春夏秋は冬を待つ季節

煙突掃除/薪ストーブ設置コンサル&工事/各種リフォーム工事承ります

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

■経緯

これまで薪ストーブユーザーの仲間や、薪ストーブ屋さんなどでヨツール、バーモントキャスティング、ダッチウェスト、スキャン、モルソーなどの海外製の薪ストーブを見てきたが、なかなかドブレを見る機会がなかった。

それならばと検索しまくったら、千葉県でドブレを使っている人が作ったウェブサイトを見つけた。とりあえず簡単な自己紹介を添えて「見てみたい」とメールを送ったら、すぐに返信がきて快く受け入れてもらえた。

お互いのスケジュール調整をして、昨日の夕方からお邪魔させてもらった。薪は普段は購入されているということだったので、手土産に先日匝瑳で回収してきた椎や樫の薪を持っていった。

■開閉扉のハンドルについて

この季節なので薪ストーブに火が入っていなかったので、マニアックな点を中心に見せてもらう。ガラス面を遮る余計な装飾がなく炎だけを楽しめる大きなガラスと、シンプルなデザインが特徴なのは言うまでもないが、私がチェックしたいところはもっと細かい部分だ。

まず鋳物の鉄の精度や質。焚いている時は触れないが、冷えている時には手触りで滑らかさを感じることもできる。それからドアの開閉でも実感できる。車で言えばメルセデスベンツのドアの開閉のような重厚感、きっちりぴったりと閉まることで確認できる。さらに取っ手のノブの感触でもそれは味わえる。この機種の場合はフロント扉とサイド扉の両方から薪を投入できるが、どちらも同じようなしっかり感がある。

薪ストーブの扉の開閉レバーはメーカーによって左回しだったり右回しだったりして、慣れている方向と逆だと違和感がある。また動かす角度や位置なども同様で普段使っていない機種だと一発で上手くいかないことも多い。これも車で言えばBMWの運転席が人間工学に基づいて設計されていて違和感なく運転操作ができることと同様にドブレの薪ストーブの「手前に引き出して開けて、押し込んで閉める方式」は秀逸だ。その簡単で直感的な操作で自然とノッチが外れたり、はまったりしてくれる。色々見てきたが、これがベストの方式に思える。

この記事に

閉じる コメント(10)

顔アイコン

使い勝手重視とシンプルデザイン、良いですね。
逆なのがパソコンの世界。
機能が増えれば仕方の無い部分も有るのでしょうが、そういう煮詰めが足りないまま出てきてしまっているものも多い。
逆に言えば、まだまだ発展途上ということでしょうか。

2008/5/18(日) 午前 9:52 狸猫 返信する

顔アイコン

おぉぉ!ついにマジ物を見られたのですね、そして触れられたとはラッキー!です。なんせドブレってそういないんですよねぇ周りに。
ヒゲはラッキーだったのか知り合いがドブレだし、始めて見たのがドブレだったので、初っぱなから超高級を見てしまって家のマウンテン2bが悲しくなってしまいましたが、でも暖をとることには一緒ですしどちらも暖かい!でもドブレのあの広い窓からの炎は「全く!」といっていいぐらい炎の見る気持ちが違います。一般的なヨツールやバーモンドとは一線が違う感じです。さすが!と言える職人の伝統的なストーブですねぇ。ただ・・お値段が・・・ 削除

2008/5/18(日) 午前 10:57 [ ヒゲMac ] 返信する

顔アイコン

■田中@熊野さま:

装飾が多かったり、ごちゃごちゃしたデザインが多い薪ストーブの中で「質実剛健」という言葉ばぴったりの機種でした。

パソコンも同様で、なかなかシンプルで使い勝手の良いメーカー製モデルはありませんね。ノートならIBM(RENOVO)くらいかな。デスクトップなら部品を組み合わせて自作するしかないかもしれないですね。

2008/5/18(日) 午後 0:14 かわはら 返信する

顔アイコン

■ヒゲMacさま:

ドブレと中国製では値段が10倍以上違いますから、炎を見る時の気持ちも確かに違うでしょうねぇ。あの大きなガラスから見るの炎は格別な味わいがあります。

ただ、ドブレの10分の1の値段だから、暖かさが10分の1かと考えてみればそういうこともなく、コストパフォーマンスは中国製の方がむしろ優れいるとも言えますよね。

今回私がドブレの薪ストーブで「驚いてぶっ飛んだこと」は明日のブログの記事にするつもりです。今日の記事はまだ序の口です。

2008/5/18(日) 午後 0:26 かわはら 返信する

顔アイコン

ヒゲMacさん:
久しぶりですね、(元)田中@熊野です。
かわはらさん:
パソコンのハードだけでなくソフトにもその傾向が強いですね。
まあ、基本のOSがごちゃごちゃしてますからね。
シンプルで低機能なMSDOSの頃が懐かしい。(笑い)
ちなみにWin95の頃まで(Macも少々)、そちらの方に少し関わっていました。

2008/5/18(日) 午後 3:05 狸猫 返信する

顔アイコン

(元)田中さん(現)tanuko803さん
お久しぶりです、音信不通だったのでどうしておられるのかと思っていました。ブログを立ち上げられたのですね、是非ぜひ訪問させていただきたいです!(あの田中さんだと全然わかりませんでした、す、すみませんです)

かわはらさん
そうそう!値段と暖かさはあまり関係ないですねぇ。笑
しかしなぜか惹かれるドブレなんです。他の高級薪ストーブは以前から知っていてまぁ普通だなぁ〜と思っていたのですが、ドブレはあの火室の大きさと広々としたその火室から見える綺麗な炎にどうやっているのかエアーを絞って絞っても煤が付かない前面の大きなガラス。ストーブ下部にあるノブで後方のスライドシャッターが開いてエアーを調整するのですが、とてもシンプル操作しやすい、鋳物の色や風合いがどこか異なるのが目に見えてわかって、ヨーロッパのポルシェやベンツ的な製品に感じました。これを見てしまうと他のメーカーが薄らいでしまうのは言い過ぎかもですが、しかし王様的な感じがしましたです。
ぶっ飛ぶほどの事とはいったいなに?かなり興味しんしんです。 削除

2008/5/18(日) 午後 11:10 [ ヒゲMac ] 返信する

顔アイコン

■田中@熊野さま:

パソコンのソフトウェアも肥大化して複雑化しているのも言うまでもないですよね。DOSの時代にコマンド叩いて処理していたのも懐かしいですねぇ。以前、その分野にも関わられていたのですね。今はだいぶ様変わりして、その頃の感覚だとついていけないですよね。

2008/5/19(月) 午前 9:19 かわはら 返信する

顔アイコン

■ヒゲMacさま:

ドブレに惹かれる気持ちも解りましたよ。私も他の高級(高価)薪ストーブを見ても、それほどのインパクトもなく特別欲しいと思うほどでもないのですが、これだけは全然違いました。

2008/5/19(月) 午前 9:24 かわはら 返信する

顔アイコン

なぜかドブレってあの風合いとデザインもちょっと違う感じがしませんですか?ヒゲの勝手な思いこみかもなのですが、あれは鋳物の光方が他のメーカーの鋳物製品と違うからなのかもですねぇ、ちょっと色が違う。そしてガッシリして安定した感じをとても演出しているデザインが見事だと感じました。何年経っても嫌みを感じず飽きさせない、そんな「物」としての生活の中でおかれたポイントを踏まえている、またそれをしっかり考慮して作っているこのドブレ社のストーブ会社老舗として全然恥ずかしくないものだと感じました。余裕が有ればドブレが欲しいですねぇ。(今お金に余裕があっても部屋に入らないです一番小さいドブレでも・・・泣) 削除

2008/5/19(月) 午前 11:55 [ ヒゲMac ] 返信する

顔アイコン

■ヒゲMacさま:

風合い、色合い、手触りや質感が明らかに他のメーカー製と違いますね。それからシンプルで自己主張しすぎない落ち着いたデザインも良いですよね。

「いつかはドブレ」という感じですね。

2008/5/19(月) 午後 1:03 かわはら 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事