ここから本文です
ハセツネやめました おやじバカ日記 byぶーぶー
出張224都市(165ヶ国) 早くリタイヤしたい(>_<) 朝:旅行 昼:本日のおもしろツイッター 夜:ドラマ でお送りします。

書庫政治、経済、その他ニュース

記事検索
検索

全52ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ようやく・・・・




イメージ 1




マクドナルド、全店でカード決済 訪日客に対応 

2017/3/21 0:52
日本経済新聞 電子版
 日本マクドナルドは来店客の支払い方法を増やす。今夏から順次、全店でクレジットカードを使えるようにするほか、主要な交通系電子マネーにも対応。来年からは海外で普及している後払い方式の電子マネーも使えるようにする。ファストフード各社は支払いに時間がかかる恐れのあるクレジットカード決済などに慎重だが、マクドナルドは訪日外国人の取り込みにつながると判断した。
 クレジットカードは「ビザ」や「マスターカード」…







やっと?

(´・ω・`)














我が家は格安SIMで家族分2万円安くなりました


















パナソニック エアーマッサージャー レッグリフレ 

ひざ/太もも巻き対応 温感機能搭載 ピンク EW-RA96-P

最低価格:3万円半ば



この記事に

開くトラックバック(0)

戦争起きそう・・・





なんかやばくない??




マレーシア首相「忌まわしい行為」 北朝鮮を批判 
出国禁止措置の応酬に

2017/3/7 20:04
日本経済新聞 電子版
 【クアラルンプール=吉田渉】マレーシアのナジブ首相は7日午後、同国に滞在する全ての北朝鮮籍者の出国を禁止すると発表した。北朝鮮が同日午前に在住マレーシア人の出国禁止を発表したのに反発し、対抗措置を打ち出した。北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏殺害に端を発した両国の対立は異例の出国禁止措置の応酬に発展し、緊迫の度合いを増している。
環インド洋連合(IORA)の首脳会議に臨むマレーシアのナジブ首相(7日、ジャカルタ)=ロイター
環インド洋連合(IORA)の首脳会議に臨むマレーシアのナジブ首相(7日、ジャカルタ)=ロイター
 ナジブ首相は声明で「全ての北朝鮮籍者の出国を禁止するよう警察当局に指示した」と述べた。そのうえで「我が国民を人質に取る忌まわしい行為」と北朝鮮を強く批判。ナジブ氏は同日夜、国家安全保障会議を招集し今後の対応を協議する。
 マレーシアはザヒド副首相が7日昼ごろ、まず「北朝鮮大使館職員に限った出国禁止」を発表し、即座に同措置の対象を広げた。北朝鮮外務省は7日午前、「マレーシアで起きた事件が公正に解決され、同国にいる(北)朝鮮の外交官や住民の安全が完全に担保されるまで」として、マレーシア人の出国禁止を在北朝鮮マレーシア大使館に通告していた。
国外追放処分を受け、空港に到着した北朝鮮のカン・チョル大使(6日、クアラルンプール国際空港)=ロイター
国外追放処分を受け、空港に到着した北朝鮮のカン・チョル大使(6日、クアラルンプール国際空港)=ロイター
 北朝鮮在住のマレーシア人は、大使館や国連の職員とその家族計11人とされる。一方でマレーシアには北朝鮮籍者が1千人程度滞在し、貿易会社や飲食店などを営んでいるとみられる。
 外国人の出国を禁止する措置はイラクがクウェート侵攻時に実施した例がある。在留外国人を「人間の盾」とする行為は国際社会の激しい批判を招いた。
 正男氏殺害を巡っては北朝鮮籍の4容疑者が主犯格とされ、北朝鮮大使館の2等書記官の関与も浮上した。だが北朝鮮はマレーシアの捜査への協力を拒み続けている。
 マレーシアは北朝鮮のカン・チョル大使を国外追放するなど強硬姿勢を強め、国交の断絶も視野に入れてさらなる対抗措置の検討を進める。一連の北朝鮮の対応に国際社会の反発が強まるのは必至で、同国の孤立がいっそう深まる可能性が高い。



北朝鮮「在日米軍を攻撃する訓練成功」 ミサイル同時発射 

2017/3/7 10:48
日本経済新聞 電子版
 【ソウル=山田健一】北朝鮮国営メディアの朝鮮中央通信は7日午前、「在日米軍を攻撃する弾道ミサイル4発を同時に発射する訓練が実施され、成功した」と報じた。ミサイルを発射した日時などは明示していないが、前日に日本海に向けて発射した4発の弾道ミサイルを指しているとみられる。北朝鮮が弾道ミサイルの発射を巡り、攻撃目標が在日米軍だと明言するのは珍しい。

この記事に

開くトラックバック(0)







小池百合子のバッシングで

ようやく慎太郎が百条委員会を前に

日本記者クラブで会見を開いたので

おやじはその一部始終をヨウツベで見たんだけど

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12


①基本的にはボトムアップで検討、審議されてきた物事を行政システムのトップとして裁可したものでこの責任は都庁全体にある

②物事には作為、不作為の責任があり、自分は①を最終承認したものとして、その責任は認めるが、科学者が問題ないと言っているものを今さら根ほり葉ほり覆し風評被害を拡大すべきではなく、市場移転すべきだった

というものでした

主張していることは別段間違ったことは言っておらず

さらに

③東京ガスが瑕疵担保責任除外を契約に盛り込んだのは、そもそも売りたくない土地をいやいや売ることになったことに際し、当該条項を設けるのはビジネスとして当たり前のことと思いました

専門家である都の部局や委員会、審議会が、土壌汚染対策を自ら行ったとしても豊洲市場の利便性等で総合的にコストパフォーマンスが良いと判断したからでしょう



イメージ 13



記者会見を聞いていて異様だったのが

記者たちの質問がダサすぎ

あきらかにスケープゴート探しになっていて

低俗週刊誌レベルです


まだ移転していない築地市場の地下水汚染については

コンクリートで遮蔽されているから良いといい

では豊洲はなぜダメなのでしょうかね?

ここまで風評を落として民意もあおり、移転停止したいま

毎月すさまじい都民税が無駄になっていますので

そもそも新都知事はではどうすれば再移転できるかを考えるべきです



イメージ 14

真偽はわかりませんが、豊洲をいまの半額以下で

外資に売却する案も出ているようですが

また日本の富を海外移転されてしまうことになるのでしょうかね

イメージ 15




小池さんは今でいうトランプのように

前任者のやってきたことを根ほり葉ほりぶっ潰して

都民ファーストと言っていますが逆の印象があります

自分ファーストで、自分もオリンピック利権に入れろ

豊洲問題も犯人捜しだけ煽って、物事をめちゃくちゃにし

あらためて自分を利権に加えろ

イメージ 1


イメージ 2


安っぽい善悪二元論の茶番を盛り上げて自分ファーストばかり向いている

そりゃあオリンピックも豊洲もなんらか臭いところはありますよ

でも時期的な状況と環境に応じて物事をおさめる方向からは

真逆なことばかりしていて迷惑に感じるのは

おやじだけなのかな









昨日のサエナイ氏は最高だったね
(´・ω・`)










パナソニック エアーマッサージャー レッグリフレ 

ひざ/太もも巻き対応 温感機能搭載 ピンク EW-RA96-P

最低価格:3万円半ば





この記事に

開くトラックバック(0)






日本のカード会社は決済終了を理由になんら支援協力もしてくれず

次ステップとしてアメリカの消費者団体に相談した結果の続報っす

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


対応してくれた結果

・同様のクレームが複数上がってきており
・当該会社からは何のレスポンスも無く
・アメリカ消費者団体における当会社のレーティングは最低のF

日本でいう破産、チャプター11も提出されており
お手あげ

(,,゚Д゚)∩





高い授業料になったわ

もうダメだと思うけど、動きがあれば続報します









こんなのもあった

Lily Robotics Promises Refunds As It Files For Bankruptcy Protection

Ryan Mac ,  FORBES STAFF 
Staff writer covering technology and e-commerce  

Lily Robotics, which promised a autonomous flying camera, is shutting down operations. (Photo courtesy of Lily Robotics)
Lily Robotics, which promised an autonomous flying camera, is shutting down operations. (Photo courtesy of Lily Robotics)
By Aaron Tilley and Ryan Mac

Lily Robotics, the hyped drone startup that shut down last month amid a consumer-protection civil suit from the San Francisco district attorney's office, filed for Chapter 11 bankruptcy protection on Monday. 

In documents submitted to a U.S. district court in Delaware, Lily Robotics outlined its intentions to auction off intellectual property and refund customers, which it said was its first priority. "[Lily] wants to ensure no customers are harmed in this process," wrote Curtis Solsvig, a managing director at Goldin Associates, who is named as the company's chief restructuring officer. 

Lily amassed more than $38 million in pre-orders from 61,450 customers in more than 80 countries, according to the filing. While some customers have received full refunds, others expressed doubt in online forums and private Facebook groups that they would have any of their money returned.

Lily launched in 2014 with a viral video, leading to millions of dollars in pre-orders and venture capital investment. The startup said it would close last month and refund its customers after saying it was "racing against a clock of ever-diminishing funds" and was unable to raise a new round of funding to pay for manufacturing. The San Francisco district attorney's office filed its suit against Lily the day after it announced its shuttering, with federal agents raiding the company's headquarters in late January.

A spokesperson for the San Francisco district attorney would neither confirm nor deny if there was an on-going criminal investigation.

The district attorney's civil suit, which led to a temporary freezing of the company's bank accounts, focused on Lily's launch video, which advertised an autonomous, four-propeller drone that could follow a user and capture footage. The company hired CMI Productions to produce the video, which according to the district attorney had been largely faked and shot with devices that were not made by Lily. That was supported by emails published in the suit that showed Lily CEO Antoine Balaresque allegedly admitting to lying.

“I am worried that a lens geek could study our images up close and detect the unique GoPro lens footprint," Lily CEO Antoine Balaresque wrote in an email to CMI. "But I am just speculating here: I don't know much about lenses but I think we should be extremely careful if we decide to lie publicly."

The resulting video dazzled and generated plenty of buzz as well as pre-order funds, though Lily promised to keep that money in "cold storage" so it wouldn't be used for operations or manufacturing. In the summer of 2015, Lily raised $13.8 million from Spark Capital, adding partner Bijan Sabet to its board, and hired Chinese contractor manufacturer GoerTek to build the drone. In its bankruptcy document, the company said that each GoerTek prototype had new issues, caused shipping delays. Those delays came as the company burned through more than $1 million a month and hit a peak employee count of 69 people.

By the next year, the situation had become dire, according to documents. While the company obtained a $4 million loan from Silicon Valley Bank in late 2015, this did little to help in the face of additional delays. By June 2016, the company was looking to raise funds again while exploring potential acquisition offers. The bankruptcy filing stated that several parties were interested, with Spark providing an additional $900,000 to help the company reach an agreement to sell.

The acquisition, however, never materialized, leading Sabet to leave the board and the company to announce that it was closing on Jan. 10.

"Over the past few months, we have tried to secure financing in order to unlock our manufacturing line and ship our first units--but have been unable to do this," the company's cofounders wrote in a note to customers. "As a result, we are deeply saddened to say that we are planning to wind down the company and offer refunds to customers."

In one private Facebook group, some users announced that they had received refunds, while others posted that they had filed customer complaints and had received only standardized responses from Lily. The bankruptcy filing said, however, that the pre-order money had largely been untouched.

While it obtained a total of $38.4 million in pre-orders, the company has paid out $27 million by its two payment processors, Stripe and Tilt. It gave $20.4 million back to those two payment companies to begin processing refunds beginning in August, while $6.6 million remained in a Lily bank account. On top of that, Tilt held onto an additional $3.6 million and Stripe held $8.4 million, which it never paid out to Lily for the purpose of processing refunds.

"We believe that there are adequate funds to complete refunds of customer pre-orders and that the customer pre-order funds are fully accounted for," read Lily's bankruptcy documents, though it said that customers with expired credit card information may not be compensated.

Now, in addition to handling the remaining refunds, Lily hopes to auction off its intellectual property, including several patents for the flying and operating of drones.

Lily "has received indications of interest from a number of potential buyers of its intellectual property portfolio and believes that its planned [sale] will realize value from the portfolio," read the bankruptcy filing.












この記事に

開くトラックバック(0)









史上最悪の「ドローン詐欺」 40億円集めたLily社、解散の舞台裏


Lily社のドローン (Photo by Alex Wong/Getty Images)


3,400万ドル(約39億円)分にも及ぶ予約注文を集めながら先日、事業停止を発表したドローンメーカー「Lilyロボティクス」社に新たな疑惑が浮上した。

米サンフランシスコ地方検事局はLily社を「プロモーション動画内で実在しないドローンの機能を宣伝し、消費者らを欺いた罪」で告発した。検事局によると動画に収録された映像は、ほぼ全て競合のドローンを用いて撮影されたものだったという。

Lily社の共同創業者のHenry BradlowとAntoine Balaresqueは2013年に、カリフォルニア大学バークレー校の地下室で同社を創業した。「飛ばないカメラを全て時代遅れにする」と宣言した彼らは大きな注目を浴び、同大学の学部生らが運営するFree Ventureを手始めに、SV Angelやアンドリーセン・ホロウィッツのパートナーを務めるShana Fisherから資金を調達した。

その後、DropcamやGoProの役員からも助言を得つつ開発を進め、2015年5月に公開したデモ動画は世界中の注目を集めることになった。しかし、その動画こそがLily社のトラブルの始まりだった。サンフランシスコ地方検事局は動画が、他社製ドローンを用いて撮影されたものであることを、社内のEメールや関係者の証言で突き止めたという。

訴状によるとLilyはデモ動画公開時に全く自社の製品を作っておらず、動画で宣伝された“一人称視点“の映像はGoProカメラで撮影されたものだったという。裁判資料として入手した社内メールで、CEOのBalaresqueはスノーボードの撮影カメラマンであるBrad Kremerに対し次のようなメールを送っていた。

「Lilyで撮影した動画が実はGoProで撮られたものだという事実はユーザーには知られたくない。編集の段階でそれが分からないように映像を加工してもらえないだろうか」

フォーブスはKremerにコメントを求めたが、係争中の事案についての回答は避けたいとの返事だった。Kremerからは加工を了承する返事が得られたものの、Balaresqueの心配は尽きなかった。Balaresqueは再びKremerにメールを送り「レンズに詳しい人々が、この映像がGoProで撮られたと見破ることを心配している。自分はレンズのことはあまり分からないが、嘘をつくと決めたからにはかなり慎重にやり遂げる必要がある」と述べていた。

スナップチャットに「身売り」を画策

検事局はまた、映像の一部は2,000ドルのプロ向けドローンのDJI Inspireで撮影されたと主張する。Lilyはデモ動画の撮影に外部メーカーのドローンを使用したことを一切明かしていなかった。

2016年1月のフォーブスの取材に対し、Lilyの広報担当者は「デモ動画は複数の動画クリップを組み合わせて制作されており、機能の向上のために複数のパーツを変更した結果、実際にユーザーの手元に届く機体は動画とは違うものになる」と述べていた。

プロモーション動画は詐欺だったにも関わらず、Lilyはメディアの大注目を集め、予約開始から2週間で1,300万ドル分の予約を獲得した。一台499ドルから899ドルのLilyはこれまで合計で6万台分の予約を集め、獲得した金額は3,400万ドル(約39億円)に及んでいる。


Lilyの“成功”にはメディアも大きく手を貸していた。ウォール・ストリート・ジャーナルは「2016年の人々の暮らしを再定義するデバイス」と喧伝し、フォーブスも2015年の「30アンダー30」リストにLilyの創業者2名を選んでいた。

Lilyは当初、2016年2月に製品を出荷するとしていたが、その後「2016年の夏」に延期すると発表。顧客宛てのEメールでは、飛行ソフトの調整やハードウェアの改善といった理由を述べていたが、内部関係者は「遅延には明確な理由など無かった」と述べている。

11月にLilyはフォーブス編集部にメールを送り、デモを見せたいと連絡を寄越したが、直前になってキャンセルしていた。その後、今年に入りLilyは事業停止を宣言した。サンフランシスコ地方検事局はその翌日に同社を告発した。

Lilyの広報担当者は今回の提訴は事業停止とは、何の関わりもないと述べている。担当者はまた共同創業者らは訴訟が進んでいることを聞かされておらず、事業の停止は数週間前から検討中だったとも述べた。

関係筋からは「Lily側は告訴が進めてられていることを数か月前から知っていた」との声も聞かれる。数週間前に事業停止を決定しながら、何故彼らがツイッターで、「12月20日には製品の発送を開始する」と述べていたのかは理解に苦しむところだ。

顧客からは「この件は特別珍しいものではない」との声も聞かれる。フォーブスの取材に応えたJim Fawcetteという人物は「彼らは2015年の初めに金を受け取っておきながら、数か月も前からサポートのメールの返事を寄越さなくなっていた」と述べた。

落胆しているのは顧客たちだけではない。Lilyは1,500万ドルに及ぶ資金を主にスパークキャピタルから調達しているほか、シリコンバレー銀行から400万ドルを借り入れている。裁判資料でLilyは予約の堅調さを材料に、借り入れを行なったとされている。

資金繰りに苦しんだLilyは昨年、新たに1,500万ドルの資金調達を画策中だったとも伝えられる。ビジネスインサイダーの報道では、同社はスナップチャットの運営会社であるスナップ社にもコンタクトをとり、買収提案を行なったが断られたという。スナップの担当者はコメントを避けた。

また、別の関係者はLilyがDJIに接近を図ったと証言している。2社は昨年の第4四半期に会談したが合意には達しなかった。

今回のLilyの騒動はこのところ過熱気味のクラウドファンディングに対する消費者の信頼を裏切るものとも捉えられる。Lily側は1月18日に出廷を求められているが、CEOのBalaresqueは現在、家族とともにフランスに滞在中だ。

「実在しない製品をデモ動画で宣伝したなら、会社を閉じるべきだ。それは詐欺と呼ばれる行ないであり、そんな連中は非難されて当然だ」と、シリコンバレーのVC関係者は怒りを込めてつぶやいた。













むかつくわ
おれは戦う!

(´・ω・`)










パナソニック エアーマッサージャー レッグリフレ 

ひざ/太もも巻き対応 温感機能搭載 ピンク EW-RA96-P

最低価格:3万円半ば







この記事に

開くトラックバック(0)

全52ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事