ここから本文です
bs30123のブログ
地方のニュース・情報の記事を食中心に発信していきたいと思います

書庫全体表示

小倉の雑居ビル地下レストランバー「琅かん洞」−「青の洞窟」コンセプトに /福岡

(小倉経済新聞)
 
 小倉・京町のレストランバー「Blue Grotta 琅かん洞(ロウカンドウ)」
 
(北九州市小倉北区京町3、TEL 093-551-3303)がオープンして3カ月が過
 
ぎた。オープン日は2013年10月1日。
 
 
イメージ 1
 
 
 店舗面積は70坪、席数は約70席。旅行代理店や派遣事務所などが入る雑居
 
ビルの地下で、もともと空手道場として使われていた広い空間を、イタリ
 
ア・カプリ島の「青の洞窟」をイメージした空間に改装した。「地下の洞窟
 
バーをコンセプトに、小倉ゆかりの森鴎外が青の洞窟を『琅かん洞』と翻訳
 
したことにちなんで名付けた」と店主の津田貴史さん。

 同店開業前は「津田うどん」(鍛冶町)を営んでいた津田さんが、和食や
 
イタリアンの調理師と出会い、「昼は近隣のサラリーマン向けに『うどん
 
屋』として、夜はイタリアンや和食を楽しめる『ダイニングバー』として」
 
二毛作営業する。「お客さまが、その日の気分でいろいろなメニューや時間
 
を楽しんでいただけるよう」、店内は「イタリアン」「和食」「バーカウン
 
ター」「角打ち」「ライブステージ」にコーナー分けした。

 3カ月が過ぎ「ランチは満席となってお客さまを待たせることもある。想定
 
以上」と津田さん。夜は音響機器や照明、カラオケなどを充実させたことで
 
「毎週末のように、地元アイドルやジャズ・ミュージシャンらが持ち込むラ
 
イブを行っている。地下の広い空間で音響もまずまず」といい、「一般のダ
 
イニングバーとは違った使われ方をしている」とも。

 主なランチメニューは「津田うどん」(400円)、「肉うどん」(600
 
円)、「担々うどん」「デミグラスとんかつ定食」(以上700円)、「レモ
 
ンカツ丼定食」(以上800円)など。夜は「刺し身盛り合わせ」(980円〜
 
1,800円)、「にぎりずし」(200円〜580円)、「ごぼうの空揚げ」(380
 
円)、「揚げ出し豆腐」(480円)などの和食・居酒屋メニューに加え、
 
「ドライトマトのペペロンチーノ」(1,200円)、「ボロネーゼ」(1,300
 
円)、「生ハムとチーズのカナッペ」「イベリコ豚のグリル」(以上650
 
円)などのイタリアンメニューもそろえる。

 
 営業時間は、月曜〜木曜=11時〜14時、月曜・火曜・木曜〜日曜=17時〜
 
24時。
 

閉じるコメント(0)※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

閉じるトラックバック(0)※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

トラックバックされた記事

  • トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

飲食店カテゴリの関連記事

※「練習用」カテゴリが登録されている場合は「飲食店」カテゴリを表示しています

もっと見る
Yahoo! Choctle

人気度

ヘルプ

Yahoo Image

友だち(1人)
Yahoo Image

 
今日
全体
訪問者訪問者480120727
ブログリンクブログリンク00
コメントコメント0123
トラックバックトラックバック00
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27 28 29 30 31

毎月60万ポイントをブロガーで山分け
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)
本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事