これは、MT4(メタトレーダー4)専用のEA(自動売買ソフト)です。
窓埋めに特化しているのでVPSなどを使って24時間稼働させる必要もないのが特徴。

窓埋めに優位性があるのは間違いない。

このEAを試してみたいと思います。

まずは、ここから

この記事に

週明けの窓埋めトレードを応用したEA

稼動、停止は自分の意思で行うことができ、万が一に備え手動でのポジション決済も可能なシステム

複数の通貨ペアに対し一瞬で判断してエントリーするのは不可能。窓埋めEAプラスアルファを利用すれば、あらかじめセットしておけば、多くの通貨ペアで自動的に窓埋めトレードを行うことが可能

なるべく多くの通貨ペアで分散投資を行うことによりドローダウンを抑え、最大のパフォーマンスを発揮する

推奨通貨ペアは、
AUD/CAD(オーストラリアドル/カナダドル)
AUD/JPY(オーストラリアドル/円)
AUD/NZD(オーストラリアドル/ニュージーランドドル)
AUD/USD(オーストラリアドル/アメリカドル)
CAD/JPY(カナダドル/円)
CHF/JPY(スイスフラン/円)
EUR/AUD(ユーロ/オーストラリアドル)
EUR/CAD(ユーロ/カナダドル)
EUR/CHF(ユーロ/スイスフラン)
EUR/GBP(ユーロ/ポンド)
EUR/JPY(ユーロ/円)
EUR/USD(ユーロ/アメリカドル)
GBP/CHF(ポンド/スイスフラン)
GBP/JPY(ポンド/円)
GBP/USD(ポンド/アメリカドル)
NZD/USD(ニュージーランドドル/アメリカドル)
NZD/JPY(ニュージーランドドル/円)
USD/CAD(アメリカドル/カナダドル)
USD/CHF(アメリカドル/スイスフラン)
USD/JPY(アメリカドル/円)
USD/SGD(アメリカドル/シンガポールドル)

ただ週明けの窓埋めトレードを自動的に行うだけではない。窓の大きさによってトレードを判断したり、リミット(利益確定)ポイントを設定することができる。その他にも損切り注文を入れたり、さまざまなパラメーターを設定することができ、もちろん通常の窓埋めトレードを行うこともできる

通常週明けは注文が通りにくいが、独自のシステムにより約定力をアップさせている

各種パラメーターは独自に設定することが可能だが、説明書に記載されている最適値を利用することによって最高のパフォーマンスを発揮することが可能

1分足での運用が最も高パフォーマンス

エラー処理や約定力の向上など、目に見えにくい部分にまで注力して開発されている

この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事