日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1053ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ブログ休みます

今年も8日になりました
パソコン室も寒く、体調も絶好でもないのブログ 休みます、
体調良くなったら、ボケ防止で自分の為ですがブログはアップしたい、
各プロガーさんのは、見て楽のしませてもらってます、
宜しく、 

この記事に

開く コメント(5)

イメージ 1
だまこ談義
年末に行った (後生掛温泉) は秋田県鹿角市にあります、秋田はキリタンポ鍋が有名ですがキリタンポ発祥地が(鹿角市)の様だ!
素材、作り方はキリタンポと同じだが形違いで(だんご状)のものが (だまこ)で日本海側の(五城目町、八郎潟町)あたりが発祥地で継承されてきたのではと思う?
 
年末の(後生掛温泉)の自炊で会のシェフが(だまこ鍋)を作ってくれた、キリタンポの代用的なだまこを、一工夫して、おこげ風に焼いたり、油で巣揚げしたものを、鍋にしたが、キリタンポの様に煮崩れもせず歯応え、食味も濃厚になり斬新でこぶる美味しくインパクトがあった、そんな訳でアップに及んだ、
作り方は御飯を5分潰しにして、練気味に丸めたものを薄引の油で素揚げした簡単なので正月早々に作ってみました、
イメージ 2
 
鍋汁はお雑煮の残りがあったので、これを使いました、
翌日、残り御飯、残り汁で、簡単に出来ちゃう所が嬉しいです、
イメージ 3

この記事に

開く コメント(0)

後生掛温泉物語・・・

それ誤解です
今月12日、網膜剥離で目の手術をして、現在も目薬をして養生中で、治ってるとは思うが常に目の状態を確認するのに、片目を交互に閉じて開くして遠くを見るをくり返ししてる、
今回、温泉の休養室で、(これを無意識やっていた) ふと前方をもると、後期高齢のオヤジさんと目がパチーンとあった、
目は口ほどにものを言うとは、良くいったものである、
やめてよ、この年で、そんな趣味はありません気持ち悪い言っていた、そんな訳で私はとても恥ずかしい居ずらい思いをしました、
年末の土壇場でこんな、ドジな笑いのブログアップ出来て嬉しく思います
今年もお世話になりました」、良いお年を、
イメージ 2
 
後生掛温泉はツール、
後生掛温泉は素晴らしいところではあるが、温泉はツールで、(コミニュティー)を楽しみに来て方も多い、
私も年末の常連で何人かここで知り合った、顔ぶれもいます、
そんな何人かのなかに、神戸からの山屋で2年ほど一緒に山スキーに出かけた仲間と今回再会した、
30歳、そこそこ女性ですが、今回足が不自由で引きづってたので聞くと、左足首くろぶし付近を複雑骨折して両サイドには15cmほどの手術跡があった、
私も同じところ骨折した事あるが、ビスを入れて、骨を固定して繋いでのである、完治までは1年かかります、
私の場合は、谷川の岸壁での滑落でしたが、彼女は、簡単な沢登りで1m位の岩を乗っこすのに岩の隙間に片足を入れたまま転倒して抜けず足首を捻ったアクシデントだったとか、ヘリを要請して下山したらしいが、
 
ここで通信手段で重要なキーワードが一つあった
猫も杓子もスマホー時代で、それ以外の携帯はガラケーなどと呼ばれバカにされてる、語源は進化に取り残された(ガラパゴス島の生態)のことで、頭が進化に付いて行けないことを(おちょこってる)差別用語(笑い)です
ところが、この携帯は電波に強く繋がったそうです ¨ガラケー¨ 様々である、
(画像は2012年末に一諸に行ったときのものです)
イメージ 1

この記事に

開く コメント(2)

後生掛オンドル温泉

27〜29日秋田八幡平標高1000mの高地にある(後生掛温泉)をベースにして、アウトドァーしてきました。
イメージ 1
 
後生掛自然深究路
福島市の山岳会(登高会)のスノートレチング組に入れてもらい、雪上を散策します
イメージ 2
大湯沼
大きな温泉沼で一休み
イメージ 3
 
豪雪地帯
避難小屋の一階部分は既に埋まってます
イメージ 5
 
オンドル温泉部屋 
館内は、地熱オンドルで半袖Tシャツに半ズボン、が定番でまるでハワイです、
画像はアウトドァー関係向けの大部屋の風景です、
イメージ 4

この記事に

開く コメント(2)

山スキー組(6人)は豪雪をラッセルして5時間後頂上を踏みました、
私はゲレンデスキーに温泉してました。
イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

全1053ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事