大学 論語 中庸 孟子(四書のすべて)論語は日本の文化 四書五経

【日本の危機を救う】 論語は小中学生から素読 (小学・高校・大学・生涯教育・道徳) 四書五経(動画)三国志・孫子兵法・燃ゆる呉越

孟子(梁惠王上)

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

孟子(梁惠王章句上)


孟子見梁惠王、王曰、叟不遠千里而來、亦將有以利吾國乎、孟子對曰、王何必曰利、亦有仁義而已矣、王曰何以利吾國、大夫曰何以利吾家、士庶人曰何以利吾身、上下交征利而國危矣、萬乗之國弑其君者、必千乗之家、千乗之國弑其君者、必百乗之家、萬取千焉、千取百焉、不爲不多矣、苟爲後義而先利、不奪不饜、未有仁而遺其親者也、未有義而後其君者也、王亦曰仁義而已矣、何必曰利。

孟子が梁の恵王に会見した。
梁恵王「先生、ようこそ千里を遠しともせずにいらっしゃいました。さて、来られたからにはわが国の利益となる方策をお持ちでしょうな。(他の遊説客のように、聞かせていただきましょうか。)」
孟子「王よ、いきなり利益でございますか。どうして利益ばかりおっしゃるのです。大事なのは、仁義。これだけです。君主は『どうすればわが国の利益となるだろうか』と言い、大夫(上級家老)は『どうすればわが家の利益となるだろうか』と言い、士(一般家臣)や庶民は『どうすれば俺の利益となるだろうか』と言う。こんな感じで、上から下までそろって利益を争えば、国は危機に陥るでしょう。戦車一万を抱える国で、その君主を殺す者は、必ず戦車一千を抱える大家臣です。戦車一千を抱える国で、その君主を殺す者は、必ず戦車一百を抱える大家臣です。万の国で千、千の国で百ならば、国の十分の一も扶持として貰っている家です。これが少ないわけがない。だが、義を後にして利益を先にするような輩ならば、国中奪い取るまで満足しないでしょう。仁の心があって親を棄てる者はいまだかってありません。義の心があって君主をないがしろにする者はいまだかってありません。王よ、仁義だけを唱えなさい。どうして利益ばかりおっしゃるのです。」


孟子見梁惠王、王立於沼上、顧鴻雁麋鹿曰、賢者亦樂此乎、孟子對曰、賢者而後樂此、不賢者雖有此不樂也、詩云、經始靈臺、經之營之、庶民攻之、不日成之、經始勿亟、庶民子來、王有靈囿、麀鹿攸伏、麀鹿濯濯、白鳥鶴鶴、王在靈沼、於牣魚躍、文王以民力爲臺爲沼、而民歡樂之、謂其臺曰靈臺、謂其沼曰靈沼、樂其有麋鹿魚鼈、古之人與民偕樂、故能樂也、湯誓曰、時日害喪、予及女皆亡、民欲與之皆亡、雖有臺池鳥獸、豈能獨樂哉。

孟子が梁の恵王に会見した。王は宮殿の池のほとりに立って、鴻・雁・麋・鹿(雁や鹿ども)を眺めながら言った。
梁恵王「こういった楽しみは、賢者でもまた持っているものなのでしょうか。(それとも賢者はこんな贅沢には目もくれるべきでないものなんでしょうか?)」
孟子「いや。賢者だからこそ、初めてこういったものを楽しめるのです。賢者にあらざる者は、こんなものがあってもとても楽しめません。詩経にこうあります。
靈臺(れいだい)をはじめ作(な)さんと
地を経(はか)り、縄張りすれば
民つどいあつまりて働き
疾く成りぬ 日ならずして

急ぐことなかれといえど
子のごとく民はつどいぬ
靈囿(れいゆう)に王ましませば
牝鹿どもこい伏したり

牝鹿は肥えてつややかに
白鳥は白くかがやく
靈沼(れいしょう)に王ましませば
ああ、魚満ちて跳ねおどる

(大雅『靈臺』より。海音寺潮五郎訳)


というわけです。文王は人民を使役して台(うてな。高層の建物)を築き上げ池を掘り下げましたが、人民はこれを喜んで働きました。だからこの台は「霊台」(めでたい台)と名付けられ、この池は「霊沼」(めでたい池)と名付けられて、台や池に鹿どもや魚どもがあるのを楽しんだのです。昔の人は人民と共に楽しみました。だから真に楽しむことができたのです。書経・湯誓編にこうあります。(暴君桀王を日照りの太陽にたとえ、呪って)


このぎらつく太陽は、いつ滅びるのだ
私はお前といっしょに亡んでしまいたい

こういうわけです。人民がいっしょに亡んでしまいたいと考えるようでは、台や池を作って鳥や獣があったとしても、一人で楽しめるわけないでしょう。」


梁惠王曰、寡人之於國也、盡心焉耳矣、河内凶、則移其民於河東、移其粟於河内、河東凶亦然、察鄰國之政、無如寡人之用心者、鄰國之民不加少、寡人之民不加多、何也、孟子對曰、王好戰 、請以戰喩、塡然鼓之、兵刃既接、棄甲曳兵而走、或百歩而後止、或五十歩而後止、以五十歩笑百歩、則何如、曰、不可、直不百歩耳、是亦走也、曰、王如知此、則無望民之多於鄰國也、不違農時、穀不可勝食也、數罟不入洿池、魚鼈不可勝食也、斧斤以時入山林、材木不可勝用也、穀與魚鼈不可勝食、材木不可勝用、是使民養生喪死無憾也、養生喪死無憾、王道之始也、五畝之宅、樹之以桑、五十者可以衣帛矣、鷄豚狗彘之畜、無失其時、七十者可以食肉矣、百畝之田、勿奪其時、數口之家、可以無飢矣、謹庠序之教、申之以孝悌之義、頒白者不負戴於道路矣、七十者衣帛食肉、黎民不飢不寒、然而不王者未之有也、狗彘食人食而不知檢、塗有餓莩而不知發、人死、則曰非我也歳也、是何異於刺人而殺之、曰非我也兵也、王無罪歳、斯天下之民至焉。


梁の恵王が言った。
梁恵王「小生、国の政策にはひたすらに心を尽しているつもりです。河内地方が凶作となれば、その住民を河東地方に移住させて食糧難を緩和し、反対に河東地方の糧食を河内地方に移入します。逆のばあいもまたそうします。わが隣国を見回しても、おそらく小生ほど政策に気を遣っている君主はいないはずです。それなのに隣国の人民が減じてわが国に移り増えるといったことが起きないのは、どうしてなのでしょうか?」
孟子「王は戦争がお好きであるとうかがっております。戦争によって喩えさせてくだい。今、いよいよ進撃の陣太鼓が鳴り響きました。両軍の兵は刀で接近戦に入りました。このとき、二人の者がおじけづいてヨロイも武器も捨てて背走したとします。一人は五十歩走って止まりました。もう一人は百歩走って止まりました。ここで五十歩で止まった者が百歩で止まった者を笑ったとしたら、果たしてこんな資格があるのでしょうか?」
梁恵王「ありませんな。百歩走らなかっただけで、背走したのは同じなのですからな。」
孟子「王よ。そのことをお分かりならば、王の国の人民が隣国より多くなることをお望みになってはなりません。だいたい、人民を使役するのに農繁期を避ければ、食糧は食べきれないほど収穫できるものなのです。池に細かい網を入れて乱獲しなければ、魚は食べきれないほど水揚げできるものなのです。伐採者に山に入る時期を規制すれば、材木は使い切れないほど伐り出せるものなのです。このように飯も魚も材木もありあまるほど得られるようにまず配慮する政策は、これこそ人民が家族を養いきちんとした葬式を行えるようにするものです。家族を養いきちんとした葬式を行えるようにする政策は、王道の始まりです。(土地・家族に対しては、このような制度を採用するべきです。つまり、)
一家族につき宅地を五畝(9.1アール)。そこに桑の木を植えさせれば、五十の年寄りが絹を着ることができます。

鷄 ・豚・犬の飼育をむやみに屠殺せず計画的に繁殖させれば、七十の年寄りが肉を食べることができます。

一家族につき農地を百畝(1.82ヘクタール)。農繁期をじゃましないようにすれば、一家族数人ぐらいなら餓えることはありません。

道徳学校の教育を徹底させ、親への孝行(孝)と年長者への尊敬(悌)の秩序を教え込ませれば、白髪の老人が道路で重荷を背負って苦しむような光景はなくなります。

こうして、七十歳の老人がみな絹の服を着て肉を食い、人民は餓えも凍えもしなくなります。ここまでして王にならない者は、未だかってありませんでした。
なのに、犬や豚に与える食糧は十分に確保しても、貯蔵庫に食糧を蓄えない。路頭で飢え死にしている者があっても、貯蔵庫を開かない。こんなやり方をしながら人が死ねば「今年は凶作だからしょうがない」などと言うのは、人を刺し殺しておいて「俺がやったんではない」と強弁するのと一緒ではありませんか。王が、人民の困窮を凶作のせいなどにせず、これは自らの責任だと自覚して政治をなさるようならば、天下の人民は王の下に群がり集まってくるでしょう。」


梁惠王曰、寡人願安承教、孟子對曰、殺人以梃與刄、有以異乎、曰、無以異也、以刄與政、有以異乎、曰、無以異也、曰、庖有肥肉、廏有肥馬、民有飢色、野有餓莩、此率獸而食人也、獸相食、且人惡之、爲民父母行政、不免於率獸而食人、惡在其爲民父母也、仲尼曰、始作俑者、其無後乎、爲其象人而用之也、如之何其使斯民飢而死也。

梁の恵王が言った。
梁恵王「その辺について、もっと教えをうかがいたいのですが。」
孟子は答えた。
孟子「人を殺すのに棍棒と刀を使うのは、何か違いがあるでしょうか?」
梁恵王「同じですな。」
孟子「では、人を殺すのに刀と政治を使うのは、何か違いがあるでしょうか?」
梁恵王「同じ、、ですな。」
孟子「王の厨房にはでっかい肉があり、王の厩舎にはまるまると太った馬があり、一方で人民の顔は飢えでやつれ、野には飢えて野垂れ死にしている者がある。これは、獣をけしかけて人を食わせるというものです。獣どうしの共食いでも、人は見ていてイヤな気がするものです。いったい人民の親となって政治をしている君主が獣をけしかけて人を食わせる所業をやめないで、これで人民の親といえるでしょうか。仲尼(孔子)はこう言っています、「俑(よう。人型のハニワ)を初めて作った者は、きっと子孫も絶えたであろう」と。この意味は、実際の人間に似せた人形を土に埋めるのに用いたのを、(人間を侮辱した行為だとして)非難したのです。人形に対してすらこれほど共感できるのに、いわんや子である人民を飢え死にさせるというのはいかがなものでしょうか?」


梁惠王曰、晉國天下莫強焉、叟之所知也、及寡人之身、東敗於齊、長子死焉、西喪地於秦七百里、南辱於楚、寡人恥之、願比死者壹洒之、如之何則可、孟子對曰、地方百里而可以王、王如施仁政於民、省刑罰、薄税斂、深耕易耨、壯者以暇日、脩其孝悌忠信、入以事其父兄、出以事其長上、可使制梃以撻秦楚之堅甲利兵矣、彼奪其民時、使不得耕耨以養其父母、父母凍餓、兄弟妻子離散、彼陷溺其民、王往而征之、夫誰與王敵、故曰仁者無敵、王請勿疑。

梁の恵王が言った。
梁恵王「先生もご存知のとおり、この晋国(*)はかつて天下無敵でした。なのに、小生の代になってからは、東は斉に敗れて太子を失い、西は秦によって七百里(約280km)も領地を失い、南では楚に屈辱を受けました。小生は恥ずかしくてなりません。何とかして生きているうちに恥をすすぎたいと思っています。そのために、何をすればよいかをお教えください。」
孟子は答えて言った。
孟子「天下の王となるには ― なに、百里四方(約40km四方)の土地があれば十分なのです。王が仁政を人民に施し、刑罰を軽くし、税を低くし、農作業は深く耕して雨水を蓄え、草取りを迅速にさせる。そして大人たちには空いた時間を使って親への孝行(孝)、年長者への尊敬(悌)、主君への忠誠(忠)、他人との約束を果たす心(信)の徳目を学ばせる。家の中では父と兄に仕え、家の外では村の年長者に仕えさせる。これだけのことをなすならば、王は杖一本持つだけで秦と楚の強力な兵を撃ち破ることができるでしょう。なぜか?ああいった国では時をかまわず人民を使役し、土を耕して父母を養うことをできなくしております。結果父母は凍えて飢え、兄弟妻子は離散する有様です。こんなように相手が己の人民を塗炭の苦しみに突き落としているとき、仁政を施す王が進んで彼らを撃つ。そのとき、王に敵対できる者などどこにいるでしょうか?だから『仁者は無敵』と言うのです。王よ。我が申すこと、ゆめゆめ疑ってはなりません。」

この記事に

開く コメント(0)

梁惠王章句上 (6. 7-1)

http://kindai.ndl.go.jp/BIImgFrame.php?JP_NUM=40001845&VOL_NUM=00007&KOMA=1&ITYPE=0 孟子(一)
http://kindai.ndl.go.jp/BIImgFrame.php?JP_NUM=40001845&VOL_NUM=00008&KOMA=1&ITYPE=0 孟子(二)
http://kindai.ndl.go.jp/BIImgFrame.php?JP_NUM=40001845&VOL_NUM=00009&KOMA=1&ITYPE=0 孟子(三)
http://kindai.ndl.go.jp/BIImgFrame.php?JP_NUM=40001845&VOL_NUM=00010&KOMA=1&ITYPE=0 孟子(四)



孟子見梁襄王、出語人曰、望之不似人君、就之而不見所畏焉、卒然問曰、天下惡乎定、吾對曰、定于一、孰能一之、對曰、不嗜殺人者能一之、孰能與之、對曰、天下莫不與也、王知夫苗乎、七八月之間、旱則苗槁矣、天油然作雲、沛然下雨、則苗浡然興之矣、其如是、孰能禦之、今夫天下之人牧、未有不嗜殺人者也、如有不嗜殺人者、則天下之民、皆引領而望之矣、誠如是也、民歸之、由水之就下沛然、誰能禦之。

孟子が梁の襄王に会見した。会見後、退出してからさる人に語った。
「王を遠くから拝見したところ、どうも人の長らしきところがござらん。近侍しても、どうも威厳がうかがえない。その上いきなり私におっしゃる言葉が『天下というのは、これからいったいどうなるんでしょうかね?』だった。私はお答えした。『やがて統一されるでしょう』と。王はおっしゃった。『統一するのは、誰なんでしょうかね?』と。私はお答えした。『人を殺すのを好まない君主ならば、統一できるでしょう』と。王はさらにおっしゃった。『そんな君主に、誰が味方するんですか?』と。私はお答えした。『天下全体が味方するのです。王よ、畑の苗をご存知ですか。七月八月に雨が降らなければ、苗はしおれてしまいます。だがひとたび天に雲が満ち、地に雨が降り注げば、苗は一気に元気を取り戻します。この苗の勢いは、とうてい止められません。さて、今の時代、天下に人を殺すのを好まない君主はまだ一人もいません。だがひとたび人を殺すのを好まない者が現れれば、天下の人民はみな首を長くしてこの者が来るのを待ち望むでしょう。まさしく、こうなったならば、人民は水が低きに流れるようにこの者の下に集まること必定です。この勢いは、とうてい止められないでしょう?』と。」

七(その一)

齊宣王問曰、齊桓晉文之事、可得聞乎、孟子對曰、仲尼之徒、無道桓文之事者、是以後世無傅焉、臣未之聞也、無以則王乎、曰、徳何如則可以王矣、曰、保民而王、莫之能禦也、曰、若寡人者、可以保民乎哉、曰、可、曰、何由知吾可也、曰、臣聞之胡齕、曰、王坐於堂上、有牽牛而過堂下者、王見之曰、牛何之。對曰、將以釁鐘、王曰、舎之、吾不忍其觳觫若無罪而就死地、對曰、然則廢釁鐘與、曰、何可廢也、以羊易之、不識有諸、曰、有之、曰、是心足以王矣、百姓皆以王爲愛也、臣固知王之不忍也、王曰、然、誠有百姓者、齊國雖褊小、吾何愛一牛、即不忍其觳觫若無罪而就死地、故以羊易之也、曰、王無異於百姓之以王爲愛也、以小易大、彼惡知之、王若隱其無罪而就死地、則牛羊何擇焉、王笑曰、是誠何心哉、我非愛其財、而易之以羊也、宜乎百姓之謂我愛也、曰、無傷也、是乃仁術也、見牛未見羊也、君子之於禽獸也、見其生、不忍見其死、聞其聲、不忍食其肉、是以君子遠庖廚也、王説曰、詩云、他人有心、予忖度之、夫子之謂也夫、我乃行之、反而求之、不得吾心、夫子言之、於我心有戚戚焉、此心之所以合於王者何也、曰、有復於王者曰、吾力足以擧百鈞、而不足以擧一羽、明足以察秋豪之末、而不見輿薪、則王許之乎、曰、否、今恩足以及禽獸、而功不至於百姓者、獨何與、然則一羽之不學、爲不用力焉、輿薪之不見、爲不用明焉、百姓之不見保、爲不用恩焉、故王之不王、不焉也、非不能也、

斉の宣王が質問した。
斉宣王「どうかいにしえの覇者、斉桓公・晋文公のことについてお聞かせいただけないでしょうか。」
孟子「孔子学派の者は、斉桓公や晋文公のことについて誰一人として語りません。それゆえ後世にも彼らについての論議は伝わっておらず、私もまた何も知りません。どうしてもとおっしゃるならば、王たるべき道についてお話いたしましょうか。」
斉宣王「どのような徳があれば、王たるべき資格があるのでしょうか。」
孟子「人民の暮らしを安定させて王となろうとするならば、これを止める者などいるはずがないのです。」
斉宣王「小生のような者でも、人民の暮らしを安定させることができましょうか。」
孟子「もちろん。」
斉宣王「どうしてそれが分かるのですか。」
孟子「私、王の家臣の胡齕(ここつ)どのからこのようなことを聞きました。
いつぞやのことです。王が宮殿にいらっしゃったとき、ある者が牛を引いて宮殿の下を通り過ぎようとしたことがありました。王はこれを見てお尋ねになられました。
「その牛はどこに行くのか?」
その者はお答えしました。
「鋳込んだ鐘に血をぬる儀式のいけにえに使います。」
王はおっしゃった。
「やめなさい!そいつ、おどおどしているではないか。予はそいつが罪も無いのに殺されるのに忍びない。」
これを聞いて、男はお答えしました。
「ならば、血塗りの儀式はとりやめになさるということで、、」
王がおっしゃるには、
「いや、やめるわけにはいかん。羊を使って代わりにせよ。」

さて、本当にこのようなことがあったのでしょうか?」
斉宣王「ええ、本当です。」
孟子「ならばこの心こそ、王たるべき資格として十分とするものなのです。このこと、人民は『王は牛をケチったんだぜ』などと噂しておりますが、私は王が牛があわれで忍び難かったのだということを知っております。」
斉宣王「なんと。そのような噂を立てる人民もおりますか。この斉の国、たとえ取るにたらぬ小国であっても、私がなんで牛一匹をケチったりしましょうか。単におどおどして罪も無いのに殺されようとしていたのが忍びなかったので、羊に代えさせただけです。」
孟子「王よ、高い牛を安い羊に代えたんですから、人民がケチだと思ったのは無理からぬことです。何せ彼らは王のお心をご存知ないですからね。王が罪も無いのに殺されようとしていたのが忍びなかったのならば、牛と羊とを選ぶ差などございませんでしょう。」
宣王は、笑って言った。「どうしてあのような心持ちになったのでしょうな。私は物惜しみしたから牛を羊に代えたわけではないのに、外から見れば人民が私をケチだと思うのもしようがありませんなあ。」
孟子は言った。「気になさるな。これこそが仁の道なのです。王は牛をご覧になったが、羊はご覧になっていません。君子は生きた禽獣の姿を見たからには、それが死ぬことに忍びません。生きた禽獣の声を聞いたからには、その肉を食べることに忍びません。だから、『君子は庖廚(ほうちゅう)を遠ざけるなり』(君子は調理場に近寄らない)なのです。」
宣王は喜んで、言った。「詩経にこうあるのは、まさに先生のことですなあ。

だれか何かを考えてるなら
私は当てて見せましょう

(小雅『巧言』より)


私はこのことをやって、なぜやったのか考えてみたけれど、結局どうしてだったのか納得いきませんでした。先生が言われたことはズバリ私に思い当たります。だがですな、このあわれみの心が王たるべき資格として十分とするものなのは、どうしてですか。」
孟子「今王の前で『私の力は百鈞(0.768トン)を持ち上げることができるが、羽一枚すら持ち上げることができない。私の目は獣のうぶ毛の先でも見ることができるが、車一杯積み上げた薪は見ることができない。』などと申す者があったら、その者の言、お認めになられますか。」
斉宣王「そんなはずはない」
孟子「ならば、情けが禽獣にまで十分及ぶお方なのに、人民に恩沢が至っていないというのは、どうしてなのでしょうか。つまり、羽一枚持ち上げられないというのは、持てる力を使っていないからです。車一杯積み上げた薪が見えないのは、持てる視力を十分使っていないからです。同様に、人民誰一人暮らしが安定していないのは、持てる情けを十分使っていないからなのです。要するに、王が王としての資格が無いのは、やっていないからで、能力がないからではありません。」

この記事に

開く コメント(0)

梁惠王章句上 (7-2,7-3)

七(その二)

曰、不爲者與不能者之形、何以異、曰、挾大山以超北海、語人曰我不能、是誠不能也、爲長者折枝、語人曰我不能、是不爲也、非不能也、故王之不王、非挾大山以超北海之類也、王之不王、是折枝之類也、老吾老、以及人之老、幼吾幼、以及人之幼、天下可運於掌、詩云、刑于寡妻、至于兄弟、以御于家邦、言擧斯心、加諸彼而已、故推恩足以保四海、不推恩無以保妻子、古之人所以大過人者無他焉、善推其所爲而已矣、今恩足以及禽獸、而功不至於百姓者、獨何與、權然後知輕重、度然後知長短、物皆然、心爲甚、王請度之、

斉宣王「やっていないということと、能力がないということの違いを教えてください。」
孟子「『泰山を抱えて渤海を飛び越えるようなことは、私はできない』と言うとき、それは能力がないということです。一方、『目上の人におじぎをすることは、私にはできない』というとき、それはやっていないということです。能力がないはずがない。つまり、王が王としての資格が無いのは、山を引っこ抜いて海をひとまたぎするようなことをしないからではなくて、本当はできるはずの目上の人へのおじぎをしていないようなものだからなのです。自分の親を敬う心を他人の親にまで及ぼし、自分の子供をいつくしむ心を他人の子供にまで及ぼせば、天下は手のひらで転がすがごとく用意に手に入りましょう。詩経にこうあります。
文王、妃に家法を示したまい、
兄弟にまで掟をおよぼし、
かくのごとくして、ようよう家整い、国家を御したまう。

(大雅『思齊』より)

こういうわけです。身内への心を家の外までも及ぼした、ということを言っているだけなのです。ゆえに、身内への心を外に展開させれば、それだけで天下を保つのに十分となります。逆に、身内への心を外に展開させることがないようならば、そんな思いやりのなさでは己の妻と子をつなぎとめることすらできますまい。いにしえの人が今の人より優れていた点は何か?なんということはない。身内への心を外にまで展開できた、それだけなのです。王は今、情けのお心を禽獣どもにまで及ぼされた。なのに人民に恩沢が至っていないというのは、どうしてなのでしょうか。モノの重さはハカリで量り、モノの長さはモノサシで計ります。モノはこうやってみな基準の道具ではかることができます。だが、心の大きさ情けの深さははかることが大変難しい。それでも王よ、どうかご自分の心の大きさ深さをはかるように、気を配られませい。


七(その三)

抑王興甲兵、危士臣、搆怨於諸侯、然後快於心與、王曰、否、吾何快於是、將以求吾所大欲也、曰、王之所大欲、可得聞與、王笑而不言、曰、爲肥甘不足於口與、輕煖不足於體與、抑爲采色不足視於日與、聲音不足聽於耳與、便嬖不足使令於前與、王之諸臣、皆足以供之、而王豈爲是哉、曰、否、吾不爲是也、曰、然則王之所大欲可知已、欲辟土地、朝秦楚、莅中國、而撫四夷也、以若所爲、求若所欲、猶縁木而求魚也、王曰、若是其甚與、曰、殆有甚焉、縁木求魚、雖不得魚、無後災、以若所爲、求若所欲、盡心力而爲之、後必有災、曰、可得聞與、曰、鄒人與楚人戰、則王以爲孰勝、曰、楚人勝、曰、然則小固不可以敵大、寡固不可以敵衆、弱固不可以敵彊、海内之地、方千里者九、齊集有其一、以一服八、何以異於鄒敵楚哉、蓋亦反其本矣、今王發政施仁、使天下仕者、皆欲立於王之朝、耕者皆欲耕於王之野、商賈皆欲藏於王之市、行旅皆欲出於王之塗、天下之欲疾其君者、皆欲赴愬於王、其若是、孰能禦之、王曰、吾惛、不能進於是矣、願夫子輔吾志、明以教我、我雖不敏、請嘗試之、曰、無恒産而有恒心者、惟士爲能、若民、則無恒産、因無恒心、苟無恒心、放辟邪侈、無不爲已、及陷於罪、然後従而刑之、是罔民也、焉有仁人在位、罔民而可爲也、是故明君制民之産、必使仰足以事父母、俯足以畜妻子、樂歳終身飽、凶年免於死亡、然後驅而之善、故民之從之也輕、今也制民之産、仰不足以事父母、俯不足以畜妻子、樂歳終身苦、凶年不免於死亡、此惟救死而恐不贍、奚暇治禮義哉、王欲行之、則盍反其本矣、五畝之宅、樹之以桑、五十者可以衣帛矣、鷄豚狗彘之畜、無失其時、七十者可以食肉矣、百畝之田、勿奪其時、八口之家、可以無飢矣、謹庠序之教、申之以孝悌之義、頒白者不負戴於道路矣、老者衣帛食肉、黎民不飢不寒、然而不王者未之有也。

(孟子の言のつづき)「だいたい王は軍を進め、家臣を生死の危険にさらし、諸侯と怨恨を結んで、それでご自分の喜びとしているのですか。」
斉宣王「そんなことはない。そのことで私が喜んでいるわけがないでしょう。私は自分の大望を果たしたいがためなのです。」
孟子「では、王の大望をぜひお聞かせ願えないでしょうか。」
宣王は、笑って答えなかった。
孟子「もっと美味いものが欲しいからですか?もっといい衣装が欲しいからですか?もっと目の保養になるものをお望みですか?もっといい音楽が聴きたいからですか?それとももっと思いのままになる家臣が欲しいからですか?王の家臣たちなら、全てこれらのものを十分ご用立てなさるでしょう。つまり、王はこんなことのために戦争をなさっているはずがありません。」
斉宣王「おっしゃるとおり。そんなことのためのはずがない。」
孟子「ならば、王の大望は推測できます。国を拡張し、秦・楚を来朝させ、中国に君臨して四方の蛮族を平定なさりたいからでしょう。だがですな、今のようなやり方で、王の大望を果たそうとなさるのは、『猶(な)お木に縁(よ)りて魚を求むがごとし』(まるで木のそばに立って魚を捕らえようとするようなもの)です。」
斉宣王「そんなに無理なことをしていると言われるか?」
孟子「いや、実際に木のそばで魚を捕えようとするより、もっと無理なことをしておられると言わざるをえません。木のそばで魚を捕らえられなくても、実害はありません。だが、王の大望ために戦争を繰り返すならば、心と力を尽して頑張ったのに、結局人民と諸侯の恨みが残るだけです。」
斉宣王「もっと詳しく聞かせてください。」
孟子「弱小の鄒と大国の楚、いざ戦えばどちらが勝つとお思いですか。」
斉宣王「楚でしょうなあ。」
孟子「ならば、小国は大国に勝つことは到底できず、少数は多数に勝つことは到底できないということですね。この大陸には、領域が千里四方ある国が、合わせて九つ(斉、魏、趙、韓、秦、燕、楚、宋に、中山だろうか)。斉はその一つにすぎません。一で残りの八を征服しようとするのは、鄒が楚に勝てないのと異らないではありませんか。政治の根本にお帰りなさい。今、王が政治を大いに行って仁の道を施されるならば、天下で仕官する者はみな王の足下に馳せ参じることを願い、耕作する者はみな王の土地で耕作することを願い、商人はみな王の市場で店を開くことを願い、旅行者はみな王の道路を利用することを願い、そして天下で己の君主を憎む者はみな王に訴えることを願うようになるです。そうなったならば、誰が王の進む道を止めることができましょうか。」
斉宣王「私は愚か者なのでどうすればよいかわかりません。先生、どうか私の志を助け、その仁の道というのをもっとはっきり教えてください。私、不肖ながらもなんとかやってみたいと思います。」
孟子「安定した収入がなくても安定した心を持てる、そんなことができるのは「士」(統治者階級)だけです。人民は安定した収入なしではとても安定した心を持つことができません。安定した心がなければ、やりたい放題やるわ、逆恨みするわ、悪心を起こすわ、無計画に浪費するわ、なんでもやります。犯罪をする要因を知っていながら、犯罪を成した後に処罰するなどというのは、人民をないがしろにした政治です。仁の道をとる人が君主であるならば、どうして人民をないがしろにして国を治めることができましょうか。だから、いにしえの明君が人民の生活に対して行った政策というのは、まず父母への孝行と妻子の養育が十分できるようにさせ、豊作年には常に満ち飽きて楽しみ、凶作年でも餓死したりしないように取り計らった上で、人民を善事に駆り立てたのです。だから人民はやすやすと君主のいいつけに従いました。ところが、今の君主が人民の生活に対して行う政策はその全く逆で、父母への孝行と妻子の養育も十分にできないほど収奪し、豊作年でも常に苦しみ、凶作年には餓死するより他はない。これでは人民は何とか死なないようにするのが精いっぱいです。礼儀を身に付けることなどできるわけありません。王よ、仁の道を取りたいのならば、政治の根本にお帰りなさい。具体的に申せば、
一家族につき宅地を五畝(9.1アール)。そこに桑の木を植えさせれば、五十の年寄りが絹を着ることができます。

鷄 ・豚・犬の飼育をむやみに屠殺せず計画的に繁殖させれば、七十の年寄りが肉を食べることができます。

一家族につき農地を百畝(1.82ヘクタール)。農繁期をじゃましないようにすれば、一家族八人ぐらいなら餓えることはありません。

道徳学校の教育を徹底させ、親への孝行(孝)と目上の親族への崇敬(悌)の秩序を教え込ませれば、白髪の老人が道路で重荷を背負って苦しむような光景はなくなります。

こうして、老人は絹の服を着て肉を食い、人民は餓えも凍えもしなくなります。ここまでして王にならない者は、未だかってありませんでした。」

《★故事成句★》

この記事に

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事