JN magic CRキャブレター の部屋

CR FCR キャブレター のネタを中心としたブログです。

全体表示

[ リスト ]

油面診断

イメージ 1


またまた本体チェックでお預かりいたしました。これも29φです。
「油面調整に自信がないので送ります。」とのことでお預かりしました。

本人曰く裏返しにすると油面が高そうとのことでした。実際に現物を見ていると
確かに裏返しにすると天井に向かって垂れ下がっています。

イメージ 2

しかしちょっと角度を変えると規定値に収まる感じだったりもするんですが、どうもフロートバルブ内部のスプリングがヘタっているようで完全にフロートの重量が圧し掛かるとこういう状態になるようです。
実際ここまで油面調整が原因で垂れ下がっていたらフロートのプレートがかなり歪(いびつ)になるはずです。


いつものツメの部分は毎度のパターンで薄くなるように触った形跡があり、4つ共バラバラです。
イメージ 3

イメージ 4


上のツメの画像が下の画像に比べて油面が低くなるように調整されています。
どちらも極端に調整してはいませんがこのツメの角度でこのフロートの角度はちょっとツメの原因では考えられません。

動かしてみるとフロートの動きに張りがありません。裏返して指で触ると反動がありません。
珍しいケースだと思うんですが、フロートバルブはガソリン漏れ以外にも交換が必要な場合があるんだと思いました。僕のキャブも古いんで怪しいです。

原因はよくわかりませんけど理由の一つとして老朽化でしょう。バルブに必要以上の力が掛かりっぱなし(固着暦)だったのかもしれません。

セッティング内容はSJ#52、MJ#108、P151JNのストレートもジェットの番手も薄い設定でここまで薄くすれば出力不足になり、さすがにかぶらないかと思うんですけど、かなりかぶりが酷かったらしいです。油面が高いというよりも規定値の高さで保持出来なくなっていたんだと思われます。

新品が手元にあれば比較出来るんですが・・・。1個は点検用に持っておかなくては!!

「セッティング」書庫の記事一覧

閉じる コメント(0)

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0)

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

.

人気度

ヘルプ

Yahoo Image

 今日全体
訪問者127115941
ブログリンク043
コメント0482
トラックバック01

ケータイで見る

モバイル版Yahoo!ブログにアクセス!

モバイル版Yahoo!ブログにアクセス!

URLをケータイに送信
(Yahoo! JAPAN IDでのログインが必要です)

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

毎月60万ポイントをブロガーで山分け
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事