上州名物、国定忠治

忠治の無頼日記を読んでおくんなせえ

忠治の無頼日記

すべて表示

謹賀新年

イメージ 1

明けまして、おめでとうごぜえやす。

月日の経つのは速えもんで、2010年になっちめえやした。

あっしが生まれた文化7年(1810年)からちょうど200年になりやした。

200年といやあ長え年月が経っちまったなあ。

ちったあ世の中は良くなったんだんべえか。

あまり良くなったようには思えねえが、今年がいい年になるように祈っておりやすよ。

話は変わりやすが、50年前の正月映画に「任侠中仙道」ってえのがありやした。あっしが出て来る映画なんでさあ。

その年の三月には三船敏郎さんがあっしを演じた「国定忠治」ってえ映画もありやした。加東大介さんが日光の円蔵を演じて、丹波哲郎 さんが三木の文蔵、夏木陽介さんが板割の浅太郎を演じてくれやした。

最近はあっしの映画はできませんねえ。見てみてえと思いやすが無理だんべえかねえ。

その他の最新記事

すべて表示

名月赤城山

2009/3/12(木) 午前 9:03

氷川きよし - 名月赤城山 名月赤城山 石川さゆり 2004年 Ishikawa Sayuri 0201名月赤城山(1970)

『 国定忠次外伝・嗚呼美女六斬 』    井野酔雲著 天保5年(1834年)、上州境宿で境小町といわれた美しい娘が行方知れずになります。 娘の家族に頼まれて、百々(どうどう)一家の親分、国定忠次が捜索に乗り出しますが、娘は無残な姿になって発見されます。 下手人は一体、何者なのか? 忠次の子分、保泉村の久次郎は浮世絵師の歌川 ...すべて表示すべて表示

島村の伊三郎

2006/8/5(土) 午前 9:18

国定忠治に殺された島村の伊三郎は東上州の利根川流域を仕切っていた親分でした。 船問屋の倅に生まれて、二十代の半ば頃、無宿者になって島村一家を張ります。本姓は町田といい、背丈が6尺もあった大男だと伝えられています。最初の縄張りは島村と平塚河岸でした。 当時の平塚は江戸と上州を結ぶ航路として栄えていました。江戸からの船が平塚まで上って来て、様 ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事