配当再投資で資産形成

買ったら売るな、売るなら買うな。長期保有による配当再投資でのトータルリターンで株式を評価していきます。

投資戦略・戦術

すべて表示

2017年の投資戦略

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

さて、2017年の投資戦略ですが、原理原則としてはこれまで通りです。つまり、

「株式を永久保有して、配当は再投資する。」

これにつきると思います。株式の潜在的なリターンをいかに享受していくか、ということがポイントになりますが、株式を保有し続けることが必要です。短期的な株価の変動を気にすることなく、粛々と機械的に投資をおこなうことが要諦だと考えています。

保有する株式は価値のある銘柄を選択する必要があります。銘柄選択は難しいのですが、これを怠ると少し株価が変動しただけで、売却欲求にかられてしまいますので、永久保有に値する銘柄を見つけることが必要だと思います。

銘柄選択をどのようにするかですが、

1.適切なバリュエーションで買う。(PER15倍以下が目安)
2.高配当で減配可能性の低い銘柄を買う。(配当利回り3%程度が目安)
3.財務基盤がしっかりしている銘柄を買う。
4.ニュースのヘッドラインで「暴落」というキーワードが出てきた時に買う。

1〜3はバリュエーションで判断、4はタイミング投資となります。基本はバリュエーションについて自分が納得できているかどうかということが、長期保有には大切なことだと思いますが、今年はタイミング投資を意識してみたいと思います。これまではフルインベストメントでしたが、買わない、という選択肢を実験的に追加してみたいと思います。

私の考えでは、暴落時に買えたとしても、超長期で考えれば株価は誤差の範囲となり、その間に株価が上がってしまった場合、暴落がおこっても再投資ができた時の水準まで下がるという保証もないことから、フルインベストで問題ないというふうに判断しています。とは言え、株価も割高になってきていることあり、また、年に1回くらいは起こっている暴落イベントで投資するのも悪くないので、今年はタイミングを計ってみたいと思います。

毎年同じで恐縮ですが、その他の留意点についても付記しておきます。

1.株式の長期的なリターンは増益率そのものではなく、実際の増益率と投資家の期待との格差で決まる。(ジェレミー・シーゲル)
    これは、どれだけ収益率が高くても、投資家の期待が高いために買われてPERが高くなって割高であれば、将来のリターンは低くなるということです(「成長の罠」と言われています)。逆に投資家の期待リターンが低くPERが低い銘柄は株価が割安で放置され、投資家のリターンが高くなる傾向にあります。

2.投資家のリターンは基本的には株式が配当を生むとき、効果が増幅する。(ジェレミー・シーゲル)
    配当は再投資して複利のリターンを享受した方がよい、という至極当然の話です。また、株価が暴落した時には、配当は株価の下落率程には減配されないという傾向があり、しっかりと配当再投資をおこなえば、株数を増やすチャンスであるとしています。そういった意味では、安定配当の会社、できれば連続増配の会社を狙っていくのがよいと思われます。

3.買い時、売り時は誰にも分からない。もし分かれば誰でも大金持ち。
    これは私のモットーです。したがって、配当の再投資を利用しながら定期的に株式は購入し続けたいと考えています。自分で勝手なストーリーを考えて都合の良いように解釈して株価を購入するのは危険極まりなく、これまで散々な目にあってきました。株式の潜在的なリターン、おおよそ7%程度、を享受できればよしとする、くらいの気持ちが結果を生みだしてくれると思います。

4.長期投資は銘柄選択とコストがすべて。売買を繰り返せば長期的なリターンは目減りする。
    今まで、売却したら株価が上がってしまったということは誰もが経験していると思います。そのまま保有していれば、配当を受け取れたにも関わらず、売却してしまうことで、配当の権利を失うだけでなく、証券会社への手数料と譲渡益に対しての税金を支払い、運用金額が減少するという結果になることが多いと考えます。一部の才能のある投資家は売買を繰り返すことで資産を増やしていくことができると思いますが、私を含めて長期的にそのようなことを実現するのは凡人には不可能です。したがって、愚直に永久保有し配当を再投資し続けることが多くの人にとってはよい戦術であると考えます。

具体的な投資対象銘柄についてですが、

1.JT
2.花王
3.三菱商事
4.東京海上ホールディングス
5.日本電信電話
6.ブリヂストン
7.日本取引所グループ
8.日本郵政
あたりを考えています。

投資しても構わないと考えている株価(10年スパンならまず負けないだろうと考えている株価)は、以下のようになります。

1.JTは3,700円以下
2.花王は配当利回りが3%(株価3,066円以下)を超えたら何も考えずに即投資
3.三菱商事は1,800円以下
4.東京海上ホールディングスは3,500円以下
5.日本電信電話は4,000円以下
6.ブリヂストンは3,500円以下
7.日本取引所グループは1,400円以下(優待銘柄として100株のみ)
8.日本郵政は1,200円以下

現在の株価と財務指標です。
イメージ 1


投資してもかまわない株価からは、現在の株価はやや乖離していますが、1年を通してであれば、いずれかの銘柄は1回くらいはチャンスはくると思います。楽しみに待っておきたいと思います。

最後におすすめの投資本です。
まずは、ジェレミー・シーゲル博士の「株式投資の未来」。私の投資スタンスを確立してくれた投資の教科書のような本です。配当を再投資することの価値が分かりやすく説明されています。
イメージ 2

続いてこちら、ハワード・マークスの「投資で一番大切な20の教え」。何回読み直してもよいことが書かれているなぁと思います。もしまだ読まれていなければ必読です。
イメージ 3

最後に、これは投資本ではないのですが、資産形成に必要なエッセンスが凝縮されている本です。「バビロンの大富豪」。これは私が人生でこれまで読んできた本(社会人になってから年に100冊以上は読んでいますので、おそらく2千冊くらい?)の中でも屈指の完成度を誇る本です。なるべく若いうちに読んでおけば、いい意味でその後の人生に多大な影響を与えてくれる本です。
イメージ 4


今年も1年が始まります。成功に近道はありません。真摯に株式投資に取り組んでいきたいと思います。

その他の最新記事

すべて表示

連続増配ランキング

2017/3/25(土) 午後 8:30

連続増配ランキングについてです。 hontoというサイトでよく電子書籍を購入するのですが、東洋経済のバックナンバーが半額になっていましたので、ここ1年くらいに発売されたもので興味のあったものを片っ端から購入して少しずつ読ん ...すべて表示すべて表示

KDDIへ新規投資

2017/3/23(木) 午後 10:27

KDDIへ新規投資をおこないました。 無理かなぁと思っていたのですが、権利確定前に投資ができて満足しています。KDDIについては、これまで2回ほどブログで記載 2月28日  http://blogs.yahoo.co ...すべて表示すべて表示

相場雑感

2017/3/20(月) 午後 4:48

 株式相場もヨコヨコで特段の動きもない相場が続いています。最近思ったことを徒然と書いていきたいと思います。 1.KDDIについて  KDDIについて優待株として新規保有しようと考えていたのですが、直近の安値の株価にこ ...すべて表示すべて表示

ブログリンク

更新

元気が出るブログ

きたーーー!

待ちに待った3月優待株の権利落ち。ここからは4月優待株の出番だじぇ!! やっぱり買われてきましたよ。 問題児だったヤーマンはヤ...

平日仕事、週末投資。私のお金が世界を巡る。

意外と簡単に出来るふるさと納税

まず、ふるさと納税のサイトに登録。(いくつかあるようですが、「ふるさとチョイス」に登録  http://www.furusato-tax.jp ) ...

投資道

2017年、一年の計

2017年、新年おめでとうございます。 って言っても、本日既に成人の日ですが(笑) 独りぼっち(両親は介護状態、子供は年末年始は元嫁の家に遊びに)...


.


みんなの更新記事