JN magic CRキャブレター の部屋

CR FCR キャブレター のネタを中心としたブログです。

全体表示

[ リスト ]

PS仕様組み立てと油面調整その2

イメージ 1


PS仕様完成しました。これもスピゴットとファンネル欠品です。フューエルジョイントのOリングのみ新品にしました。
SJはPS装着に合わせて#52、MJは#120です。

油面調整の続きですがフロートの調整値は下端(本体の淵の面)まで±14mmなのでノギスで計測しますが、フロートの本体とSJの先端までの高さである程度寸法が割り出せます。


イメージ 2

フロートバルブが接触した位置からフロートの底とSJの先端まで約2mmぐらいの高さ(出しろ)に合わせます。フロートの重量がフロートバルブに加わらない様に完全に裏返さず、斜めにぶら下げた状態で目視で調整します。この状態で見るとフロートの浮きの左右のバランスや他のキャブとの高さの狂いが一目で確認できます。

イメージ 3

フロートの上側に真横に1本のラインがあるのでこれを下端と水平に調整すれば、約14mm〜15mmの間に収まります。14mm丁度にすると少し天井に傾く感じになります。1番、4番をこの方法で調整して2番、3番を1番4番のSJの高さと揃えればほぼ4つ共同じ高さに揃えられます。

目視の状態でフロートが下方向に斜めに止まると油面は低くなるのでフロートは下端に対して水平かやや上になる位置にセットします。プラグのかぶりが酷い理由でここを基準値から外すと、正確なセッティングが出来なくなります。でも殆どが、油面が低くなる方向に曲げられているのが現状です。

CRはどちらかと言えばオーバーフローしにくいキャブなので油面を低くしておく必要は無いと思います。

話は変わりますが、ヒューエルホースにフィルターを付ける場合が多いですが、1つだけ使用を避けて欲しいタイプがあります。
手元に物が無いので文章でしか説明できませんが、オイルフィルターのように紙のフィルターが付いているタイプを使用するとフロートチャンバーにガソリン送るスピードが追いつかなくなりフロートでガス欠状態になります。

高速走行ではかなり危険な状態になります。またタンクの燃料が半分近くなると、エンストしてしばらくエンジンがかからなくなった車両を見たことがあります。キャブを何度もばらして油面を確認したり、タンクを交換して走らしても直らなかったのですが、この紙のタイプのフィルターを外して直結すれば何事も無かったように直りました。

JNの使用説明書にも詳しく記載したかったのですがスペースの都合で「ろ紙タイプのフィルターは燃料の供給が低下します。」のみ記載しています。

ブログ村のカスタムランキングに参加しました。下記のアドレスをクリックしたらランキングカウントが入る仕組みになっているので応援よろしくお願いします。お陰さまで7位前後をウロウロしています。さらに上位を目指してがんばります。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

こんにちは、先日CRのニードル装着いたしました。
感想は、ただただ『これイイ!!!』に尽きますね、手持ちでパイロット60番を持ってたので52番から替えて、エンジンをスタートさせると、ウソのようにビタッとアイドルしプラグがきれいに焼けているではありませんか!!!!
メインジェットも115番から125番へアップして走ってみると
全く別物のZ1になったみたいです。
仲間内でも、新作の3°00′が出たら欲しいと言っている人もいます、改めて思いますが、このニードルはイイ!!!
本当にありがとうございました。

2011/11/25(金) 午後 1:44 [ nin**k10*9 ]

顔アイコン

ご報告ありがとうございます。セッティング決まってよかったですね!全体的にあと少し濃くしてみても大丈夫かと?

2011/11/26(土) 午後 3:46 JN-magic

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0)

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。
Yahoo! Choctle

.

毎月60万ポイントをブロガーで山分け
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事