上海生活のブログ(平成鐡郎)

全国の鉄道の乗りつぶしをメインとしたブログです

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全95ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

中国語サロン

先週から中国語サロンへ行っております。上海市威寧路駅から5分のところにある中国語教室で毎週日曜日16時から無料でやっております。教室の2人の中国人講師が中心となってパソコンのPPT資料を中心にやっております。毎回毎回先生が違うので資料の作成も個性があります。今日のテーマはお酒でした。中国には紹興酒系の黄酒、芽台酒などの白酒、穀物で作る五粮液などがあります。白居易の詩などを勉強しますが、古いのでいまいちピンときません。
やはり仕事と直結する接待の作法などは役に立ちます。席の配置などを勉強します。まあ、無料ではいいのですが、一人対多人数なので話す機会があまりないので少し残念なのですが、まあ、行かないよりマシと思って参加しております。
タダというのが怖いのですが、普段は有料の教室なのでこの学校にとってサロンはなにがメリットがあるか考えました。そしてやっと気がつきました。中国人講師は日本人と触れ合うことで日本語をタダで勉強できるのです。
...もっと見る

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

最近、太ってきた。

現在、上海で生活しております。太ってきました。日本にいたときは68kgですが、今は72kgで4kgも太りました。それは中国は炭水化物王国だからです。麺類、ご飯類ばっか。。ああ、なんとかして。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

JR全線完乗達成!!

私、平成鐵郎は2016年4月9日のJR四国の内子線の乗りつぶして「JR在来線」の全線を完乗しました。

イメージ 2
イメージ 1



思えば苦節12年、最初に開始したJR久留里線を開始した2004年5月から乗りつぶしを開始しました。
それまで乗ったものは一旦クリアにして、乗りつぶし地図を作成して、管理しておりました。

しかし、実は私は2度目の中国赴任が4月にあり、時間がなかったことで今回の内子線の乗りつぶしを
敢行しました。

【1】 いつから乗りつぶしを意識したか?
2004年に開始した当初はまったく意識しておりませんでしたが、
2005年にJTB時刻表の付録の「乗りつぶし地図」を管理してから
乗りつぶしを目指すようになりました。

【2】 乗りつぶしで一番苦しかったこと。
一番、苦しかったのは、遠方の乗りつぶしです。結果的には遠方がたくさん残ってそれをどう乗り潰すかでした。
特に、仕事も家庭も持っている私にとって、時間と費用をどう捻出するかが一番のポイントでした。

自分の近くの路線や関西方面の路線や遠方に出張いったついでにする乗り潰しは簡単でしたが
一番遠い、九州や北海道、四国は出張などは無いし、自費で言っても年に1回、飛行機代や宿泊代も
半端なくかかります。

その上、九州や北海道の末端の路線はダイヤが過疎なので1回の3日では無理なので何回かに分けて行わなければならなかったでした。時間にたっぷり余裕のある乗り鉄の人は北海道や九州も18きっぷを使って移動することは可能です。

しかし、私のように(多くの皆様はそうですが)なかなか仕事が忙しい人はなかなかできないのです。

また、もう一つ、分母(目標設定)をどうするかです。
私は
①.時刻表に出ている時刻表の出ている幹線、地方交通線を分母にしました。
  新垂井〜垂井の路線、北海道の大沼付近、仙石東北ラインの路線、博多〜博多南間
  これらも乗りつぶしました。逆に貨物線(武蔵野線)や新大阪〜西九条の渡り路線などは
  出ていないので除外しました。
②.新幹線は除外しました。
  モチベーションがあがりません。自分に正直になるにはそれしかなかったでした。
  費用もかかありますしね。
③.時間帯は関係なくしました。夜でもOkとしました。
  これはよく言われることですが、夏と冬とでも違うのです。例えば最初に計画していた
  小野田線の長門本山〜雀田ですが、朝か夕方しか走っていませんね。夏では
  景色も見えるのですが、冬は日没も早くまっくら。同じ時間帯でも違うのです。
  
  冬は乗りつぶし無効で夏では有効?こんなばかなことはないのです。
  テツだったら昼にやった方がいいのに決まっていますが、仕方がないのです。
    
④.普通、特急列車関係なくしました。
 ようするに乗れば、普通も特急も関係ありません。でも普通の方が駅名標などゆっくり撮影できるのと
 青春18きっぷが使えるので 普通の方がいいのです。これも時間帯と同じで効率的に乗りつぶしを行う
 最終手段なのです。

【3】.乗りつぶしを実感したときはいつか
それは三回目の九州を終えてJR九州を完乗したときでした
逆に九州が一番つらかったでした。それは九州には乗り残した路線が点在していたらです。
これを時刻表とにらめっこしながら達成した感覚はやっぱり最高でした。
時刻表を紐解いていく瞬間はまるでテレビのサスペンスの警察や探偵のようでした。

【4】.乗りつぶしの極意とは
自分の経験からいうと乗り潰すからには効率的にやる。
それには地域で集中してやることです。
逆に中途半端にしないことです。やるならやる。やらないならやらない。これが極意です。
逆にブロックで乗り潰せば効率的に乗り潰すことは可能です。
それは中途半端に乗りつぶしと結局一から開始しなければいけないからです。
例えば2005年に播但線の姫路〜福崎、姫新線の姫路〜播磨新宮まで
乗りつぶしても、結局、播但線の和田山から福崎までのっても便宜上、姫路までいくし
姫新線も新見からの反対方面から来ても播磨新宮の途中で折り返すわけにはいかないからです。
また、お金を惜しまないことです。
青春18きっぷで北海道の乗りつぶしが限られたならお金を出して多少特急に乗っても
やるべきです。青春18きっぷだけでやろうとは思わないことです。
途中で中断して東京や大阪、名古屋から北海道や九州に出直す費用の方がばかになりません。
また、飛行機を使いこともおすすめ増します。そこで2010年代から味方になったのが
LCCなのです。例えば山口方面へ乗り潰す時、LCCのジェットスターの東京〜福岡は
片道で7,000円くらいなのです。
最初乗りつぶしを始めた時は移動も乗りつぶしの一環として行うならいいのですが、

何度も九州や北海道を出直すと各駅停車の移動時間がもったいないです。
その分早く移動して現地で乗り潰した方がよっぽど効率がいいからです。

【5】.乗りつぶしを終えてさびしく感じたこと。
正直、寂しい感じです。目標がなんかなくなった気がします。
これは乗りつぶしの先輩で小説家の故宮脇俊三さんもおしゃっていたことです。

乗りつぶしをやっていたときは時刻表とにらめっこして
どうやって乗り潰すかを考えておりましたが、結果的にはそれが楽しかったのでした。

目標を失ったら今度は民鉄乗りつぶしや海外の鉄道乗り潰すという目的もあるのですが
JRの乗りつぶし程、達成感はないし、民鉄乗りつぶしは青春18きっぷのような全国統一切符がないので
莫大な費用が発生するのです。

また、もう一つ

自分が乗り潰した足元がどんどん消えていく瞬間です。
2004年に乗りつぶしてから2016年までどれだけのJR線が廃止もしくは第三セクターになったのか。
せっかく設定した分母もことごとく消えるのは乗りつぶしの人間にとっては断腸な思いなのです。
その意味で新幹線に恨み節をなげくこともありました。

【6】.乗りつぶしをしてよかったこと。

でも、わかったのは日本全国いったことがないところ(県)へ行けることです(沖縄はまだ行っておりませんが)
私自身乗り潰すまでは、宮崎県や熊本県や秋田県へいったことがなかったでした。
乗りつぶしはこういった県も必ず行くからです。
私は以前Facebookでコメントしたのですが、私達、一般の日本人が人生のなかで日本全国あまねく旅する機会はどれくらいあるとおもいますか?
ほとんどの人は幼少期から青年期、そして年老いるまでまでは自分が生まれた故郷、
もしくは移転先とその近辺からはでたことがないとおもいます。海外旅行が普通になっている
今日この頃、日本全国でもまだ訪れてないところはたくさんあるとおもいます。
乗り鉄は日本全国、乗ったことのない路線にのることですので行ったことのない
日本へいけるのと同じです。乗り鉄でよかったとおもいます。

あとは自己満足が共有できることです。
最初開始したときはブログや、SNSなどはなかったのですが
いまではブログやSNSで発信する機会があることです。

乗りつぶしは正直、自己満足の世界です。
乗りつぶしてなくても乗り潰したといえば乗りつぶしになるのです。
公益法人「日本鉄道乗りつぶし検定協会」などは存在しないのです。

また、人助けもしたことがありました。
2007年に山陰本線の奈古駅で気動車(キハ47)のなかで,血を吐いて地べたにうずくまっていた人がいました。
しかし、誰もそれに気がつかなかったことでした。

車掌へ通報して命を助けたことでした。実は私は悪い心があって、もしこの人を助けたらこの列車は確実に遅れるということはわかったおりましたが、勇気をもって車掌にいいました。結果的にはその列車は1時間遅れました。でも人の命は大切なのです。救急車を呼ぶまでに40分かかりましたが、たまたま近くにいた看護師さんの処置もよく命に別状はなかったそうです。おかげ様で、私はJR西日本から感謝のお手紙と記念品をいただいたのです。でも人が助かることはなににましても重要でした。

また乗りつぶしにより鉄道仲間がふえたことがです。今までは自己満足の世界ですが、
会社やSNSでも共有できるようになりました。

いろいろといいことも苦労したことも有りましたが
やっぱり乗り鉄でよかったと感じました。

2016年4月10日 平成 鐵郎












この記事に

開く コメント(0)

九州へ乗りつぶしの旅行へ出かけるときはほとんど雨。この日田彦山線もいい路線なのだが、あいにくの雨。夜明けから日田までの久大本線も雨。久大本線に関しては2014年に行った時も雨。晴れた日は全然ないという状況です。
イメージ 1


イメージ 2

イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
駅名標への落書きが、、、いけません。


イメージ 8
採銅所、、、まるで工場のような駅名。

イメージ 9
国鉄の時の駅名標が残っているのは九州だけ。

イメージ 6

イメージ 7
古い縦の駅名標(光岡駅)

イメージ 10

イメージ 11

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

大村線

2013年8月に旅行した大村線の写真をアップします。キハ67,68の国鉄色です。車内で紹介記事が掲載されておりましたが、「世界の30両しかない」という表現が面白いですね。
イメージ 2
イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全95ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事