野球キャッチャー育成プログラムでの結果 Demuu日記

試合に勝てるキャッチャーになるための 効果的な練習方法を元千葉ロッテの 定詰さんがまとめたプログラム
これは、試合に勝てるキャッチャーになるための
効果的な練習方法を元千葉ロッテの
定詰さんがまとめたプログラムです。

このプログラムを試してみたいと思います。

まずは、ここから







この記事に

ミスをしないで守備の堅めになり試合に勝てるキャッチャーになれる方法を教えます。これを見れば少年野球の選手や野球未経験のお父さんでも効果的な練習法がわかります。

キャッチした後に以下に速く送球できるかがランナーをアウトにできるポイントになります。ランナーをアウトにする構え方をお教えします。

ピッチャーの球を確実にミットにおさえるための練習方法を公開します

腕の使い方から動き出しのフットワークまで、プロが実践している練習方法までお教えします。

キャッチャーフライの独特な球の軌道にどう対処するかがポイントになります。体の位置取りから解説します

キャッチャーからランナーをアウトにするには、バッターの影を利用するのが効果的です。相手をアッと言わせる牽制のタイミングを教えます。

キャッチャーは肩の強さが重要と言われています。ですが、これは生まれもった強さより投げ方の部分で多くは改善できるのです。角度によって力の入り方が違ってくるので、正しい方法を教えます。

長くプレーするには、ケガをしないことが大切です。他のポジションに比べてケガの確率も高いキャッチャーが練習前にやるストレッチを教えます。

週一程度の練習1ヶ月で効果を実感できてくるはずです。目から鱗、って感じで、すぐに上達する選手も多いです。それも、週イチ程度の練習を想定しての話ですので、週2、週3の練習ならもっともっと早めることも可能でしょう。

このプログラムでは運動神経に頼るレッスンは全くありません。キャッチャーの根幹を構築するので、マスターした後も崩れにくいものとなります。


>> 野球キャッチャー育成プログラムのデメリットもチェック







この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事