒」である。
 
「退位」という「早く退け」という悪意の言葉に、皇后陛下が今上陛下のお気持ちに成り代わって表明された。
 
「新聞の一面に生前退位という大きな活字を見た時の衝撃は大きなものでした。それまで私は、歴史の書物の中でもこうした表現に接したことが一度もなかったので、一瞬驚きと共に痛みを覚えたのかもしれません」。
 
今上陛下は昭和20815日、奥日光の疎開先で玉音放送の後、「明治天皇のように皆から仰がれるようになって日本を導いていかなければならない」と言われた。
 
平成の御代の陛下は「大震災」と「慰霊」の連続であったと言える。
 
東日本大震災の翌日、陛下は「犠牲者へのお悔やみ、負傷者及び被災者へのお見舞いと共に災害対策に全力を尽くしている関係者一同の努力を深く多とする」と宮内庁長官を通して菅直人総理に伝えられた。しかし菅直人は陛下の大御心を無視して国民にこのお言葉を公表することはなかった。
 
すると陛下は占領憲法では「国政に関する機能を有しない」とされており、しかも民主党政権(当時)からは震災の報告も連絡も不十分な中、316日に各テレビ局から「天皇陛下のおことば」として放映された。
 
お言葉の結びには「被災した人々が決して希望を捨てることなく、身体を大切に明日からの日々を生き抜いてくれるよう、また、国民一人びとりが、被災した各地域の上にこれからも長く心を寄せ、被災者と共に各々の地域の復興の道のりを見守り続けていくことを心より願っています」と述べられた。
 
このお言葉を誠実に実践し続けたのは両陛下で、3月末から511日まで7週間連続して被災地をご訪問された。
 
東日本大震災後に皇居の勤労奉仕に来ていた若者達が皇居内で天皇陛下の御会釈を受けた。その中に宮城県出身者が一人いた。それを聞いた陛下はその若者に歩み寄られ被災地の復興について優しく尋ねられ励まされると、その若者はその場で突然泣き崩れたのだ。・・・
 
新元号になれば、皇太子徳仁親王殿下が126代の天皇陛下になられる。今上陛下が「明治天皇のように」と言われたように大きな御心で日本を導いて頂きたい。
 
それと同時に雅子妃殿下が皇后陛下になられる。保守派が沈黙するが、畏れながら一つだけ言わせて頂くと、雅子妃の入内には昭和天皇が大反対されていた。
 
だから雅子妃の入内は昭和天皇崩御の後に行われたのだ。誰がそうしたのか?それは高円宮殿下と小和田恒であった。これ以上のことは控えるが、新元号には昭和天皇の示された一抹の不安もあるのだ・・・

桜の花びら様より転載

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

このブログには十分に納得いたします。
唯、私は天皇陛下の年齢よりも、度び重なる病気の完治を待たずに公務につかれる御姿を拝見するたびに御いたわしい思いが致します。
大正から昭和に変わる数年のように皇太子殿下が・・と思うのは下衆の思慮でしょうか。

2017/1/12(木) 午後 11:10 [ 二式戦 ] 返信する

顔アイコン

> 二式戦さん 日本は神国 男子を沢山生んでほしいですね
今からでも遅くない 助太刀したいくらいです

2017/1/13(金) 午後 1:48 [ brassww2006 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事